廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS エダナナフシです。 10cmもある褐色型のメスです。

<<   作成日時 : 2015/07/30 13:25   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 5

2015/07/29  ナナフシ科  メス 105mm・ オス80mm位 
阿品の森」の陽の当たらない、チヂミザサの茂った葉の上で
   枯れ枝に成りすましていました。

画像

画像


105mmもある褐色のメスです。
   手のひらから落ちそうです。

画像


メジャーにぶら下がって、なかなか測定出来ません。

画像


近くに植えてある。ミョウガのにとまらせて測定すると、
   105mm位もあります。

画像

画像

  
頭部を拡大して見ました、メスの頭部には 尖った角があります。
   の周りには、数本の指で口を塞がれているように見えます。

画像


下から撮って見ました。
   少し ボケていますが、ゾンビのようで怖いですね

画像

画像



今日は、日中の気温33.8℃ あまりにも暑かったので
   午後 5時過ぎに、「阿品の森」へ行って見ました。 

   日影になっているアジサイの葉で、エダナナフシオスを見つけました。
   オスは少ないと言われていますが、ここでは良く見つかります。

   僅かに日の当たる場所へ行って、何とか拡大して見ました。
   オスには、角がないのが分かります。  19:00 追加しました。

画像

画像

画像


2014/04/27 エダナナフシ赤ちゃんです

   この記事の末尾に、オスメス ペアー
   交尾シーン産卵などの飼育記事があります。 

http://s2014no64.at.webry.info/201405/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エダナナフシ褐色型のメス と ヒメクダマキモドキ3匹が集まっていました。
●2017/10/25   ナナフシ科  体長100mm、触覚50mm。 ●阿品の森の、高さ 2m位のクワの木です。     ヒメクダマキモドキが、今日は集まっているか、    見に行ったら、一匹も見当たりません。    高い枝を引き寄せていた時です。枯れ枝かと思ったら    なんと 大きな褐色型の エダナナフシ ではありませんか? ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2017/10/26 18:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
映画で出て来る怖いモノって・・・案外、こんな風に色々な生き物を拡大してヒントを得ているのかも知れませんね!?
自然のデザイン力は人知を軽く超越していますね!
宮星
2015/07/30 18:41
宮星さんへ
SF作家などは、昆虫や深海魚などの見たこ
とのない生物の世界からヒントを得ていると
思いますね。
アリやハチ、トンボは何億年も前から変わら
ない姿、形で地球上で命を繋いでにいること
事態も凄いことですね。
ツユヒメ
2015/07/31 11:45
数日前、私も見つけましたが、角があるので♀でした。
♂はとても珍しいのでは? 
メンバラ
2015/07/31 20:25
私が見つけたのは、触角が短いのでナナフシ(ナナフシモドキ)だったようです。
メンバラ
2015/07/31 20:43
メンバラさん
過去の記事にも書いていますが、メスだけ
(単為生殖)で増えることが出来ますが、
ここでは毎年オスが見つかります。
ナナフシモドキはまだ見たことがありません。
ツユヒメ
2015/07/31 21:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
エダナナフシです。 10cmもある褐色型のメスです。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる