ハラビロカマキリが見つかりました。

2020/11/29  カマキリ科 体長 65mm位
朝晩、気温が下がり、虫たちの姿も見られなくなったので
 養蜂をしている知人の畑に行って見ました。
 風除けの児の手がしわ」は、日が当たり暖かそうです。
 お腹の大きな、ハラビロカマキリメスがいました。

ハラビロカマキリ 2021129(1).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(2).JPG

赤く紅葉していたオオデマリの葉に止まらせて見ました。
 餌が上手く捕れたら、産卵も見られるかも知れませしが、
 虫たちにとっては厳しい時期だと思います。

ハラビロカマキリ 2021129(3).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(4).JPG

オオカマキリハラビロカマキリともに数回飼育し、
 産卵も観察しているので、飼育は止めました。
 愛想よく、こちらを見ています。

ハラビロカマキリ 2021129(5).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(6).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(7).JPG

黄色い大きなカリンの実が、数個落ちていたので、
 止まらせて見ました。
 「児の手がしわ」には、西日が当たるとアブや、
 クロスズメバチなども、見られるのでチャンスが
 あれば、上手く産卵が出来るかも知れませんので、
 元いた場所に、放してやりました。

ハラビロカマキリ 2021129(8).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(9).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(10).JPG

ハラビロカマキリ 2021129(11).JPG


ハラビロカマキリの記事 20件です。


2018/02/18 ついに死んでしまいました
2018/02/14 餌を食べなくなったメスの背中に。 
        ムラサキツバメコオロギが!
2018/01/29 産後に1週間ミルワーム10匹食べる。
2018/01/22 2回目産卵です。
2018/01/15 お腹が大きくなって来ました。
2017/12/31 食べ収めは、シロオビフユシャクを!
2017/12/28 1回目の産卵は、緑色の卵のうでした。

2013/11/21 この時の産卵は、ブルーの卵のうでした。

-------------------------------------------------------

そんな時です。思わぬ珍客が
 ホシホウジャクが、隠れるように日光浴をしていました。
 過去に成虫を4回、記事にしていますが、
 全て10月上旬です。
 11月末に見つかるとは、珍しいです。

ホシホウジャク 20201129(1).JPG


ホシホウジャクの記事 9件です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント