廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS キゴシハナアブ と シマハナアブ そして サトクダマキモドキ です。

<<   作成日時 : 2015/12/28 16:40   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 2

 ★★この 2種は、どちらもハナアブ科 ハナアブ亜科です。
    陽が照っている僅かな間、菜の花に来ていました。
    曇って来たら、一斉に何処かへ行ってしまうので、捕まえて帰りました

画像


2015/12/28
キゴシハナアブ (9-12mm)です。 
   特徴は、複眼の中をご覧ください。
   黒い点々が沢山あります。黒やの小さな複眼が並んでいます。
   上から見ると、左右の複眼が離れていますので メスです。
画像

画像


こちらの個体は、の複眼が接していますのでオスです。 
   黄色小さな目が綺麗に並んでいます。
画像

画像


窓ガラスに透かして見ました。体と同じ幅の大きな複眼をしています。
画像



 平群庵昆写真虫館さんの サイトをお借りしました。 
http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_abu_hae/kigoshihanaabu.htm

-----------------------------------------------------------

こちらは、シマハナアブ(10-13mm) のオスです。
  良く似た、ナミハナアブと姿、模様はソックリで、見分けが付きませんが、
  下記のフッカーS さんの サイトに 詳しく解説されていました。
画像

画像

画像


後脚脛節の、模様と湾曲が確認出来ないと、
   お腹背の模様だけでは、同定が出来ないそうです。
   黄色と弓なりにカーブしているので、シマハナアブとしました。
画像

画像


サトクダマキモドキ一匹では寂しいので、
   2匹アブと一緒に撮ってみました。
画像

画像


画像

画像

画像



 フッカーS さんの サイトを お借りしました。
   シマハナアブ と ナミハナアブの比較解説によりますと、
   ナミハナアブ後脚脛節は、真ん中が膨らむ紡錘形で太く見える。
http://tokyoinsects.blog14.fc2.com/blog-entry-2123.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サトクダマキモドキの脚が ついに 2本 になりました。 あと1日がんばれ!
●2015/12/30 → 12/31 ●午後からも、日が当たる 2階の部屋に連れて行き   少しでも暖かい場所で、過ごさせていましたが、4時前に覗いて見たら、   ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2015/12/31 19:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ツユヒメさんの指は魔法の指ですね。
私の指では昆虫が逃げてしまうのに
ツユヒメの指には乗ってしまうからです。
itotonbosan
2015/12/28 20:55
itotonbosanさんへ
捕まえた直後やバタバタして飛び回る時には
手乗り出来ませんが、止まって落ち着いた時、
指に水や花粉、ハチミツ水などで手乗りが出
来ますので、一度トライして見てください。
ツユヒメ
2015/12/29 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
キゴシハナアブ と シマハナアブ そして サトクダマキモドキ です。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる