廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS エゾヨツメの飼育-4   3回目の脱皮シーンです。

<<   作成日時 : 2013/06/01 09:02   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/26 → 05/31
今日は、4月30日に孵化して27日目です。
   今朝 8時46分にケースを覗いて見たら、3回目の脱皮
   始まっていました。 約10分間で、背中にある4本の髭が
   どんどん脱げ、一皮剥けて一段と 大きくなりました。

      @ AM 8:46  緑の頭の先から 徐々に始まりました。 
画像

      A AM 8:48  前の2本の髭は まだ頭の方にあります。   
画像

      B AM 8:49  髭が頭から外れ後ろの方へ脱げました。   
画像

      C AM 8:50  もう 半分位 脱げています。
                  長い髭は なくなっています。   
画像

      D AM 8:52  薄い膜の様な皮が縮まってきました。
                  この時点で 頭の殻が 外れたようです。                 
画像
                     
      E AM 8:53  もう少しです。   
画像

      F AM 8:54  やっと 全部脱げました。
                  4対腹足も 大きくなっていました。   
画像

      G AM 8:55  上の方に頭の殻 が転がっていました。  
画像


3回目の脱皮を終えると、食欲も旺盛です。
   が転がり落ちる音もパラパラと聞こえてきます。

2013/05/31 
昼過ぎ見たら、26日に脱皮した 3匹の幼虫は髭のないもの
   小さな角のようなもの、ほかにも成長の早いものは、
   丸々と太く 4.5pにもなっていました。
画像

画像

この幼虫には 小さな角のような 突起があります。
画像


孵化した時は 5mm位で こんなに小さかったのですね。
画像


 孵化して最初に食べた葉っぱが忘れられないのでしょうか、
   クリの葉と ハンノキの葉を食べるクループが出来ていました。
   2回目の脱皮後からハンノキの葉を食べた幼虫の方が

   成長が早いように思います。
   

  ★★ 今までの飼育で困ったこと ★★

  幼虫は危険を察した時や、葉っぱから落ちないように、
  尻足でしっかりと葉脈を掴んでおり、餌の入れ替えの際でも 
  容易に移動してくれません。 
  無理に手で取り外すと体が千切れることもあります。

  眠りについた時は、更に尻足には、糸で外れないように固定
  されています。
  こんな時には 葉っぱごと 新しい葉っぱにホッチキス
  止めてやっています。

  
2013/04/18 エゾヨツメ 産卵
http://s2014no64.at.webry.info/201304/article_22.html

2013/04/30 エゾヨツメ 孵化
http://s2014no64.at.webry.info/201305/article_3.html

2013/05/08 エゾヨツメ 1回目の脱皮
http://s2014no64.at.webry.info/201305/article_11.html

2013/05/13 エゾヨツメ 2回目の脱皮
http://s2014no64.at.webry.info/201305/article_15.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エゾヨツメの飼育 -5    15匹の幼虫が、つぎつぎと繭づくり 
★★前回は5月31日でした。 大きくなった幼虫が15匹もおり、    終齢幼虫になると餌の交換と糞の始末が大変でした。 ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2017/03/03 17:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゾヨツメの飼育-4   3回目の脱皮シーンです。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる