廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS エゾヨツメの飼育 -5    15匹の幼虫が、つぎつぎと繭づくり 

<<   作成日時 : 2013/06/16 08:15   >>

かわいい ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

前回は5月31日でした。 大きくなった幼虫が15匹もおり、
   終齢幼虫になると餌の交換糞の始末が大変でした。

   この2週間は、ハンノキの葉を食べた個体は成長が早く、
   すでに繭づくりを終えていますが、クリの葉を食べた個体は遅く、
   まだ5匹が終齢幼虫です。
   成長に2週間も差がついています。

2013/06/03 → 06/15
今朝 餌の取替えをしていたら、枝を挿す蓋に繭を作って
   中から緑の幼虫が、糸を吐いていました。
画像


拡大して見ました、繭づくり第1号です。
   4月30日に孵化から、34日目です。
画像


2013/06/04
7p位の終齢幼虫になると、突然黒い液状の糞をして暫く眠り
   体が赤く変化して動き回り、繭づくりのため良い場所を探します。
画像
画像

画像


2013/06/08
この日は別の個体が 赤く色づき動き回っていました。
   クッキングペーパーと枯れ葉を入れたケースに入れてやると、
   直ぐに繭作りを始めたところです。
画像

画像


2013/06/12
毎日観察しておかないと、次から次へと赤く色づいた幼虫が這い
   回るので目が離せません。
   この日は 今までで一番赤く色づいていました。
   大きさから、2匹ともメスのような気がします。
画像

画像


2013/06/14
15匹もいた幼虫も10匹が既に繭づくりを終え残り5匹となりました、
   2匹は眠って明日には赤くなって動き始めると思います。
   残り 3匹が、最後の食事中です。
画像


クリの葉を1日に2〜3枚も食べます。
画像

画像


手乗りをすると、指の大きさ位に 丸々としています。
   ヤママユガ科の仲間は、羽化した後一切餌を摂らないので
   幼虫の時に栄養を沢山摂っておくのです。
   メスは蛹の間に卵も作られ、交尾後にすぐに産卵出来るのです。
画像


2013/06/15 孵化して47日目です。
朝8時37分です。予想通り2匹が動き回っていました。
   緑の幼虫3匹も 2〜3日うちには 繭づくりをするでしょう。
画像


繭づくり用のケースに移して、2時間後の10時30分です。
   葉っぱを手繰り寄せ、中で糸を吐いて繭を作っていました。
画像

   
今までの繭と蛹です。
   きれいな繭の中で蛹になっています。
   裸の黒いのは、6月3日第1号の蛹です。
   葉っぱの中から覗いているのは、繭の中の蛹です。
画像


柏もちのように葉っぱに貼り付いていたので、剥がしてみました。  
   2個が出て来ました。
   自然では このように落ち葉の中で繭をつくっていると思います。
画像


蛹になるまでに2週間近くも成長に差がありますが蛹の期間は、
   来年の4月〜5月まで 10か月と長く、ほぼ同じ時期に羽化して
   交尾をすることと思います。

★★産卵からの飼育記事は、最後にあります★★

2013/05/31 エゾヨツメの飼育-4 3回目の脱皮
http://s2014no64.at.webry.info/201306/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エゾヨツメ です。 突然に羽化が始まりビックリしました。
●2014/02/15  ヤママユガ科  ●今日は、外は風が強く寒いので、虫探しも出来ず、    忘れている訳ではありませんが、昨年6月から放置している、    「エゾヨツメ」の蛹15匹の様子を見ることにしました。 ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2017/03/03 17:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エゾヨツメの飼育 -5    15匹の幼虫が、つぎつぎと繭づくり  廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる