廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS ナナフシモドキの脚 が  5回目の脱皮で 90% も再生しました。 

<<   作成日時 : 2016/05/29 16:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

 ★★ 前回の記事では 46mm  ・ 75% の再生でしたが、
      今回の右前脚は、70mm  ・  90% までに再生していました。
      下の黄色い方は 正常の個体です。

画像



2016/05/29     ナナフシ科   体長 92mm となりました。
昨夜からので、今朝は部屋も薄暗くパッとしません。
   ナナフシモドキ脱皮が気になり探していたら、
   なんと 左前脚の 第2関節よりも伸びていました。
   今回で5回目の脱皮です。 脱皮殻は食べて見つかりませんでした。

画像


こちらは、5月18日の写真です。
   第2関節の手前で、75%の再生でした。 

画像

画像


前回と同じように、測定をして見ました。

画像

画像


こちらは 一緒に飼育を始めた同級生で正常に育った個体です。
   比較するため、並べて見ました。
   前脚右  前回の46mm から 70mmへ伸びており
   前脚左の    78mmと比べ 約90% の再生が確認出来ました。

画像


  正常の個体と比べ、ハンディーがあったためか、
    前脚は 、正常の個体 82mmと比べ  78mmでした。 
    体長では正常の個体100mmと比べ   92mmと小型でした。


こちらは 正常の個体の測定です。

画像

画像


正常な個体です。 体長は 100mmに成長していたので、もう成体です。   

画像



こちらは、前脚が 約90%まで再生したので、
   もう 不自由なく、動き回っていました。

画像

画像


今回の測定は、平らな場所では、動き回るので、
   障子に このように赤いカラーマグネットシートを貼り付け、
   更に測定できるよう メジャーを両面テープで貼り付けました。

   さあ ここからが大変です。
   メジャーの先端に ナナフシの前脚を上手く引っかけて
   数十秒間、体を軽く押さえるようにしました。

   すると ピタッと死んだように固まり、ぶら下がってくれました。 
   前回の反省が 役に立ちました。

画像

画像

画像

  
2016/15/30
今朝は、2か月前に 緑色型を見つけた竹柵で、触覚が短い、
   ナナフシモドキ褐色型を見つけました。

   体長は 60mm弱の幼虫でした。
   右の後脚が取れていましたが、もう4齢位ですから
   再生は無理かと思いますが、しばらく一緒に飼育して見ます。

画像

画像




 2016/05/18 前回の記事 ナナフシモドキの脚  46mm75%再生。
http://s2014no64.at.webry.info/201605/article_20.html#kimochi


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナナフシモドキの脚 が  5回目の脱皮で 90% も再生しました。  廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる