イボタガの飼育

2010年5月から蛾にハマってしまい
 ブログの最初の記事は、越冬中のイボタガの蛹です。
 小さなケースの中に、土を入れ枯れ葉で覆っています。
 時々日の差し込む場所に置いています。

 幼虫から蛹になるまでの様子も見てください。
 順調にいけば4月頃には羽化して綺麗な蛾になります。
 今から楽しみです。

画像

★★ここからは、飼育開始から蛹化までです。★★
飼育開始

 2010/05/11 近くの林縁でネズミモチの葉っぱを
 食べているところを発見しました。
 木の枝を花瓶に挿してダンボールに入れて飼育開始です。
 40mm位で。胸に4本腹先に3本のヒゲがあります。
 天敵のヤドリバエから身を守るのでしょうか?

画像

終齢直前の幼虫
 2010/05/16 終齢前の幼虫は、体が白っぽくなり、
 黒と黄色の斑点模様も目立って来ます。
 一段と長くなったヒゲ食欲も旺盛です。食事をしたり
 眠ったりの繰り返しです。

画像

脱皮前日の終齢幼虫 です。

画像

脱皮途中
 2010/05/18 脱皮前には足固めをして1日位じっと
 していました。
 いよいよ脱皮開始です、頭を右、左と動かしながら、
 胸にある4本のヒゲがどんどんと後ろへ脱げていって
 います。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

画像

脱皮直後
 2010/05/18 終齢幼虫には、もうヒゲはありません
 胸脚腹足 ルビーのように輝いてとても綺麗です。

画像

脱皮して暫くすると 脱いだ皮についている 
 髭を食べ始めました。
 栄養補給のため、卵の殻、脱皮した古い皮を
 食べる種類も多いそうです。   

画像

終齢幼虫
 2010/05/24 1日に葉っぱ4・5枚はたいらげて、
 日増しに大きくなっています。
 前日から背中にうっすらとオレンジ色の筋が見え始め、
 今は90mm位になり、色も濃くなり動き回っています。
 5/25の夕刻やっ土に潜り始めました

画像


画像


画像

画像

前蛹の様子 
 2010/05/26 土に潜った様子を、毎日覗いてみました。
 5/28日までに体の色に変化も見られ、
 蛹化直前には背中に 赤い模様が出て来ました。

画像

蛹化の様子
 2010/05/30 早朝に起きてみたら、既に蛹化して、
 上半身は透けた緑色に、
 下半身はオレンジ色の蛹になっていました
 1日でどんどん濃い色に変化しました。

   2011年4月頃に羽化し、鬼のような目、
 大きな牙のような翅の模様が
 見られるのが今から楽しみです

画像


みんなで作る日本産蛾類図鑑。 イボタガ です。

2017/04/01ついにイボタガの成虫を見つけました。
  下記の トラックバックサイトから見てください。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

ゾイドモン
2013年01月11日 12:35
なにこのレインボー!?
びっくりしました!この虫の生涯で最もカラフルな時期名ではないのでしょうか(笑)
2013年01月11日 16:01
ゾイドモンさん 初めまして。
近くの林縁でイボタの葉っぱを食べていた
幼虫でイボタガと言うことが分かり、飼育
開始、蛹まで何とかこぎつけましたが、
10か月間も待ち続けましたが、残念なから
羽化しませんでした。蜂などの天敵にでも
やられたのでしょう。
でも脱皮や終齢幼虫では前蛹になる直前で
オレンジ色に変身、いろいろと観察出来ま
した。蛾の仲間のオオスカシバも幼虫時期
には緑色、前蛹直前に黒色に変身、天敵の
鳥などから身を守る技を持っています。
虫たちも生き残るのも大変のようです。
拙いブログ、時々覗いて見てください。
 
2018年12月23日 12:26
素晴らしい観察記録ですね

この記事へのトラックバック