ヒメクダマキモドキが ついに大晦日まで頑張って来ました。

2020/12/30・31
今朝は、新しいトキワサンザシと入れ替えてやると、
 嬉しそうに動き回り、

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(2).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(3).JPG

スターチス淡いムラサキ色、映えて綺麗ですが、
 左側の翅端の染みが、徐々に広がって来て
 いるように見えます。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(4).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(6).JPG

夕食後の18時35分です。赤い実を食べたいのか
 動き回っており、追っていたら
 な.んと なんと 美味しそうに赤い実を齧って
 いるではありませんか?

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(8).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(9).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201230(10).JPG

 トキワサンザシタチバナモドキ科のバラ科であり、
  少し齧って見たら、リンゴに近い味がしました。
    お互いにモドキの名前がついていました。 

12月31日、いよいよ大晦日を迎えました。
 昨晩から、小雪交じりの予報が当たり、
 朝起きて、庭を見たら、薄っすらと雪が積もり、
 畑の野菜の葉上にも白く雪化粧をしていました。

 庭に陽が当たり始めた、9時36分です。
 ヒメクダマキモドキを連れ出して見ました。

 冷たいのが分かるようです、
 メジャーにしがみついています。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(11).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(12).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(13).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(14).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(13.5).JPG

前にも撮った、玄関横のヒメイチゴツリーの花です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(15).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(16).JPG

昼食後に部屋からの距離、5m位の所に
 ミカンを置いていたら、早速、ジロがやって来ました。
 窓ガラスを少し開けて、撮って見ました。 

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(17).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(18).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201231(19).JPG


ヒメクダマキモドキの記事 27件です。

ヒメクダマキモドキ と ナミスジフユナミシャクの 2ショットです。

2020/12/27・28・29
12月27日に、ナミスジフユナミシャク
 11種目ショットです。
 直後に、家具の隙間に逃げられてしまい、

ナミスジフユシャク 20201227(1).JPG

12月28日の朝8時5分です。
 壁に姿を現していたので、チシャの上でもショット
 目標だった、昨年の12月28日と同じ日まで
 飼育が出来ました。 
 後は1日1日記録更新を楽しみにしています。

ナミスジフユシャク 20201228(2).JPG

ナミスジフユシャク 20201228(3).JPG

ナミスジフユシャク 20201228(4).JPG

12月29日、朝7時28分です。
 いつものように、PCへ止まらせると
 リンゴからチシャの上まで、・・今朝も元気です。

ナミスジフユシャク 20201229(5).JPG

ナミスジフユシャク 20201229(6).JPG

自然では年を越すことは、難しいようですが
 暖かくしてやり、餌を食べれば年越しは可能のようです

ナミスジフユシャク 20201229(7).JPG

ナミスジフユシャク 20201229(8).JPG

9時過ぎにな、部屋に陽が入ると、
 あちこちと動き回り、体が温まる場所を探しています、

ナミスジフユシャク 20201229(9).JPG

ナミスジフユシャク 20201229(10).JPG

ナミスジフユシャク 20201229(11).JPG

ナミスジフユシャク 20201229(12).JPG

手乗りにも大分馴れて来ました。
 次の目標は、お正月までの年越しです
 今年は、12月30日1月1日まで、
   全国的に大雪の予報寒波到来です
 毛布を1枚増やして、暖かくしてやろうと思います。

ナミスジフユシャク 20201229(13).JPG


ヒメクダマキモドキの記事 26件です。

ジョロウグモのメスが、まだイチョウの木に!

2020/12/28  ジョロウグモ科 体長15mm位
昨夜から久しぶりに雨が降りましたが
 今朝は、気温が上がり、風もなく暖かくなりました。
 阿品の森へ行って見たら、背の低いイチョウの枝
 まだ、ジョロウグモが網を張っていました。

 枯れ枝で突くと、まだ動いていましたが、
 ポトッッ足元へ落下したところです。

ジョロウグモ 20201228(1).JPG

ジョロウグモ 20201228(2).JPG

ジョロウグモ 20201228(3).JPG

メジャー止まらせると、お腹は細く十分に
 餌が摂れていないようです。

ジョロウグモ 20201228(4).JPG


ジョロウグモ 20201228(5).JPG

ジョロウグモ 20201228(6).JPG
でも、長い前脚を動かして、逃げようと手の甲を
 歩き回っていました。

ジョロウグモ 20201228(7).JPG

ジョロウグモ 20201228(8).JPG

可哀そうでしたが、近くの大きな桜の幹
 移してやりました。
 陽の当たる暖かい方へ、上っていました。

ジョロウグモ 20201228(9).JPG

ジョロウグモ 20201228(10).JPG

ジョロウグモ 20201228(11).JPG

ジョロウグモ 20201228(12).JPG

10年前の12月には、ジョロウグモを飼育して、
 翌年1月に産卵をさせたこともあります。
 この時期、生きた餌を探すのは大変でした。

ジョロウグモの記事 23件です。

ヒメクダマキモドキ と ウスモンフユシャクの 2ショットです。

2020/12/27
昨年の12月には、見つかりませんでしたが、
 年を越した1月8日に出現していました。
 ここ7年間連続して、12月下旬頃に出現しています。

ウスモンフユシャク 20201227(1).JPG

早速、ヒメクダマキモドキショットです。
 自然では、この時期には、お互いに出会えることは、
 出来ないと思いますが、珍しそうに近寄っていました。

 今年フユシャクとのショットは初めて
 10種目となりました。

ウスモンフユシャク 20201227(2).JPG

ウスモンフユシャク 20201227(3).JPG

ウスモンフユシャク 20201227(4).JPG

この時期にも、まだ、ナカオビアキナミシャク
 灯りに来ていました。
 久しぶりにショットが出来ました。  

 まだまだ、ヒメクダマキモドキは元気ですが
 左側の翅端の上部に、黒い染みが現れて
 老化が始まっていました。年越しまで頑張れ!!

ウスモンフユシャク 20201227(5).JPG

ウスモンフユシャク 20201227(6).JPG



ヒメクダマキモドキの記事 25件です。

ウスモンフユシャクの記事 8件です。

 2020/01/08 年を越して公園に!
 2018/12/29 公園に3匹も!
 2017/12/19 朝7:55 ZIPへ初登場!
 2016/12/16 カバエダシャクと2ショット

 2015/12/21 公園で、サトマダマキと2ショット 
 2014/12/27 公園の藪の中で! 
 2014/12/20 公園の灯りに2匹が!
 2014/12/18 我が家の庭の扉に!


ヒメクダマキモドキとアキカバナミシャクの2ショットです。

2020/12/26 
今朝は7時過ぎの気温 5℃と寒かったが、昼過ぎには
 10度を超えて暖かくなったので公園へ行って見ました。
 カバナミシャクが来ていました。 

アキカバナミシャク 20201226(1).JPG

アキカバナミシャク 20201226(2).JPG

12月15日アキカバナミシャクは、
 翅が擦れて今一でしたが、今日は綺麗な翅をしています。
 2回目2ショットが出来て、良かったです。
 生けている黄色い菊と、淡いムラサキの花は、
 スターチスです。

アキカバナミシャク 20201226(3).JPG

アキカバナミシャク 20201226(4).JPG

鮮やかな赤いトキワザンサシの実が目にとまり、
 一枝頂いて帰りました。
 日が当たり、鮮やかな花に囲まれて嬉しそうです。
 この時期まで、6本の脚が揃っているのは珍しいです。

アキカバナミシャク 20201226(5).JPG

アキカバナミシャク 20201226(6).JPG



ヒメクダマキモドキの記事 24件です。

ヒメクダマキモドキの飼育が14日目となりました。

2020/12/25
昨日のクリスマスイブの動き、
 そして、今朝の行動から.何とか年が越せそうです

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(2).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(3).JPG

クリスマスと言って、特別なプレゼントはしていませんが、
 毎朝チシャの上に鰹節の粉のトッピング、リンゴイチゴ
 あとは出来るだけ日光浴をさせているので、元気です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(4).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(6).JPG

10時前に庭に陽が射し込んで来たので、
 この時期に咲く、ヒメイチゴツリーの花です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(8).JPG

玄関脇の花壇の花、赤いプリムラ
 ハボタンは白い葉、ムラサキ色のビオラ です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(9).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(11).JPG

今年は50数本ネリネの花が咲きました。
 お正月まで持つと思います。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201225(12).JPG


昨年のヒメクダマキモドキの飼育は、
 12月28日まで、14種類の虫と
 ツーショットしました。

ヒメクダマキモドキの記事 23件です。


ツユムシの飼育では、ブログ開設前ですが、
 年を越して4月22日まで長寿記録を達成しました。


ヒメクダマキモドキを 鏡に映して見ました。

2020/12/23・12/24
12月21日には、白いサザンカの花をたべましたが、
 今朝は、気分転換に赤いサザンカの花をやって見ました。
 虫の目では、色や形黄色い花粉のある場所など
 ハッキリと分かるんですね!
 まっしぐらにに花粉を食べに! 

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(2).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(3).JPG

花粉を食べている時に、1匹では寂しそうだったので、
 鏡で映してやりました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(4).JPG

一瞬、食べるのを止めて、徐々に近づいています。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(6).JPG

あなたは、誰ですか??.
 私は、あなたですよ・・とでも!
 あなたが、私で、・・私が、あなた  
 お互いに、手と手を、いや脚と脚タッチしていました

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(8).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(9).JPG

久しぶりに仲間に会えて、とても興奮をして
 嬉しそうでした。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(11).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(12).JPG

一人ぼっちになると、また寂しそうでした

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(13).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201223(14).JPG


今日は、朝から冷たい雨です。
 12月24日クリスマスイブです。
 朝食は、いつものチシャです。
 夜には、ケーキでもあるのかな?

ヒメクダマキモドキ♀ 20201224(15).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201224(16).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201224(17).JPG

15時過ぎに、ケーキが届きました
 コーヒータイムの前に、
 ヒメクダマキモドキは、イチゴのてっぺんまで
 上がって行きました。
 少しは気分が晴れたようです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201224(18).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201224(19).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201224(20).JPG



ヒメクダマキモドキの記事 22件です。

ヒメクダマキモドキとミドリアキナミシャクの2ショットです。

2020/12/22 
阿品公園です。今年の12月は少し寒いので 
 もう出会えないと思っていましたが、見つかりました。
 表翅には薄っすらと緑色が、そして楔状の紋が目に入り、
 ミドリアキナミシャクと分かりかりました。3回目です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(2).JPG

フユシャクが出現する時期なのに、12月下旬まで
 頑張っているのは、珍しいヒメシャクです。
 早速、ヒメクダマキモドキショット
 フクラスズメに続いて9種目です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(4).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(5).JPG

ミドリアキナミシャクは、日の当たる場所では
 隠れようと飛び回り、葉やメジャーに止まらせるのが
 大変でした。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(6).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(8).JPG

撮影の角度により、緑の地褐色のさざ波模様
 綺麗に見えて来ました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(10).JPG

12月23日朝、写真を画面に出して撮っていたら、
 丁度PCのてっぺんで、朝食のチシャを食べていたので
 一緒に撮って見ました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201222(11).JPG


2018/11/28 緑色が綺麗な、2回目
        ミドリアキナミシャクです。

2014/12/10 初めてのミドリアキナミシャクです。


ヒメクダマキモドの記事 21件です。


ヒメクダマキモドキは、サザンカの花も大好きです。

2020/12/21
10時56分です、フクラスズメとのツーショットの後は、
 少し早い昼食は、白いサザンカの花びらです。

ヒメクダマキモドキ♀20201221(1).JPG

白いサザンカの花の中に、縁が淡いピンク
 花びらが数個混じって咲いていました。

ヒメクダマキモドキ♀20201221(2).JPG

ヒメクダマキモドキ♀20201221(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀20201221(4).JPG

黄色い花粉には、栄養があることを良く知っています。
 数本ある花粉の根元まで、顔を突っ込んで
 美味しそうに.食べています。

ヒメクダマキモドキ♀20201221(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀20201221(6).JPG

曇り天気で、LEDライトで照らしていますが、
 眩しくないのか、無心に食べています。

ヒメクダマキモドキ♀20201221(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀20201221(8).JPG

午後2時前に、少し晴れて来たので、
 ネリネ日光浴をさせていたら、
 ピンクの花びらも齧っていました。

ヒメクダマキモドキ♀20201221(9).JPG

ヒメクダマキモドキ♀20201221(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀20201221(11).JPG


ヒメクダマキモドキの記事 20件です。

ヒメクダマキモドキ と フクラスズメ のツーショットです。

2020/12/21 
今朝は陽が射し込み、天気が良くなって来たので、
 12月2日から、20日間庭の小屋で越冬させていた、
 フクラスズメ2匹をとりだして見ました。

フクラスズメ 20201221(1).JPG

フクラスズメ 20201221(2).JPG

急に明るい日の当たる部屋でしたが、
 ツバキの葉に止まらせて、ヒメクダマキモドキ
 近づけると、
 今まで遭ったこともない、大物のフクラスズメに、
 まっしぐらに進み!

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(4).JPG

なんと、なんと 翅にタッチだけでなく、
 翅の上に乗り、スズメの頭部辺りにタッチを!

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(6).JPG

調子に乗って、
 メジャー下りてスズメの頭部をタッチ!
 ヒメクダマキモドキとのツーショット8種目です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(8).JPG

その時です!
 フクラスズメが、ツバキの葉の上部に向きを変えて
 一瞬に左の翅で、ヒメクダマキモドキを払いのけた 
 ところです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(9).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(10).JPG

直後に手乗りにしたら、翅を広げて飛び逃げた
 ところです。 撮影時間は、僅かに7分でした。
 越冬中ですから、ハチミツも舐めません、
 直ぐに越冬ケースに入れてやりました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(11).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201221(12).JPG


2020/12/02 数匹が集まって越冬中でした。

ヒメクダマキモドキの記事 19件です。



ヒメクダマキモドキ はチシャも よく食べます。

2020/12/17
今朝は、庭の畑に植えているチシャを.与えて見ました。 
 すると、ブドウリンゴを食べずに、意外によく食べます。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(2).JPG

チシャの向こう側から、LEDライトを当てて見たら、
 目玉は黒くお腹も翅に透けて見えていました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(4).JPG

当地も夜中には、0℃にもなっていましたが、
 暖かくしてやったので、今朝は元気よく動いています。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(6).JPG

8時前にやっと、部屋に陽が射し込んで来ました。
 今朝は、コンビニにも、公園にも、フユシャク
 見つからず、ツーショットは出来ませんでしたが、
 元気が何よりです。昨年は最後のツーショットの、
 12月28日までは、頑張って欲しいですね。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201217(8).JPG


ヒメクダマキモドキの記事 18件です。

ヒメクダマキモドキ と アキカバナミシャク の 2ショットです。

2020/12/15  
今朝は、8時過ぎの庭の気温4℃、午前中は小雪が舞う
 寒い日だったので、
 陽が照りだした、午後に公園へ行って見ると、
 この時期に出て来る、アキカバナミシャクが天井に!!
 2ショットは初めてなので連れ帰りました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(2).JPG

西日が射し込む、2階の部屋で撮影です。
 こんな小さな蛾にも、ヒメクダマキモドキは翅にタッチを!
 2ショットは7種目です。
 アキカバナミシャクは、脚の下でも無心に吸汁を!

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(4).JPG

吸汁中でも時々、翅を開きますが、
 長い脚が触れると、直ぐに飛び逃げます。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(6).JPG


小さな、アキカバナミシャクは、一瞬飛び逃げたかと
 思ったら、なんとヒメクダマキモドキの背中に乗って
 羽ばたいていました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(7).jpg
              ↓           ↓
ヒメクダマキモドキ♀ 20201215(8).JPG



ヒメクダマキモドキの記事 17件です。

ヒメクダマキモドキ と ヘーネアオハガタヨトウ の  2ショットです。

2020/12/14 
今朝もPCのてっぺんで、リンゴパイナップルブドウ
 朝食です。ブドウも好物のようです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(1).JPG

暖かい部屋では、食後の散歩場所は、
 いつも 高いカーテンレールです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(2).JPG

昼前に、阿品公園に行くと、ヘーネアオハガタヨトウが!
 昨年は、12月7日新顔で、名前にドイツ人の名前
 ついていました。
 早速、ヒメクダマキモドキとのご対面です。
 やはり 直ぐに左脚で、タッチでご挨拶です。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(4).JPG

昨年の記事にも、この2匹は同じように
 新顔631種目ショットをしていました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(6).JPG

山柿に止まらせると、かくれんぼをしているように
 遊んでいました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(8).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(9).JPG

翅を広げると、ふっくらとしたお腹が見えるので、
 メスのようです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(11).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201214(12).JPG



ヒメクダマキモドキの記事 15件です。


2019/12/07 ヘーネアオハガタヨトウ

ヒメクダマキモドキ と ツヤアオカメムシ と 2ショット!

2020/12/13   
今朝8時30分の気温、7℃で晴れのマークですが、
 陽が照らずに寒いです。
 PCのてっぺんに爪楊枝でイチゴリンゴを刺して
 朝食です。
 後ろから見ると、翅が大きく、サトクダマキモドキのように
 見えますが。産卵管を見ると、ヒメとわかります。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(1).JPG

イチゴよりも、リンゴの方を好んで食べます。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(2).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(4).JPG

スマホの画面では、寒そうにマスクをして椅子で
 昼寝をしているカエルさんです。
 今夜には2℃と寒くなりそうです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(6).JPG

そんな中、阿品の森へ行って見たら、
 寒そうにアカメガシワの幹で、ツヤアオカメムシ
 いました。ヒメを見つけた直ぐ近くです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(7).JPG

暖かい部屋に入れていたら、翅を広げて飛ぶほどに、
 早速 ヒメクダマキモドキを近づけると、
 カメムシの肩をポンと叩くように、ご挨拶です。
 あなたはいいですね! 越冬出来るんだろう!!

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(8).JPG

暫くPC画面で遊ばしていたら!
 2019年には12月28日までショットをしましたが
 今年は年を越せるでしょうか・・・・とでも!

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(9).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(10).JPG

公園には、真っ赤に紅葉した、ドウダンツツジが!
 今回で 5種目ツーショットです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201213(11).JPG


2020/12/12 ヒメクダマキモドキ です。

ツヤアオカメムシの記事 4件です。

ヒメクダマキモドキとナカオビアキナミシャク、カバエダシャクの 3ショットです。

2020/12/12 
今日は、阿品公園の灯りに、2種3 匹の蛾が来ていました、
 最初は、今年の12月1日にも見つけていた、
 ナカオビアキナミシャクと 2ショットです。
 ブドウに止まらせて見たら、翅を閉じて盛んに
 果汁を舐めていました。
 赤い実は、イチゴツリーの実、この時期が食べごろです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(2).JPG


2020/12/01 ナカオビアキナミシャクの記事です。

-----------------------------------------------------------

こちらも、今年の11月22日にも見つけた
 カバエダシャクです。
 直ぐに近づいて、いつものように、右の前脚で
 翅にタッチしていました。敵か確認しているようです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(4).JPG

今回は、2匹カバエダシャクショット挑戦です。
 長い触覚が触ると、飛んで逃げるので大変でした。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(6).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(7).JPG

庭に陽が射し込んで来たので、ピンクのネリネ
 バックに、12月一杯はこのように綺麗に咲き続きます。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(8).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(9).JPG

イチゴツリーをバックに、撮って見ました。
 今回で、ショット2種が加わり、4種目です。
 来週は、夜中の気温が更に下がり、寒くなると予報
 出ていました。 

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201212(11).JPG



2020/11/22 カバエダシャクニトベエダシャクです。

ヒメクダマキモドキのメスが.生還し、昼前には、ムラサキシジミと2ショットまでに!

2020/12/11 
昨日見つけた時には、瀕死の状態でしたが、
 PCの上で介抱をしていたら、18時前には微かに
 を、触覚を、お腹も上下に動かし始めました。
 触肢を動かしてハチミツ水も舐めるまで回復を!

 今朝6時55分です。イチゴリンゴの果汁
 美味しそうに舐め、6時58分には、動き回っています。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(2).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(4).JPG

PC横の出窓には、太陽が眩しい位に差し込み、
 生き返ったようでした。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(6).JPG

ケースの中にも陽が射し込むと
 山柿や、ネズミモチの実でも、生き生きと動いています。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(8).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(9).JPG

こちらの少し大きな実は、ユズリハです。
 葉にブドウを置いて見たら、早速舐めに来ました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(10).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(11).JPG

10時過ぎに、2匹目ヒメを期待して、
 阿品の森へ行って見ましたが、いませんでした。
 代わりに ムラサキシジミを捕まえて帰りました。

 リンゴで吸蜜中に、メジャーに止まらせて
 近づけて見たら、
 なんと前脚で、シジミチョウ頭にタッチしています。
 昨日に続き、2種目2ショットです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(12).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(13).JPG

シジミチョウの表翅を太陽に向けると、
 鮮やかなムラサキ色を見せてくれました。
 手乗りでも、翅を開いてくれました。メスのようです。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(14).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201211(15).JPG


ヒメクダマキモドキの記事 13件です。

ヒメクダマキモドキのメスが、瀕死の状態で見つかりました。

2020/12/10 キリギリス科 メスの体長30mm位
昨日の記事で、この時期ヒメクダマキモドキが全く
 見られないと書いたばかりです。
 今朝、阿品の森の小屋に立て掛けている青竹に、
 1匹だけが、固まった状態で止まっていました。

 昨夜は 0℃の予報でしたので、餌摂ったり
 産卵活動は、もう無理のようですね。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(1).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(2).JPG

メジャーを当てて見たら、産卵管が見えたので
 メスと確認出来ました。
 手乗りにしても、動きません。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(3).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(4).JPG

近くのアカメガシワの葉に置いて、
 ノコメトガリキリガとツーショットです。
 少し前に阿品公園の灯りに来ていました。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(5).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(6).JPG

家に連れ帰って、山茶花の花びら、リンゴに止まらせても、
 脚を広げて生きているように見えますが、
 体が冷え切って脚は動かず、食べる様子はありません。

 ノコメトガリキリガの方は、リンゴにハチミツを、
 舐めまわっています。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(7).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(8).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(9).JPG

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(10).JPG

暖房の部屋でも、なかなか体力が回復してくれないので
 暖かい風が出ているPCの上に止まらせて見ました。
 それでも、転げ落ちるので、手を添えてやります。
 これから、体力が回復して来たら、
 明日の記事にしたいと思います。

ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(11).JPG

.ヒメクダマキモドキ♀ 20201210(12).jpg


2019年には、12月1日にヒメクダマキモドキ.のメスの
 飼育開始、12月28日に息を引き取るまで
 14種類の虫たちとツーショットをしました。



ヒメクダマキモドキの記事 12件です。

クロオビフユナミシャク が見つかりました。

2020/12/09 ナミシャク亜科 前翅長21mm位
12月上旬頃から見られるフユナミシャク
 公園の灯りに、昨年よりも4日も早い出現です。
 紅葉した、カシワバアジサイアメリカフウ
 まだ、少し残っていました。

クロオビフユエダシャク 20201209(1).JPG

クロオビフユエダシャク 20201209(2).JPG

黒い帯模様がハッキリとした綺麗な個体です。
 ヤマガキと縁がピンクのサザンカです。

 昨年は、ヒメクダマキモドキが12月に入っても
 クワ梅の木に数匹が見られましたが、
 今年は殆ど見当たらず、夏の暑さが原因なのでしょうか?

クロオビフユエダシャク 20201209(3).JPG

クロオビフユエダシャク 20201209(4).JPG

近所の彼岸桜の葉が、僅かに残っていました。
 2016年12月16日に見つけた時には、
 口吻を伸ばして吸蜜をしたので、驚きました

クロオビフユエダシャク 20201209(5).JPG

午後3時頃になると、陽が早く傾き
 隣の家の影になると一気に寒くなって来ます。

クロオビフユエダシャク 20201209(6).JPG

クロオビフユエダシャク 20201209(7).JPG

クロオビフユエダシャク 20201209(8).JPG


クロオビフユナミシャクの記事 5件です。

 2019/12/13  ヒメクダマキモドキのツーショット。
 2016/12/16 フユシャクなのに口吻を伸ばして吸蜜を! 
 2015/12/06 2種フユシャクミドリアキナミシャク
         4ショット
 2014/12/22 少し擦れたクロオビフユナミシャク
 2014/01/02 年を越して、お正月の2日に新顔です。


チャバネフユエダシャク と ナカオビアキナミシャクです。

2020/12/05 エダシャク亜科 前翅長25mm位
12月に入って初めてのチャバネフユエダシャクです。
 毎年12月の下旬頃に見つけていますが、
 少し早過ぎるので、調べて見たら、
 2015年にも、12月3日に見つけていました。

チャバネフユエダシャク 20201205(1).JPG

チャバネフユエダシャク 20201205(2).JPG

チャバネフユエダシャクは、翅模様に変異の多い種
 前翅長も21→27mmと大きさにも違いが見られます。

チャバネフユエダシャク 20201205(3).JPG

コンビニ公園の灯りにも良くやって来ます。
 先日にも記事にしました、ナカオビアキナミシャク
 2匹もやって来ていたので、2ショットを!

チャバネフユエダシャク 20201205(4).JPG

チャバネフユエダシャク 20201205(5).JPG

チャバネフユエダシャク 20201205(6).JPG

紅葉したアメリカフウで 3ショットも出来ました。

チャバネフユエダシャク 20201205(7).JPG

公園の近くには、ピンクサザンガが満開でした。

チャバネフユエダシャク 20201205(8).JPG

チャバネフユエダシャク 20201205(9).JPG



チャバネフユエダシャク.の記事 8件です。

 2019/12/29  2016/12/21
 2019/12/22  2015/12/19
 2018/12/20  2015/12/03 
 2017/12/22  2014/12/21

フクラスズメ、数匹で越冬中を発見しました。

2020/12/02 シタバガ亜科 メスの前翅長41mm位
小屋の大きな、柱の割れ目の奥です。
 こんな場所で数匹が身を寄せ合っているのを
 初めて見つけました。
 昨夜は1℃と冷え込んで来たので、越冬に入ったようです。
 2匹を連れ帰りました。

フクラスズメ 20201202(1).JPG

部屋では、暗い場所から、いきなり陽が当たり
 眩しいのか直ぐに枯れ葉にも潜り込みます。
 なんとか、ツーショットが撮れました。

フクラスズメ 20201202(2).JPG

フクラスズメ 20201202(3).JPG

フクラスズメ 20201202(4).JPG

右側の大きい方は、何回も窓ガラスへと羽ばたくので、
 動画で切り出して見ました。
 後翅には、紺色に黒い帯模様が綺麗です。

フクラスズメ 20201202(5).JPG

フクラスズメ 20201202(6).JPG

フクラスズメ 20201202(7).JPG

暗い場所で、透明ガラスに止まらせると、
 意外に大人しく、大きなお腹を見せてくれました。 
 メスのようです。

フクラスズメ 20201202(8).JPG

フクラスズメ 20201202(9).JPG

玄関に活けている、百合とトルコキキョウの近くで手乗りを!

フクラスズメ 20201202(10).JPG

フクラスズメ 20201202(11).JPG

PCのグリーンをバックに、頭胸部をアップ!
 大きな複眼口吻も見えます。

フクラスズメ 20201202(12).JPG

フクラスズメ 20201202(13).JPG

翅の付根に、スズメの目玉の模様が見えますね、 
 スズメが寒さで毛を立ててふっくらとした
 姿から、名前が付いたようですよ。
 このまま 来年の4月頃まで、飲まず食わずで
 成虫で越冬するのは大変ですね。

フクラスズメ 20201202(14).JPG

フクラスズメ 20201202(15).JPG



フクラスズメの記事 8件です。

 2018/04/16 越冬明けの森のヘビイチゴの葉陰で! 
 2017/10/24 コンビニの入り口の地面に!

 ★2017/07/08 飼育中の終齢幼虫蛹化羽化して逃亡
 2017/06/13 終齢幼虫の飼育。
 2017/05/17 若齢幼虫の飼育。

 2017/05/03 コンビニで、越冬明けの成虫です。
 2013/10/11 森の大木で雨宿りを!
 2012/04/17 我が家の窓灯りに  

ナカオビアキナミシャクが公園の灯りに来ていました。

2020/12/01 ナミシャク亜科 前翅長16mm位
翅の真ん中辺りに、濃い褐色の帯模様がある、
 ナカオビアキナミシャクが、公園の灯りに
 来ていました。

ナカオビアキナミシャク 20201201(1).JPG

ナカオビアキナミシャク 20201201(2).JPG

過去に9回も記事にしていますが、11月の末から
 12月中旬頃、紅葉が落ちた頃に出現します。
 山柿や庭のネリネと撮って見ました。

ナカオビアキナミシャク 20201201(3).JPG

ナカオビアキナミシャク 20201201(4).JPG

この時期には、クロスジフユエダシャクが出現した
 ことがあり、驚いたことがありました。

ナカオビアキナミシャク 20201201(5).JPG

ナカオビアキナミシャク 20201201(6).JPG

その記事です。2015/11/12・2014/11/20
 横線が濃く よく似ていました。 

ナカオビアキナミシャク口吻もあり、吸蜜も
 出来ますが、フユシャクの多くは口吻が退化しており、
 吸蜜することが出来ません。

ナカオビアキナミシャク 20201201(7).JPG

ナカオビアキナミシャク 20201201(8).JPG


ナカオビアキナミシャクの記事 9件です。

2019/12/06 ヒメクダマキモドキとツーショット。
2018/12/03 我が家の窓灯りに!
2015/12/02 阿品公園の灯りに!
2014/11/28 阿品公園の灯りに!

2013/12/15 阿品の森でツバキの茂みで! 
2012/12/04 阿品の森で交尾中を発見!
2012/11/30 阿品の森で。 
2012/01/02 我が家の窓灯りに!
2011/12/12 近くの林縁で昼間に見つけました。