廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS ミスジツマキリエダシャク と ヒロバウスアオエダシャク です。

<<   作成日時 : 2014/05/18 08:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/05/13 シャクガ科  開張 42mm位
山地の山道脇の茂みから、「ミスジツマキリエダシャク」が
   飛び出して来ました。
   何度か見かけていますが、ミスジの模様が擦り切れて、  
   ハッキリしない個体が多い中、羽化間もないのでしょう
   翅が綺麗です。
画像

画像


翅の先(褄=ツマ)が、内側に切れているので、
   名前に「ツキマリ」がついているシャクガです。
画像


幼虫はマツスギヒノキを食べます。
画像


2012/04/20
2年前に撮った、「ミスジツマキリエダシャク」 です。
   翅がだいぶ擦れて、ミスジの帯がハッキリしていません。
http://s2014no64.at.webry.info/201204/article_25.html



2014/05/17   シャクガ科   開張 48mm位
こちらは、「ヒロバウスアオエダシャク」です。
   玄関の扉を開けて掃除をしていたら、壁にでも止まって
   いたのか、いきなり家の中に入って来ました。
   最初の 1枚は、廊下です。
画像


手乗りにして見ました。 大型のエダシャクです。
画像


ハチミツをご馳走すると、長い口吻で舐め始めました。
   前翅と後翅の重なる場所にの字のように、
   赤い筋模様が薄らと見えます。
画像


新鮮な個体には、翅の表面に、薄らと緑色が見えるので、
   ウスアオと名前が付いたようです。
画像


幼虫の餌は、ウバメガシモクレンなどの葉を食べるとありました。
   近くの公園には、ウバメガシが沢山あるので
   棲みついているようです。
   出現時期は、5〜7月、 9〜11月
画像


近くの公園のウバメガシです。
   花が咲き終わって、葉っぱが固くなって来ました。
画像

画像

画像


3〜4m位にもなっています。 
   秋には沢山のドングリがなります。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンシロツマキリエダシャク と ミスジツマキリエダシャク です。
●2017/04/06  ●モンシロツマキリエダシャク  です。   前翅長 22mm位。    前翅の外縁近くに、白い斑模様がありますが、    黒い斑模様の変異もいます。    ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2017/04/08 07:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蛾は見つけようと思っても見つかりませんが、偶然に見つけるようなことがありますね。ともかく、見つけたときはうれしいです。
ウバメカシは岡山ではよく見ましたが、こちら茨城県南にはほとんどありません。公園樹としては植えてあり、どんぐりも拾えますが。
エフ・エム
2014/06/10 08:47
エフ・エム さん
森や林に日参すれば、毎年出現する虫達の動
きが分かりるようになりますが、時期を逸す
れば、また来年と言うことになります。
殆どか偶然見つかることが多いですね。
ツユヒメ
2014/06/10 12:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミスジツマキリエダシャク と ヒロバウスアオエダシャク です。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる