廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS オオモンクロベッコウ です。 コアシダカグモに麻酔をかけて運んでいました。

<<   作成日時 : 2015/09/18 15:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/18     ベッコウバチ科   体長 20mm位
今朝は8時過ぎに、「 阿品の森 」へ行って見ました。
   日が当たっている林縁の、赤いミズヒキ
   「 ミカドトックリ」 が盛んに吸蜜していたので、撮っていたら、
   足元でガサガサと音がするので・・・・、
画像


画像

画像


しゃがみこんで覗いていたら、
   なんと 、オオモンクロベッコウが、アシダカグモを咥えて
   運んでいるではありませんか。

   既に、クモには麻酔が打たれてぐったりしています。
画像

画像


こんな場面に遭ったのは初めてです。
   こんなチャンスを見逃す訳にはいきません。

   クモを素手で摘まみあげて、撮影しやすい場所へ移して
   意地悪をして見ました。
画像


50Cm位離れた場所に置いて見ました。
   あちこち探し回り、やって来ました。  43秒もかかりました。
   
   枯れ葉と同じようなクモを、良く見つけるものです。
   人間の目よりも、ハチの方が良く見えるようです。
画像


メジャーが邪魔なんですが・・・と 訴えているようです。
   体長は20mm位、お腹に黄色い紋がハッキリ見えます。 
   名前のベッコウは、透かして見れば、なんとなく見えます
画像


遊んでいる暇はありません・・・と
   獲物を咥えて、運び始めました。

   摘まみ出した場所の方へ、向かっています。
   茂みの中に、巣穴でもあるのでしょうか
画像

画像

画像

画像


このように、子供のために、クモを狩るハチで、
   別名を「 オオモンクロクモ 」 とも言われています。
画像


2回目意地悪です。
   今度は、クモの脚を摘まんで、運ばれないようにして見ました。
   脚先を引っ張っていましたが、動かないので
   体を咥えに下りて来ました。
画像

画像

画像


その瞬間に吊り上げて見ました。
   クモを咥えて放しませんでした。
画像

画像


吊り下げたまま、手のひらに移して見ました。
   こんな場所で、クモを狩るのは初めての様子です、
   行ったり来たり、それでも獲物から離れませんでした
画像

画像

画像

画像

画像

画像


8時26分から11分間
   その後も、暫く付き合ってくれましたが、
   可愛そうなので、苔の生えた場所に放してやりました。
 
  「 カキドオシ 」 の生えている草むらに隠れたのが、
   8時47分、 20分間も 良く付き合ってくれました。
画像

画像



2013/09/09  部屋に入って来た、オオモンクロベッコウ です。 
http://s2014no64.at.webry.info/201309/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオモンクロベッコウ です。 コアシダカグモに麻酔をかけて運んでいました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる