廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS コシボソヤンマ のオスです。初めて出会った ヤンマです。

<<   作成日時 : 2016/08/23 17:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23   ヤンマ科  体長82mm   腹の長さ 65mm
今朝も、朝ドラを見てから、阿品の森へ出かけました。
   昨日の クロコノマチョウの卵が孵化した時のために、
   餌のジュズダマの場所を確認しておきたかったのです。
   池の周りに沢山あったのに、全部刈られていました

   そんな時です、池に舞い降りたヤンマを見つけました。
   オニヤンマとは飛び方が違っていました、
   取りあえず捕獲して見ました。

画像

画像


網から取り出して最初に見たのは、複眼の下にある
   額の黒い盛り上がりと黄色い横帯模様です。
   ミルンヤンマ かなと思いました。

画像

画像


翅をもって写真を撮っていたら、お腹の「クビレ」が極端です。
   カトリヤンマのようです。

画像

画像


今までに見たことがないヤンマです。
   連れて帰り調べて見ることにしました。

画像

画像


ヤンマ科の仲間で調べると、
   コシボソヤンマと確認出来ました。
   体長が82mm。 お腹の長さが 65mmもあります。 

画像


特徴としては、下記の通り
   @ 腹部第3節が 極端に「クビレ」ています。
   A 羽の先端に オスには褐色の斑紋があります。
   B 後ろ羽の肛角が 尖っています

画像

                                   ↓     ↓
画像


肛角が 尖っているのがよく分ります。
     横長の三角室が、ハッキリ見えます。

画像



 京都九条山自然観察日記 さんのサイトをお借りしました。
http://net1010.net/2013/08/id_7954/


お腹の下からも撮って見ました。
   背側よりも濃い黄色の帯びがあります。

画像



神戸のトンボたち サイトには、生態が詳しく載っていました。

   河川の上〜中流域に多く生息するヤンマで、夕方
   活発に活動するとあり、
   また 夏に産卵した卵は年を越して孵化し、
   ヤゴは更に年を越して羽化すると載っていました。

   周辺に川もない阿品の森の小さな池では
   珍しい飛来だと思います。

http://www.odonata.jp/01live/Aeshnidae/Boyeria/maclachlani/index.html



 2012/09/23  ミルンヤンマオスメス です。 
            頭部の額の盛り上がり、生態などが よく似ています。

http://s2014no64.at.webry.info/201209/article_22.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コシボソヤンマ のオスです。初めて出会った ヤンマです。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる