ヒメカマキリの卵鞘とキリギリスのツーショット140種目です。

2019/11/24  ハナカマキリ科 卵鞘13mm位
10時過ぎには雨の予報でしたので、早めに
 いつものコンビニ公園へ行くも虫は見つからず、
 久しぶりに阿品の森へ行って、タテジマカミキリでも
 越冬していないか、2m位ヤツデの枝を引寄せて
 見たら、食痕はありましたが姿なし葉の裏を見ていたら
 こんな場所に、見覚えのある小さな卵鞘が!!

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(1).JPG

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(2).JPG

持ち帰って、あらためて卵鞘を拡大して見ました。
 この時期にある卵鞘は、ヒメカマキリと思われます。

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(3).JPG

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(4).JPG

2017/07/29 に発見のこちらの卵鞘は、サツマヒメカマキリ
     の卵鞘でした。真夏に孵化して幼虫越冬します。
     こちらの方が、少し細長い卵鞘をしています。
     数匹アリが盛んに、突いていました。

サツマヒメカマキリ卵鞘 20170729(13).jpg

2017/08/14 には、飼育をしていた、キリギリス
 キノカワガのを見つけてくれたことがあったので、
 卵鞘の近くに、キリギリスを置いて見ました。
 直ぐに近寄り、いきなり頭を卵鞘近づけていました。

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(5).JPG

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(6).JPG

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(7).JPG

もう一度トライして見ました。
 なんと 今度は、前脚で卵鞘を押さえています。

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(8).JPG

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(9).JPG

別の場所からも、卵鞘の方へ近づきます。

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(10).JPG

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(11).JPG

こんなにも近づき、気になっているのは、蛹など
 食べられるか確認しているような気がします。

ヒメカマキリの卵鞘 20191124(12).JPG


ヒメカマキリの記事 8件です。

 2015/01/18 桜の幹で卵鞘発見。
 2014/11/11 自宅の駐車場で成虫メス発見。
 2014/02/14 桜の幹で卵鞘発見。
 2013/05/23 飼育で産卵→孵化

 2012/11/16 飼育 産卵→死亡
 2012/11/09 飼育
 2012/10/29 金木製でメス発見→飼育開始。
 2011/08/27 ライトに来たオスです。


2017/08/14 キリギリスキノカワ蛾の
        見つけてくれました、


サツマヒメカマキリの記事 9件です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント