オオカマキリ 2匹の食餌シーンです。 どちらも褐色型でした。

この時期は カマキリ捕食シーンを良く見かけます。
 産卵を控えて、仲間同士でも、動くものは何でも食べます

2017/11/06
1匹目は、阿品の森で見つけた、オオカマキリです。
 ヒメクダキモドキが集まるクワの葉です。
 一番高い葉の上で、前脚を伸ばして、エダナナフシ と
 同じように、枝に擬態をしているようでした。

画像

止まっていた葉を引き寄せて、頭部を拡大して見たら、
 左右の複眼に、異常と見られる褐色の斑紋があります。

画像

画像

獲物のヒメクダキモドキが、ここに来ることを
 知っているのでしょうか、上手く獲物が捕まえられるのか、
 つい心配を してしまいます。

画像

クワの葉も少なくなっており、
 ヒメクダキモドキの姿も見えなくなったので、
 近くのイチョウの葉に移してやりました。

画像

このイチョウの枝では、10月2日に、始めて
 ハラビロカマキリ 褐色型メスを見つけたので
 飼育しています。
 11月10日には、目の前の餌も食べずに、大きな
 お腹をして、産卵前の仕草が見られて来ましたので、
 楽しみにしています。

画像

画像


2017/11/09
今朝、イチョウの葉を探していたら、
 なんと オオカマキリが何かを見つめていました。
 ・・その先には ジョロウグモが止まっていました。
 前日の雨で、葉に避難をしていたのかも知れません。

画像

場所を変えて見たら、逃げるクモにロックオン・・・。

画像

なかなか 鎌を挙げません・・・。
 まだ 距離があるのでしょうか?
 最初の場所に戻ってカメラを向けたら、   
 既に捕まえて、獲物を引き寄せているところでした。

画像

左の鎌でクモの脚を食べ始めていました。
 その時です、複眼を見たら 11月6日の個体です。
 3日間も、この場所で頑張っていたんですね。

画像

画像

足元の膝の高さ辺りの、イチョウの同じ枝に、2個の卵鞘が。
 こんな低い場所で見つけたのは初めてです。

画像


2017/11/10
山地にある、知人の畑です。
 イノシシ除けに作られた垣根から、ササゲでしょうか?
 30cmもある豆の鞘がぶら下がっている場所です。

 最初に目に止まったのは、ホソヘリカメムシ2匹です、
 近くには、ツチイナゴメスが体を斜めにして日光浴を!!

 のどかな 様子でしたが・・・・・。

画像

画像

画像

少し離れた葉陰で、なんと 2匹目オオカマキリ
 (褐色型)が仲間のハラビロカマキリ緑色型)の
 メスを・・・。
 既に 頭胸部が喰われて、黄色いお腹を見せていました。

画像

メジャーにツチイナゴを乗せて、見せてやりました。
 オオカマキリ怖いよ・・と。

画像


2011年から、オオカマキリの記事を42件も投稿
 していました。 
 交尾シーンや産卵シーン、孵化のシーンなどもあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック