ネコハエトリのメスが、大きなハエを捕まえていました。 

2016/08/21  ハエトリグモ科  体長 7mm位
今日も猛暑日予報でしたので、8時過ぎに阿品の森へ行き、
 カトウツケオグモの餌のハエを捕まえていたら、
 ハエトリグモが、体長の倍もある大きなハエを咥えており、
 ビックリしました。

画像

頭胸部やお腹の茶褐色の色模様から、
 ネコハエトリメスのようです。

画像

葉影にいたので、葉っぱを千切って撮ったところです。
 いつも、いろんなハエを捕まえていますが、
 クロバエを調べて見ましたが、複眼の鮮やかな赤い色
 見つからないので、別の種かも知れません。

画像

近くに積み上げてある竹柵に放したら、節穴の奥へ
 逃げようとしたところです。

画像

画像

 ネコハエトリの記事を調べたら 5年ぶりでした。

2011/05/24 ネコハエトリオスとメス です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年08月22日 05:48
この獲物はデカイですね。
ハエのお尻に噛み付いているので、致命傷を与えることができずに逃げられてしまうのかと思ったら、うまく獲物として確保できたようですね。
2016年08月22日 08:32
カトウツケオグモでも時にはハリバエなどの
大物、しかもこのようにお尻に咬みついて
いました。クモの毒は可なり強力なのかも
しれませんね。
クロバエ科を調べていたら、
とんでもない、オオクロバエの生態が
見つかりました。一読を!!
http://insects.exblog.jp/25570289
2016年08月22日 10:39
「成虫を産む昆虫」というのが、存在するんですね! これはビックリです。しかも地域によって繁殖形態が違うというのも。

この記事へのトラックバック