廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS ジョロウグモが   この時期に産卵とは またまた ビックリポンです。

<<   作成日時 : 2016/02/02 16:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 4

 ★★ 寒い小屋で飼育していた ジョロウグモを、
     暖かい場所で 過ごさせてやろうと、部屋に入れて 2日目です。
   
     なんと なんと 産卵をしているではありませんか。
画像

    
----------- 前回の記事の続きです。---------------

2016/02/02
朝食の後 8時過ぎ虫ケースの外側から、
   ジョロウグモの様子を覗いて見た時です。
   クモの傍に、丸く赤い塊がぶら下がっているでは ありませんか?
   卵塊です。夜のうちに産卵をしていたのです。
画像


ケースの反対側から、蓋をそおぉぉっと開けると
   糸がに張り付いて、プチプチと剥がれる音がしました。
画像


何とか撮り易いように、蓋をひっくり返し、日付を貼ることが出来ました。
画像

画像


今までは、宙吊りの卵塊を、ぶら下がって仕上げていたのに、
   逆になってビックリしているようでした。
画像

画像


それでも、赤い卵塊が毀れ落ちないように、
   卵の上にお尻の糸疣をつけては、時計と反対に、動き回っていました。
画像

画像

画像


卵塊をアップして見ました。
   イチゴのように、赤い卵が等間隔で綺麗に並んでいます。
   卵は夜のうちに産み落とされ、寒さや天敵から護るために、
   最後の仕上げをしているようでした。
画像


少しアップで見ていると、
   もう お分かりですね、右側後ろ脚がありません
   本来では、糸疣から出た糸を右と左の後脚で交互に弛ませて
   ループ状にして仕上げますが・・・。
画像

画像

画像


バランスも取れずに、ぎこちない動きでしたが、卵塊を守るために、
   一所懸命に、何本もの糸を重ねて仕上げていました。
画像

画像

画像

画像


カメラの位置を変えた時です、急に、卵塊から離れて行きました。
   これで 完成したのでしょうか??
画像

画像

画像


すると 急に戻って来ました。
   いく方向を間違えたのでしょうか?
   お疲れさま 綿棒でハチミツ水をやると、美味しそうに舐めていました。
画像

画像


綿棒を上って来たので、テレビの前で撮ってみました。
   写真を撮り始めて 45分も経過していました。
   お腹の形をよく見ると、卵塊の分だけ萎んでいるように見えます。
画像

画像


こちらの写真は 1月31日のお腹です。膨らんでいました
画像


脚が 1本ありませんが、この ジョロウグモは、
   12月14日には交接も見せてくれ、
   寒い庭の小屋で生き抜き、こうして産卵までよく頑張ってくれました。
画像


1月31日に、クモの巣から離れていたのは、産卵のための
   準備だったのかも知れませんね。
   でも 暖かい場所でこうして産卵出来たのは、良かったです。
画像

画像



 2012年の飼育では、1月4日産卵後1月30日まで生きました。
   この調子で行けば、暫く 長寿記録を伸ばしてくれるかも知れません。


 2016/02/01 前回の記事は 長寿記録の更新 です。
http://s2014no64.at.webry.info/201602/article_1.html


 ジョロウグモの全記事です。
http://s2014no64.at.webry.info/201201/article_4.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ジョロウグモが 「卵のう」 を守りながら、 長寿記録を更新中です。
   ★★ 2月2日の産卵には驚きましたが、       その後は 今でも「卵のう」の近くにぶら下がって守っています。       長寿記録も 2月1日から今日で10日更新しました。 ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2016/02/10 11:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スゴイですね〜!このジョロウグモさん!!
ビックリポンです!!
ひょっとすると・・・ひょっとするかも!?
え?あ、2年生き!!
宮星
2016/02/02 18:42
宮星さんへ
クモたちも上手く飼育すると長生きをするもん
ですね。長寿記録を更新してほしいですね。
ツユヒメ
2016/02/02 22:36
ツユヒメさんの大きな助力の甲斐あって、ついに命がつなげることになったのですね。すごい!
メンバラ
2016/02/03 09:29
メンバラさんへ
一般的に10℃を超えないと産卵が出来ない
場合が多いと書いてありました。
小屋で巣を離れた日に、タイミング良く部屋に
入れたことが、良かったようですね。
まさか 2月に入って産卵があるとは思っても
いませんでした。良かったです。
ツユヒメ
2016/02/03 15:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジョロウグモが   この時期に産卵とは またまた ビックリポンです。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる