ヤマトクサカゲロウ と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

2019/12/15 クサカゲロウ科 体長10mm位
毎年、阿品公園の灯りには数匹が来ていますが、
 記事にするのは5年ぶりです。
 日光浴をしている、ヒメクダマキモドキの目の前で
 ツーショットをして見ました。

ヤマトクサカゲロウ 20191215(1).JPG

陽が当たるのを嫌い、すぐに飛び立つので、
 リンゴを舐めている僅かの時間です。

ヤマトクサカゲロウ 20191215(2).JPG

淡い緑色で背中に黄色い条がある、
 小さなクサカゲロウですが、
 越冬の途中で、体が褐色に変化する個体もいるようです。
 (2014/11の記事は褐色でした。)

ヤマトクサカゲロウ 20191215(3).JPG

飛び逃げて、千両の実に止まったところが撮れました。

ヤマトクサカゲロウ 20191215(4).JPG

何度も飛んで逃げるので、メジャーに止まらせるのも
  一苦労です。
 よく似ているスズキクサカゲロウもいますが、
  複眼の近くの模様で識別します。

ヤマトクサカゲロウ 20191215(5).JPG

午後には、風もなく暖かくなって来たので、
 ヒメクダマキモドキを庭のネリネで、
 遊ばせてやりました 20℃位もありました。

ヤマトクサカゲロウ 20191215(6).JPG

ヤマトクサカゲロウ 20191215(7).JPG

ヤマトクサカゲロウ 20191215(8).JPG

ヤマトクサカゲロウ 20191215(9).JPG

今年植えて初めての開花27輪、全て咲きました。
 来年には50輪くらい咲かせたいと思っています。

ヤマトクサカゲロウ 20191215(10).JPG



ヤマトクサカゲロウの記事 3件です。

ヤマトクサカゲロウ 20191215 (1).JPG