クロモンキリバエダシャク です。 昨年と同じ日に見つかりました。

2018/02/21    エダシャク亜科   前翅長 23mm位
今年は、数年ぶりに寒い日が続き、植物は少し遅れて開花したり
   しますが、虫達は時期が来れば、忘れずに出現するんですね。 

    です。 昨年と 同じ日に 阿品公園で見つけました。

画像

画像


ロウバイ や ミツマタと一緒に撮って見ました。

画像

画像


明るい日中は、暗い場所へ飛び隠れするので、
   薄暗くなる頃に、スマホに止まらせて見ました。

画像


お腹から、撮った翅裏の模様です。
   フユシャクは口吻を退化していますが、クロモンキリバエダシャクには、
   大きな口吻が丸まって見えます。 吸蜜はするのでしょうか??

画像

画像



2018/02/22
今朝は、翅を開いたところを撮影しようと、いろんな葉に止まらせて
   いたら、ユズリハの葉で、やっと翅を開いてくれました。

画像

画像

画像


シダの葉に止まらせたら、直ぐに葉裏に隠れたところです。
   胞子が綺麗に並んでいます。

画像

    
しばらくして、綿棒でハチミツ水をやって見たら、
   なんと 長い口吻を伸ばして 無心に吸蜜を始めました。
   これから ウメなどが咲き始めるので、夜には吸蜜もするのかも
   しれませんね。   

画像



 2017/02/21 新顔の クロモンキリバエダシャク です。
http://s2014no64.at.webry.info/201702/article_9.html

 2017/03/01 クロモンキリバエダシャク と キノカワガ です。
http://s2014no64.at.webry.info/201703/article_2.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック