ウラギンシジミのメスが、まだ葉陰で休んでいました。

2020/10/29 シジミチョウ科 メスの前翅長25mm位。
10月15日には、阿品の森オレンジ模様オス
 撮っていましたが、2枚撮った直後に逃げられました。
 今朝は、同じ阿品の森の網の届く葉裏で、休んでいる
 ところを見つけました。
 赤い翅オスを期待して捕まえました・・・が。

ウラギンシジミ♂ 20201015(1).JPG

ウラギンシジミ♂ 20201015(2).JPG

ウラギンシジミ♀ 20201029(3).JPG

陽の当たる場所で、コムラサキの実をバックに
 撮っていたら、なんとか開いてくれました

ウラギンシジミ♀ 20201029(4).JPG

ウラギンシジミ♀ 20201029(5).JPG

ウラギンシジミ♀ 20201029(6).JPG

残念ながら、白い斑紋メスでした。
 過去10回記事にしていますが、半分以上がメスです。

ウラギンシジミ♀ 20201029(7).JPG

ウラギンシジミ♀ 20201029(8).JPG

柿の葉に止まらせて、拡大して見たら、
 脚には、可愛い赤い縞模様のソックス、
 複眼の間にある下唇髭の先端は赤い色
 シジミチョウの仲間は、おしゃれですね。

ウラギンシジミ♀ 20201029(9).JPG

ウラギンシジミ♀ 20201029(10).JPG

暗薄暗い玄関の生け花、紺色の「ベロニカ」に
 鏡に止まらせて、近づけて見ました。
 脚の赤い模様下唇髭の先端赤いのが、良く見えます。

ウラギンシジミ♀ 20201029(11).JPG

手乗りにしたまま、庭のチェリーセージで、
 暫くして、逃げて行きました。

ウラギンシジミ♀ 20201029(12).JPG

ウラギンシジミ♀ 20201029(13).JPG


ウラギンシジミの記事 10件です。

 2019/09/17 オスとキリギリスの2ショット。
 2019/06/13 メスとヒナバッタのオス、メスの3ショット。
 2019/06/01 オスとキンモンガ。
 2014/08/16 オスとシデムシの2ショット。
 2012/10/15 オスメスに黒化型のシマヘビが大接近。

 ●2012/10/09 越冬の前のメスが吸水。
 2012/04/14 越冬明けのメスが日光浴。
 2011/08/27 表翅に白い斑紋が少しのメス
 2011/08/05 庭のノーゼンカズラにメスが。
 2011/04/10 越冬の前のメスがヨモギの葉で日光浴。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年10月29日 18:33
おぉ!ちょっと前に私も初見したウラギンシジミですね!
私は翅の裏側(?)の真っ白(銀色?)の方しか見えませんでしたが、表側はこんな色なんですね!!
ありがとうございます!(^o^)