廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS クリオオアブラムシ と トビイロケアリ そして 天敵のヒラタアブの幼虫です。

<<   作成日時 : 2015/11/24 21:05   >>

驚いた ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 2

2015/11/22→11/23→11/24  
連日、クリオオアブラムシの様子を見に行って
   写真に撮って比べて見ると、
   20日と比べると、日に日に卵は黒ずんで来ました。
画像

画像


2015/11/24
今朝は、コロニー縁に1匹のアリが、盛んにアブラムシ
   お腹を突いていました。
   アブラムシが植物から吸った、余分の糖分アリ
   受け渡すことは、知っていましたが、産卵後でも
   見られるのか観察しましたが、一度も見られませんでした
画像

画像


このアリは、「 トビイロケアリ 」 と思われます。
  下記の、日本生態学会 講演要旨に載っていました。    
画像


お腹に頭を付けて、甘露が出てくるのを待っています。    
画像


陽が当ったり、影になったりして、真っ黒くなりましたが、
   右側に幼虫のようなものが、見えた時、これだぁぁぁ・・と。
   やっと 見つけました
画像


幼虫を拡大して見ました。
   下記、 ムシをデザインしたのはダレ?さんの
   拡大写真と同じ幼虫です。
画像


この赤い卵から孵化した幼虫を食べる、とばかり思って
   いましたが、もう幼虫が 5mm位になっていました。
   良く見ると、回りの黄色の卵が潰れているので、
   きっと卵を食べていたのだと思います。
画像


この幼虫は、過去にも記事にしている、
   ヘリヒラタアブマルヒラタアブ に間違いないと思います。
画像


 この記事を書いていた時、
  改めて11月21日 と22日の写真を見たら、
  薄らと幼虫の姿が見えていました。
  アブラムシ数に圧倒され、気がつきませんでした。 



 日本生態学会 講演要旨に載っていました。
http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/55/P1-163.html

 ムシをデザインしたのはダレ? BABAさんの凄い写真です。
   ヘリヒラタアブの幼虫がアブラムシを食べている写真です。
http://baba-insects.blogspot.jp/2013/11/1_29.html


 2014/04/15 ヘリヒラタアブの成虫です。
http://s2014no64.at.webry.info/201404/article_31.html

 2013/10/29 マルヒラタアブの成虫です。
http://s2014no64.at.webry.info/201310/article_30.html


11月20日の記事では、アブラムシの数 400500匹
    としていましたが、 正確に数えて見ました。
    314匹α として 350匹位だと思います。 
画像

                            ;     
画像


 2015/11/20 クリオオアブラムシ の記事です。 
http://s2014no64.at.webry.info/201511/article_20.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クリオオアブラムシのコロニー と テントウムシ そして ヒラタアブの卵・蛹 です。
●2015/ 12/13 ・ 12/18 ●友人の畑には、クリの苗木を育てているので、    クリオオアブラムシ が産卵をしていないか、行って見ました。    やはり 見つかりました、卵は150個位、30cm位の低い場所でした。    日当たりが良いので、黒い親のアブラムシもまだ元気に動いていました。 ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2015/12/18 19:45
ヘリヒラタアブ幼虫の飼育です。 アブラムシの捕食の瞬間が見られました。   
 ★★クリオオアブラムシのコロニーを見つけてから 16日目、     ヘリヒラタアブの幼虫を見つけてから 12日目です。        今日は ヘリヒラタアブ幼虫とアブラムシを連れて帰り     飼育することにしました。          2時間後には、アブラムシを捕食するの瞬間が見られました。 ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2016/12/03 09:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけたくさんの親が守っていても、天敵はその上を行くんですね!
自然界のスゴイ戦術ですね〜!!
宮星
2015/11/25 18:54
宮星さんへ おはようございます。
アリと共生しながら天敵のアブの幼虫が侵入
しないように護っていますが、これだけ沢山
いると限界がありますね。親の方は産卵後
1か月もすると死んでしまいます。
卵の孵化は3月下旬頃から始まり、アブの方
も幼虫が増えて行き,戦場となるでしょうね
何匹が生き残って行くか観察が楽しみになっ
て来ました。このコロニーを駆除されなけれ
ば良いのですが!
ツユヒメ
2015/11/26 08:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリオオアブラムシ と トビイロケアリ そして 天敵のヒラタアブの幼虫です。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる