廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS シオヤアブが  なんと オス同士が共喰いをしていました。

<<   作成日時 : 2016/06/27 17:58   >>

驚いた ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

 ★★ムシヒキアブだけあって、仲間同士でも、共喰いするんですね。 

画像


2016/06/26    ムシヒキアブ科   体長 25mm位
阿品の森の芝生の原っぱです。
   ガサガサと足元で音がしたので、振り向くと、
   シオヤアオスが、獲物を捕まえていました。

   なんと オス同士共喰いです。
   ムシヒキアブを捕まえたところは、良く見ますが共喰いは初めてです。 
   獲物が大きすぎて、飛べずに・・・・・ こんな状態の場面をよく見ます。

画像

画像


数年前には、キイロスズメバチを捕まえているところを
   手乗りにしたことがありますが、
   自分の体長位だったら、なんでも捕えるようですね。
  
   下の獲物はまだ生きており、指をしっかり握りしめていました。

画像


近くに咲いていた、ビヨウヤナギ、バイクのテールランブをバックに。

画像

画像

画像


近くの見晴らしのいい、アジサイの葉に止まらせました。

画像

画像



 どんな虫を捕まえるのか、調べて見ました。
    キイロスズメバチ、西洋ミツバチ 他ハチの仲間  
    オニヤンマ ギンヤンマ などトンボの仲間
    カメムシの仲間 
    甲虫の仲間、カミキリムシ、コガネムシ ヤマトタマムなど
    ムシヒキアブなどアブの仲間 他 シリアゲムシの仲間
    
 見晴らしの良い場所に陣取り、縄張りに入ったものは見境なく、
    背後から一瞬に襲い羽交い絞めにして、大きな口吻で急所を、
    一撃て刺し、仕留める 昆虫界の殺し屋です。
   
    毒はありませんが、口吻を刺し込み、
    神経節を切断するようです。
  
   

 2016/06/11 シオヤア と アオメアブ です。
http://s2014no64.at.webry.info/201606/article_11.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
必殺仕置き人のようですね!
共食いの場面は見たことがありませんでした。常に緊張感の中で生きているんですね。
メンバラ
2016/06/28 09:23
メンバラさんへ
虫の世界だけでなく他の生き物達の餌となって
間引かれて行く宿命なんですね。
生態系の中で喰うもの、喰われるものの
バランスがうまく行っているのが良い環境なの
でしょうね。共食いもひの一部でしょう。
環境破壊の一番の要因は、地球上に人類が
増え過ぎたことでしょうか。
ツユヒメ
2016/06/28 18:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
シオヤアブが  なんと オス同士が共喰いをしていました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる