クロスジギンヤンマ の羽化です。 翅が伸びきるまで 95分、 飛び立つまで3時間30分も。

 ★★今年も、ヤゴから羽化のシーンを狙っていましたが、
    見つけた時は ヤゴの背中が割れて体が反り返った状態でしたので
    抜け出るまで待ってから、撮りやすい場所に移して撮影をしました。

2015/05/11  トンボ科  成虫の体長 80mm位

8時50分 → 9時35分まで  45分間を撮影をしました。

   羽化を始めたのは、ヤゴの背中が割れて、緑の体が見えた時として
   50分位は経過していたと思います。
            (下記「トンボの素顔」さんの観察による。)
    従って 8時00分羽化が始まった、として計算しました。 
    
    水草に掴まったままで、殻になったヤゴと、淡い黄緑のヤンマ
    落とさないように、明るい場所へ移したところです。

    翅はしわしわで、まだ縮んでおり、お腹の尻尾も、大きく重たそうです
 
画像

画像

    
8時56分です。---- 56分経過。
    この場所も、大きな木の陰で、まだ陽は当たっていません。
    ほんの僅か、翅先が伸びて来ました。

    クロスジギンヤンマ の 倒垂型羽化です。     
画像


今年もが綺麗に咲いていました。
画像


9時00分です。---- 60分経過。
    尻尾の半分位まで伸びて来ました。
画像


9時05分です。---- 65分経過。
    この時、から陽が射してきて、明るくなって来ました。
    翅も花びらのように、少し膨らんで来ました。
   
    この頃から、2~3秒間隔で、お腹を盛んに動かして
    力を振り絞るような動きを繰り返し始めました。
 
    翅の先まで、体液を送り込むための、動きのようです。
画像


9時07分です。---- 67分経過。
    どんどん翅が伸び、もう尻尾の先、近くまでの伸びました。
画像


9時10分です。---- 70分経過。
    あっと言う間に、尻尾よりも長く伸びて来ました。
画像


9時13分です。---- 73分経過。
    昨年の5月21日には、オス羽化と一緒に「」を
    撮っているのを思い出し、今回も撮って見ました。
画像


顔が鮮やかなグリーンなり、複眼も濃くなって来ました。
画像


9時19分です。---- 79分経過。
    お腹の色も淡い褐色に色づき、
    尻尾よりも長く伸びた翅は、曲がった尻尾の形に合すように
    広がり、肢脈がハッキリ見えて来ました。
画像

   
暫く、変化が見られません
    羽化を始めた場所は、向こう岸に近い、薄暗い水草でした
画像


この森には、アラカシが多く茂り、写真のような楠の大木が、 
   15~6本もあります。
画像


9時35分です。 95分経過。
    もう翅は伸びきったようです。

羽化が始まった 8時00分→ 9時35分 まで   95分となります。

撮影した時間は 8時50分→ 9時35分 まで   45分です。
                 これから飛び立つまで  115分予想     
    ----------------------------------------------------
羽化から飛立迄 8時00分→11時30分 予想 210分(3時間30分

 
画像

   
この後は、体内の不用な水分の排出と、
    尻尾が伸びて、翅や体が硬くなるのを待つだけです。

    最後は、カメラ横にして 大きく 綺麗に撮って見ました。
画像

   
 飛べるようになるまでには、まだ 1時間55分位もかかります。 
    鳥に見つかり、食べられないように、草で覆ってやりました。


クロスジギンヤンマ の羽化産卵などの記事、7件です。
     2014/05/21 は 既に翅が伸びきっていました。          
http://s2014no64.at.webry.info/theme/61a1f3e858.html



トンボの素顔 」さんの羽化の観察では、
    背が割れて、体が全部抜けるまで 50分経過しており、  
    飛び立つまでに 3時間30分と記録されていました。   
http://www.jomon.ne.jp/~tomboy2/page059.html


2015/05/13  
今朝、 記事を投稿後 羽化した場所へ10時過ぎに行って見ると、
   「クロスジギンヤンマ」 の姿は見当たりませんでしたので、
   無事に飛び立ってくれたと思います。

   暫く 池の周りを見ていたら、元気の良いオスが水面に舞い下りて
   何度も、メスを探して、パトロールを繰り返していました。
   少しの間、写真を撮らせてもらいました。

   コバルトブルーの複眼が輝いて綺麗です。
画像


胸部側面には、名前についている2本の「クロスジ」、
   腹部のブルーから オスと確認出来ます。
画像

画像


に放してやると ワンショットだけ待ってくれました。   
画像


------------------------------------------------------------------

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年05月13日 23:21
いやぁ~、気を長~くして観察されるんですね!
羽化はもっと早い時間にやるのかな?と思っていましたが、トンボはそうでもないんですね!?
克明な記録写真、興味深く拝見しました!
2015年05月14日 08:52
宮星さんへ おはようございます。

トンボの羽化は気温に関係があるようでよ。
飼育では、温度調整をして羽化させて観察を
するようです。
自然での羽化観察をするには、朝早くから何度
も通う必要がありますね。

★2014/05/22 オナガバチの産卵シーンです。
    この時も大変でした。見てください。
http://s2014no64.at.webry.info/201405/article_31.html

この記事へのトラックバック