廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS カトウツケオグモの7匹の飼育です。白い隠れ家は、「卵のう」と分かり、驚きました。

<<   作成日時 : 2015/11/15 19:00   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

★★11月前半の 7匹の様子です。
    11月に入っても、それほど気温は下がりませんが、
    クモにとっては、ぼちぼち 越冬に入る動きをしています。

     が2匹 ・  が1匹の・アブ、ハエを食べた だけでした。
      は、    10月18日から ・・・・  絶食
    黒化型も、  10月08日から ・・・・  絶食
    幼体3匹  も  絶食を続けています。

画像

 
  11月の 一番の  トピックスは、
    カトウツケオグモの 白い隠れ家は、「卵のう」で
    あることが確認出来ました。
    最後にも、卵のう と、の写真 を載せています。
画像


2015/11/03  いつものように写真を並べました。
   部屋に日が射し込むと、暖かくなって来たので、
   アブハエを入れてやると、大きな腕を広げて
    が アブを捕まえていました。
画像


   こちらは  です。 ハエを捕まえる仕草もしていませんが、
   水をやると、直ぐに吸いつきに来ました。
画像


    も蓋の網を這って、あちこち動いていました。
画像



11月 前半の記録です。 
画像


2015/11/04 
   今年は、木の幹に穴を開けて、冬眠用の「ねぐら」を試しに作って、
   中に入れて見ました。
   暫くは、入っていましたが、翌朝には黒化型を除き、みんな出て来ました。
   これから 寒くなると入ってくれるといいのですが!!
画像

画像


   白い隠れ家の方は、 ・  ともに 出たまま戻って来ません
   この時点では、まだ 卵のう とは 気がつきませんでした。
画像

画像



2011/11/07
   今日も暖かくなって来たので、
   幼体 3匹と 成体 4匹の総点検をしました。
   枯れ葉1枚1枚チェツクしながら、底が見えるまで
   見つかりませんが。 やっと見つけました
画像

画像


   綿棒で水をやると、みんな吸いつき、離れません。
   4〜5mm位で探すのも大変でした
画像

画像

画像


   成体の  と  です。 暖かい日が続くと喜んで放しません
画像

画像


    のところへ連れて行くと、やって来ました。
画像


   黒化型は、11月4日から、この穴が気に入ったようです。
   綿棒を突っ込んで 水をやりました。 
画像


2015/11/10 ・ 11/11 
   どうしたことか、2日連続で食べていました。
画像

画像


   この日も、生きたハエ数匹を、入れていましたが、
    も 黒化型も 捕まえていませんでした。
画像

画像

画像


   隠れていた黄 をやっと見つけたので、
   初めて 4匹一緒に、記念撮影が出来ました。
画像


2015/11/12
   実は、昨日総点検した後でしたから、油断していました。
   朝ケースを覗いた時には、4匹を確認したのですが、
   昼過ぎにアジサイの葉の入れ替えをしていたら。
    が、ケースの中にも、部屋中探しても見当たりません。 
   
   もう一度、隠れ家の中を見ましたが、見つかりません。

   そんな 困っていた時です。  
   黄が作った 隠れ家の中を覗いて見ようと思い、
   アジサイの葉っぱから、綿のような白い隠れ家を外して、
   爪楊枝で中を開いて見ました。   
画像

画像

画像


   すると 中には、オレンジ色の丸いが、100個以上も。
   隠れ家とばかり思っていましたが、
   実際には、「卵のう」 だったのです。

   今までには、写真でも カトウツケオグモの 卵のう や は 
   見たことがなかったので驚きました
   新発見です。
画像

画像


   の大きさは、1mm位で、コロコロと転がり、
   卵の表面には、薄らと丸く白い模様のようなものが見えます。
画像

画像



  ★★先月、黒化型♀の件でも お世話になりました
     日本蜘蛛学会へも、本件を報告しました。
     発見に至った経緯や 産卵した個体の飼育記録など
     写真を添えて、お送りすることにしています。

     その時のお話では、幼体からの飼育で、
     数回の脱皮をしており、オスとの交接機会がなければ、
     「無精卵」とのことでした。


2015/11/15
   黄 行方不明になって もう 4日目です。
   今朝 11時過ぎ、諦めて記事を書いていた時です。
   
   部屋の換気扇の傍を、這っているではありませんか?
   やはり、蓋の隙間から逃亡していたのです。
   見つかって 良かったです。
画像

画像

画像

画像




 2015/11/30 前回の記事です。
http://s2014no64.at.webry.info/201510/article_31.html


 カトウツケオグモの全記事です。
http://s2014no64.at.webry.info/theme/94d1c417b0.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
飼育してみて、初めて分かることですね!!
卵が無精卵の可能性が高いのは残念ですが、自然界で稀有な存在なのですから、たいへんに貴重な観察記録になっていることに敬意を表します。
メンバラ
2015/11/16 05:36
メンバラさんへ
早速コメントありがとうございます。
未知への世界へ行けるチャンスはなかなか
ない中、この短期間に2回も遭遇できるとは
本当にラッキーです。来年はオスが見つかる
と良いのですが。楽しみです。
ツユヒメ
2015/11/16 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
カトウツケオグモの7匹の飼育です。白い隠れ家は、「卵のう」と分かり、驚きました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる