トゲナナフシ が死んでしまいました。

2019/10/19→10/31  体長72mm位
10月19日  飼育 3日目です。
 午後に覗いて見たら、左の後脚が取れていました。

1トゲナナフシ 20191019(1).JPG

2トゲナナフシ 20191019(2).JPG

餌の取り替えをしていたら、ケースの底に
 2mm位の卵を 4個発見しました。
 11月頃からと思っていましたが、既に産卵
 始めていたようです。 

3トゲナナフシ 卵20191019(3).JPG

10月20日
朝食にブドウをやると、ガツガツと食べていたので
 スズムシ用の餌もばら撒いてやりました。

4トゲナナフシ食事 20191020(4).JPG

5トゲナナフシ食事 20191020(5).JPG

夢中で写真を撮っていたので、気が付きませんでした。
 日光浴をしていた時です。右の後脚も無くなっていました。
 移動するのにも、苦労をしていました。 

6トゲナナフシ食事 20191020(6).JPG

7トゲナナフシ食事 20191020(7).JPG

10月22日
大きなお腹をして、移動するのが大変そうです。
 一日中、動かずに日光欲をしていました。

8トゲナナフシ 20191022(8).JPG

10月23日 リンゴも時々食べています。

9トゲナナフシ 20191023(9).JPG

10月26日 ヤマボウシ赤い実も食べていました。

11トゲナナフシ 20191026(11).JPG

10トゲナナフシ 20191026(1).JPG

10月27日 ケースの底に 2個のを発見
 6個になりました。 1週間ぶりです
 両方の後ろ脚がなく、移動にも苦労しています。
 水分補給に霧吹きをしてやります。

12トゲナナフシ卵6 20191027(12).JPG

13トゲナナフシ卵6 20191027(13).JPG

10月28日 今朝はリンゴブドウも食べずに
 葉にぶら下がったまま、全く動きません。
 今日は気分転換に、手乗りで日光浴
 小さなヒメバチとツーショットを

14トゲナナフシ 20191028(15).JPG

15トゲナナフシ 20191028(15).JPG

16トゲナナフシ 20191028(16).JPG

午後4時過ぎに、陽の当った2階の部屋で撮った
 顎の拡大写真です。

17トゲナナフシ 20191028(17).JPG

18トゲナナフシ 20191028(18).JPG

10月30日 今朝ケースを覗いて見た時です。
 ケースの隙間に頭胸部を突っ込んだまま、
 昨夜からの寒さで、全く動かずにいました
 これからの産卵を期待していたのに残念です

10月31日 今朝、 庭のチェリーセージ
 花の下に埋めてやりました。
  卵6個は、来春5月頃孵化を楽しみにします。


前回の記事 2019/10/16→10/17


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2019年11月02日 12:43
こんにちわ☆小学生の時ツユムシを飼育して、産卵→孵化したことを懐かしく思い出しました。この手の昆虫の足ってすぐ取れてしまいますよね( ω-、)
ツユヒメ
2019年11月02日 15:24
名無しさんへ
★トゲナナフシの記事を見て頂きありがとうございます。
  ナナフシの仲間は、天敵などに襲われて危険な時には、
 自分で脚を切ることもあるそうですよ。
 両方の後ろ脚が取れると、動きも大変で、可哀そうでした。
★産卵管のあるバッタの場合は、後ろ脚がないと、交尾や、産卵が
 上手く出来ずに、苦労すると思います。
★キリギリスの交尾、産卵です。
https://s2014no64.at.webry.info/201908/article_39.html

★2016/04/12から エダナナフシモドキの飼育をしました。
 子供の時に脚が取れた場合、90%まで再生しました。
https://s2014no64.at.webry.info/theme/bd5016f774.html

★2009/12/13から2010/04/22までツユムシを飼育しました。
 産卵はありましたが、残念ながら卵は孵化しませんでした。
https://s2014no64.at.webry.info/201102/article_3.html
2019年11月03日 19:40
お返事ありがとうございます。興味深い記事が多いので少しずつ読ませていただきますね(^ω^)昆虫は苦手なものも多いのですが、カメムシやバッタ、カマキリやてんとう虫は可愛くてついつい観察してしまいます。