イボタガの終齢幼虫 3日目の朝にはオレンジ色に変身!

2020/06/05・06/07 終齢幼虫 75mm位
クロスジギンヤンマオスを撮った帰りです。
 知人宅の生垣の葉、トゲトゲのヒイラギの葉を見ていたら
 お腹か真っ黒い大きな幼虫を見つけました。

イボタガの幼虫 20200605(1).JPG

イボタガの幼虫 20200605(2).JPG

黒い条気門が綺麗に並んでいる、どこかで見たことの
 ある幼虫です。
 スマホで「ヒイラギの葉を食べる蛾の幼虫」で検索すると
 すぐに分かりました。
 イボタガ幼虫だったのです。 

イボタガの幼虫 20200605(3).JPG

イボタガの幼虫 20200605(4).JPG

2010年5月に、ネズミモチの葉を食べていた
 イボタガの中齢幼虫を飼育したことがあり、
 まさかこんなヒイラギの葉に、10年ぶりの再会です。
   複眼の模様です。 どちらもモクセイ科でした。

イボタガの幼虫 20200605(5).JPG


2020/06/07
今朝7時41分、 
  今まで黄緑色だった、体の色がオレンジ色に変身、
  飼育3日目で、驚きました。

イボタガの幼虫 20200607(6).JPG

10時34分です、畑の土を鉢に入れてやりましたが、
 すぐには土に潜りません。
 少し丸々していたので、測って見たら70mm位です。

イボタガの幼虫 20200607(7).JPG

イボタガの幼虫 20200607(8).JPG

葉っぱの下に隠れたり、休んだり、何度も鉢の縁を回り
 11時6分にやっと土の中に潜り始めました。

イボタガの幼虫 20200607(9).JPG

イボタガの幼虫 20200607(10).JPG

イボタガの幼虫 20200607(11).JPG

イボタガの幼虫 20200607(12).JPG

土に潜ると、更に縮まり2日位すると、になります。
 黒い蛹になるには、更に10日位かかります。

 そして 羽化するのは、来年の4月に入ってからです。
 蛹の期間10か月もかかり、蛾の中では最長です。
 先が長いですが、楽しみにしています

イボタガの幼虫 20200607(13).JPG



2017/04/01 イボタガ成虫 です。

2010年  5月11日 イボタガ幼虫飼育
      5月18日  最後の脱皮
      5月24日  終齢幼虫オレンジ色に変化→土に潜る。
      5月26日  前蛹→の変化の様子です。
      5月30日   蛹化して色の変化です。


翌年の4月羽化を楽しみにしていましたが、
 寄生されていたのか、真っ黒い羽化しませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント