キイロトゲエダシャク(新顔)のオスと分かりました。

2021/03/10 エダシャク亜科 前翅長23mm位
3月7日の記事で、オカモトトゲエダシャクとして、
 ツチイナゴと2ショットをしていましたが、
 記事の最後に、ついに翅を広げてくれませんでした?
      と書いていました通り、
      いつもの、オカモトトゲエダシャクとは
  何となく違和感を持っており、調べていましたら、
  新顔キイロトゲエダシャクあることが
  わかりました。 3/7の記事は訂正いたしました。

aキイロトゲエダシャク 20210310(1).JPG

aキイロトゲエダシャク 20210310(2).JPG

3月10日に翅を広げた時に、前翅後翅の縁の形、
 褐色の横線が、オカモトトゲエダシャクとは
 明らかに違っていました。
 リンゴに止まらせると、長い口吻を伸ばして
 果汁を舐めていました。

aキイロトゲエダシャク 20210310(3).JPG

aキイロトゲエダシャク 20210310(4).JPG

aキイロトゲエダシャク 20210310(5).JPG

側面からも、大きな触覚をしているオスです。

aキイロトゲエダシャク 20210310(6).JPG

頭部からも、大きな触覚を撮って見ました。
 口吻黄色雄蕊の奥へ、伸ばしていました。

 今年初の新顔で、4か月ぶりの、641種目です。

aキイロトゲエダシャク 20210310(7).JPG

aキイロトゲエダシャク 20210310(8).JPG


2021/03/07 ツチイナゴと2ショット
       キイロトゲエダシャク訂正しました。  


四国産蛾類図鑑 14段目 キイロトゲエダシャクです。