イボタガの終齢幼虫が土に潜ってから、驚くことが!


2020/06/17  イボタガ科  蛹の大きさ 35mm位
6月05日、まだ緑色をしていた終齢幼虫

イボタガの幼虫 20200605(1).JPG

6月07日には、オレンジ色に変身し、
 その日のうちに土に潜りました。

イボタガの幼虫 20200607(2).JPG

イボタガ終齢幼虫 20200607(3).JPG

イボタガ終齢幼虫 20200607(4).JPG

6月09日、潜った幼虫を探していたら、
 また緑色に変身、掘り出さずそのままに・・。

イボタガの前蛹 20200609(5).JPG

6月16日 不思議なことに、深さ2~30mm
 地表に出て転がっていました。
 蛹の中央当たりが損傷して、体液が出て土がついており
 お腹は伸びて、隙間は赤色が・・もしかしたらと・・・。

イボタガの蛹 202006016(6).JPG

6月17日、昼前に、蛹を撮影する際に、
 落下して2つに割れてしまいました。
 元の形に繕って撮影しました・・・が。35mm位。

イボタガの蛹 202006017(7).JPG

割れた蛹の中から、10mm位の白いウジ2匹も、

イボタガの蛹 202006017(8).JPG

お腹の奥から3匹目が・・・。びっくりしました。
 寄生ヤドリバエの仲間かも知れません。

イボタガの蛹 202006017(9).JPG

イボタガの蛹 202006017(10).JPG


大事に幼虫飼育して→無事に蛹になっても・・・。
 寄生バエや寄生バチには、蛹になるまで幼虫を
 コントロールし、蛹になってから体内を食べ
 始めるようです。
  
幼虫を8匹も飼育された方は、
 羽化したのは 1匹だけと記事を書いていました。

こちらの、つばさ2号さんのサイトです。 
 イボタガの終齢幼虫に寄生するハエが20個産卵を?

2011/11/30 コガネオオハリバエ にも良く似ています。

イボタガの記事 3件です。


いろいろと寄生バエ、寄生バチを調べていたら
 凄いサイトが見つかりました。
 なんと3500万年も前に蛹に寄生の化石CTスキャン


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント