ヨモギハムシ と ナナホシテントウです。

2019/12/19  ハムシ科 体長7~8mm位
6月ヒナバッタを放した、イネ科の草が生えている
 近所の空地です。日当たりもよくヨモギが茂って
 いたので覗いて見たら、
 この時期に、まだ数組のヨモギハムシペアー
 見つかりました。
 触るとポロッット転げ落ち.るので、網を受けて
 数匹ゲットナナホシテントウも入っていました。

ヨモギハムシの交尾 20191219(1).JPG

ヨモギハムシの交尾 20191219(2).JPG

暑くても寒くてもいつも お腹丸出しのメスです。

ヨモギハムシの交尾 20191219(3).JPG

今まで青藍色は何度も、見つけていますが、
 7mm位黄銅色に光ったオス
 2011/11/15 が初めて8年ぶりの2度目です。

ヨモギハムシの交尾 20191219(4).JPG

ヨモギに這わせて、ライトを照らして撮っていたら、
 ナナホハテントウも。 

ヨモギハムシの交尾 20191219(5).JPG

ヨモギハムシの交尾 20191219(6).JPG

オスメスに近寄り、交尾を始めましたが、
 葉の裏に隠れたりするので、
 バラの赤い実に止まらせて見たら、
 早速 交尾が始まりました。
 庭に咲いていた、黄色いツワブキの花です。

ヨモギハムシの交尾 20191219(7).JPG

ヨモギハムシの交尾 20191219(8).JPG

ヨモギハムシの交尾 20191219(9).JPG

4月頃から11月に出現とありましたが、
 卵や成虫で越冬するようです。
 ピンクの花は、色あせた千日紅と赤い鬼灯にも。

ヨモギハムシの交尾 20191219(10).JPG

ヨモギハムシの交尾 20191219(11).JPG

ヨモギハムシの交尾 20191219(12).JPG


2011/11/15 赤い菊の花で見つけた、ヨモギハムシです。

2011/04/28のタケトゲハムシの記事に
 初登場していました。他にも
 クロボシツツハムシ、 セモンジンガサハムシ
 ヨモギハムシ です。