廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS エビガラスズメ です。  初めて夜の吸蜜シーンが 撮れました。

<<   作成日時 : 2014/09/02 09:45   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 5

2014/09/01 スズメガ科 体長45mm 前翅長 60mm強
夜9時過ぎです、庭に植えている夕顔ライトで照らしていたら、
   大きなスズメガが飛び交って、長い口吻を伸ばして
   吸蜜をしていました。(2階から撮影、少しトリミングしています。)
画像


フラッシュが当たると、目の周りがピンク色に光っています。
   お腹の「えび柄」の模様、「エビガラスズメ」です。
画像


驚いたのは、ホバリングして吸蜜すると思っていましたか、
   なんと 花びらの中にまで、顔を突っ込んでいました。
画像


夕顔の筒の長さはは、10Cmもあります。(今朝測って見ました。)   
   「エビガラスズメ」の口吻は長いとは知っていましたが、
   11Cm位もあると載っていました。
   夕顔は筒を長くすることで、この「エビガラスズメ」に
   花粉の媒介をしてもらっているのが、良く分かりました。
   ともに進化する、共進化です。
画像


この後、あちこちと飛び回っていましが、
   ついに、ライトに近づいたあと、
   眩しかったのでしょう、屋根の上に落ちてしまいました。
画像

画像


2階からの撮影でしたので、網で捕獲しました。
   ここからは、 いつもの手乗りです。
   綺麗なお腹の模様、 黒い大きな瞳、
   60mmもある長い翼、 可愛いですね。
画像

画像

画像


画像

画像

画像


画像

画像

画像

画像



今年 初めて植えた夕顔、毎晩30〜50個の白い花を
   咲かせてくれます。 (庭に出てライトを照らした時)
画像


この白い花は、「白花ゆうがお」として 売られていたものです。
   写真を追加しました。          
画像


    
2014/06/15 エビガラスズメ と
          キベリゴマフエダシャク と モンキチョウです。
          過去の エビガラスズメ の飼育もあります。 
http://s2014no64.at.webry.info/201406/article_17.html


★★世界一長い口吻の持ち主、
   以前、TVで見たことがあり、調べて見ました。
     「キサントパンスズメガ」 のサイトが見つかりました。
     体長 50mmで 口吻が 20〜30mmも。
     一体何の花から 吸蜜するのか ご覧ください。 
http://ameblo.jp/kawai-n1/entry-10791755919.html


★★世界一昆虫・小動物たちです。
  このサイト を見たら、「エビガラ」のことを、すっかり忘れてしまいますよ。
http://size.blog.shinobi.jp/%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2-%E7%AF%80%E8%B6%B3%E5%8B%95%E7%89%A9%E7%B7%A8-

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
見たことのない虫ばかりで驚きの連続です。
リンク先も拝見、ここでもまたびっくり!
スズメガの仲間は一度しか見たことがなく
わからないことばかりなので
とても勉強になります〜。(^o^)
らいあ
2014/09/02 10:41
らいあ さんヘ
エビガラスズメは幼虫から飼育したり、偶然
庭で羽化したところを見つけていますが、
今回の吸蜜シーン初めてです。
今年は夕顔を植えて、成虫の活動する時期に、
沢山咲いていた。タイミング良く庭に出た、
大きなライトを持っていた、カメラのフラッシュが
上手く届いた、などなどの条件が揃った偶然で
です。生態の一端が撮れて良かったです。

北海道の過酷な自然の中のオツネントンボの
越冬しているところを是非撮ってください。
ツユヒメ
2014/09/02 13:16
エビガラスズメ、きれいですね。幼虫はサツマイモなどを食草にしているんですね。

夕顔を育てているんですね。実は丸ですか、それもと長い? 干瓢を作る以外は器を作るぐらいしか思い浮かびませんが。
メンバラ
2014/09/03 20:17
ツユヒメさん こんばんは
エビガラスズメの吸蜜凄いですね!

花はヒルガオ科の「ヨルガオ」ですね。
「夕顔は」ウリ科の干瓢です。
昔祖母が栽培していて、夕方暗くなると
エビガラがやってきました。

そういえば幼虫の食草もヒルガオ科ですね!
つばさ2号
2014/09/03 20:54
メンバラさんへ
つばさ2号さんへ
いろいろとありがとうございます。

当地方(広島・山口)では、子供の頃から
このような白い花のことを、ヨルガオとは
言わず、夕顔と言っています。園芸屋さんも。 

干瓢は、ウリ科のユウガオの実であることは
みんな知っています。
つばさ2号さんのとおり、ヒルガオ科の
ヨルガオが正しいと思います。

全国版で記事にすると、ややこしいですね。
実の写真を追加しておきました。
エビガラスズメはどちらも好きなようですね。


ツユヒメ
2014/09/03 23:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
エビガラスズメ です。  初めて夜の吸蜜シーンが 撮れました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる