コガネオオハリバエ    寄生バエとも呼ばれ他の昆虫に寄生します。

2011/11/30 ヤドリバエ科 大きさ13→20mm位
今日は20度を越す暖かい日となったので
 廿日市市にある「杜の美術館」の花壇へ行って見ました。
 黄色い「ツワブキの花」は少し色あせていましたが
 数種類のアブの中に「体中剛毛のハエ」が目に止りました。

画像

11月22日投稿のGonia属によく似ていたので 
 ヤドリバエの仲間ではないかと調べたら、やはり
コガネオオハリバエ」というハエの仲間でした。

画像

でも、こちらは、お腹が鮮やかなオレンジ色コガネ
 ようにも見えるので 良い名前 を付けて貰っていました。

画像

花から花へと、飛び回るので追っていると
 偶然にも、「縞の綺麗なホソヒラタアブ」と
 「触角の長いキンケハラナガツチバチ」の
  3者を一緒にレンズに収める事が出来ました。

画像

紫色に色づいたイヌビワの葉の上で、手・足についた
 花粉を落としていました 「手をスリ・足をスリ
 やはり ハエ の仲間の行動でした。

画像

こちらは、大きなヤツデの葉 の上です。

画像

後ろから 覗いて見ました、こんなに花粉がついて
いるんですね。

画像

良く似た仲間には「ヨコジマシオオハリバエ」や
 「セスジハリバエ」がいます。
 ともに、寄生バエ(ヤドリバエ科)で幼虫は
 他の昆虫に寄生することで知られています

画像


11月22日 Gonia属の一種 は こちら です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

アカメヤゴ
2011年12月01日 22:25
剛毛のハエ。ハエにもこんなのが居るんですね?驚いた。昔チョウの幼虫を飼っていた時にめでたく蛹になったと思って羽化を待っていたら、ハチがぎょうさん出てきたり、ハエの幼虫が出てきたりで恐ろしくなったことを思い出します。前蛹の時が無防備で一番危ない気がします。
2011年12月02日 08:05
●ヤドりバエの親達は、命を繋ぐため、何時・何処に行けば宿主がいるのかを良く知っているのでしょうね。
宿られる方はタマッタものではありません、体中を喰われたり、やっと蛹になれたと安心しても、羽化するまで喰われながら、宿として居座られてしまいます。
●ハキリバチの巣の入り口で、チャンスを窺がっている
ハエやアブを見かけたことがあります。ストーカーをしたり、宿主の匂いでも嗅ぎつけたのかも知れません。
●スズメバチに宿るスズメバチネジレは宿主の寿命を延ばしてまで我が身を守る技を持っています。驚きです。

この記事へのトラックバック