テーマ:

クロオビフユナミシャク が見つかりました。

●2020/12/09 ナミシャク亜科 前翅長21mm位。●12月上旬頃から見られるフユナミシャクが 公園の灯りに、昨年よりも4日も早い出現です。 紅葉した、カシワバアジサイ、アメリカフウが まだ、少し残っていました。 ●黒い帯模様がハッキリとした綺麗な個体です。 ヤマガキと縁がピンクのサザンカです。  昨年は、ヒメクダマキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャバネフユエダシャク と ナカオビアキナミシャクです。

●2020/12/05 エダシャク亜科 前翅長25mm位●12月に入って初めてのチャバネフユエダシャクです。 毎年12月の下旬頃に見つけていますが、 少し早過ぎるので、調べて見たら、 2015年にも、12月3日に見つけていました。 ●チャバネフユエダシャクは、翅模様に変異の多い種で 前翅長も21→27mmと大きさにも違いが見ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクラスズメ、数匹で越冬中を発見しました。

●2020/12/02 シタバガ亜科 メスの前翅長41mm位●小屋の大きな、柱の割れ目の奥です。 こんな場所で数匹が身を寄せ合っているのを 初めて見つけました。 昨夜は1℃と冷え込んで来たので、越冬に入ったようです。 2匹を連れ帰りました。 ●部屋では、暗い場所から、いきなり陽が当たり 眩しいのか直ぐに枯れ葉にも潜り込みます。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナカオビアキナミシャクが公園の灯りに来ていました。

●2020/12/01 ナミシャク亜科 前翅長16mm位●翅の真ん中辺りに、濃い褐色の帯模様がある、 ナカオビアキナミシャクが、公園の灯りに 来ていました。 ●過去に9回も記事にしていますが、11月の末から 12月中旬頃、紅葉が落ちた頃に出現します。 山柿や庭のネリネと撮って見ました。 ●この時期には、クロスジフユエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニスジコケガとノコメトガリキリガ が公園の灯りに!

●2020/11/24●スジベニコケガ の出現は、5月~9月に出現とあり、 また 蛹で越冬ともあり、晩秋まで頑張っているのは、 珍しいようです。地域によっては3化も!  コケガの幼虫は、地衣類を食べるとあり、苔むした アメリカフウの幹へ止まらせて見ました。 ●春型と夏型の個体、オスとメスでも翅模様が、 赤っぽい模様、黄色っぽい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバエダシャクとニトベエダシャクも、忘れずに出て来ました。

●2020/11/22  エダシャク亜科 ●どちらも、前記事のチャエダシャクと同じにように 晩秋に出現するエダシャクの仲間です。  口吻が退化しているのでしょう、 水もハチミツも、舐める様子はありません。  メスは羽化すると、フェロモンを出してコーリング、 オスと交尾すると、メスは直ぐに産卵し、成虫では 越冬出来ずに、卵で越冬します。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャエダシャクのオス です。 2014年から7年連続。

●2020/11/21     オス前翅長 25mm位●2014年から毎年、11月に見つけ記事にしていますが、 お腹の大きなメスを初めて見つけたのは、1回だけです。 大きなお腹では飛べずに、交尾後には産卵に命を懸けて いるようです。メスの産卵写真は見当たりませんでした。 ナタマメの鞘、バックには色づいたネズミモチの実です。  ●山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑色の卵300個は 一体誰の卵??

●2020/11/10・11/15●11月10日、夜9時7分です。 虫ケースの蓋の裏に、0.5mm位の緑色の 小さな卵が・・・一体誰の卵か、 産卵中に立ち会えなかったので、調べて見ました。 ●11月11日 朝8時16分です。 卵を数えて見ると、丁度300粒もありました。 ●11月10日には、ヒメヤママユのメスと、 オオト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナカジロトガリバ 5年ぶりです。

●2020/11/13 カギバガ科 トガリバ亜科20mm位。●初顔は2015年でしたから2回目の出会いです。 最初に出会った時は、何科の何亜科か、名前を探すのが 大変でしたが、2度目になると、何となく科が 分かるようになりました。  外横線の波模様に変化のある、 ヒメナカジロトガリバもいるので注意が必要です! ●紅葉した、タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロスジイラガ と カラスヨトウ です。

★公園の灯りに、お馴染みさんが2種が来ていました。  この時期には、日替わりで 何かがやって来るので  楽しみです。 ●2020/11/13  イラガ科 前翅長16mm位。●クロスジイラガは、2回目です。 褐色で丸々として、色模様は見栄えが良くありません。 ●成虫になると鱗粉には毒はありませんが、 幼虫には毒針があり、危…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメヤママユのメスの成虫を見たのは初めて、産卵も!

●2020/11/10・11/14  メスの前翅長50mm位。●2013年には、阿品の森で名前も知らない、 真っ黒い幼虫2匹を見つけ→飼育→蛹化しましたが、 残念ながら羽化しませんでした。寄生されていたのか?  その後、オスの出会い、2回記事にしていましたが、 メスの出会が最後となりました。やはり コンビニです。  既にメスは、羽化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノコメトガリキリガ(2回目)が見つかりました。

●2020/11/12・11/13 前翅長18mm位。●11月11日に、ウスキトガリキリガを見つけたので、 次にはノコメトガリキリガをと期待していたら なんと 翌日には、阿品公園の灯りに来ていました。 ●実は、ウスキトガリキリガは、部屋の中の暗い場所に 逃げて隠れて、出て来たのは夜の 9時48分です。 3種のテロータ属の2種をやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスキツバメエダシャクの翅の横線が! 変異の個体が見つかりました。

●2020/11/09  エダシャク亜科 前翅長26mm位。●いつものコンビニの灯り来ていました。 この時期よく見つかる、ウスキツバメエダシャクにしては 横線が太く、正常の個体とは随分接近しています。 ●フトスジツバメエダシャクの変異ではないかと・・。 蛾の専門家に、同定依頼を お願いしたら、 顔の色模様が、やや褐色であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスキトガリキリガ です。

●202011/11 ヨトウガ亜科 前翅長20mm位。●暗くなった午後7時過ぎ、コンビニの近くに用事があって 立ち寄って見たら、   なんと 3種いるトガリキリガの仲間の中で 翅模様が一番綺麗な、ウスキトガリキリガが来ていました。 ●晩秋に出現するキリガで、過去2回と比べ 1週間から2週間も早い出現です。  成虫で越冬出来ずに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバラエダシャクも公園の灯りに! 

●2020/11/10 エダシャク亜科 前翅長20mm位。●秋に出現する2化の出現時期は10月20日過ぎ ですが、大分遅れているので、翅の外縁近くの鱗粉が 剥がれ落ちて、光に反射しています。 ナガサキアゲハの蛹の枝に止まったところです。 ●白い蛾は、フトスジツバメエダシャクのようですが、 2本の条が接近しており、突然変異なのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオノコメエダシャクのオス と、メスが見つかりました。

●2020/11/08・11/10 オスの前翅長30mm位●11月8日に公園の灯りに来ていたオスを記事する予定に していましたが、今朝は5年ぶりにメスが見つかりました。 オスとメスの比較するため、並べて見ました。 ●翅頂の外側のエグレの形が大分違って見えます。 また外横線から外縁にかけて褐色が濃いのがオスで、 白っぽく淡い褐色がメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロクモヤガ と オオトビモンシャチホコ です。

●2020/11/08 モンヤガ亜科 前翅長15mm位。●2015年5月24日に、コンビニのウインドウ枠に 一度記事にしていましたが、今回は公園の灯りです。 ●腎状紋、環状紋など黒い模様の縁取りが 金色に見え、綺麗です。 ★2015/05/24 コンビニのウインドウ枠に!https://s2014no64.at.we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オキナワルリチラシの幼虫と繭、そしてアゲハチョウの蛹です。

●2020年9月15日、廿日市市にある自然観察の森、 430mへ行った時に、山小屋の壁を這っていた、 見られないオレンジ色をした幼虫を見つけました。  体の見た目から、イラガの終齢幼虫ではないかと 探して見ましたが見当たらず・・不明幼虫としていました。 ●幼虫図鑑でも、似ている幼虫がいましたが、 5月中旬の八重山での撮影された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンモンミドリキリガ、マエキトビエダシャク、マメチャイロキヨトウ です。

★阿品公園に3種のお馴染みさんが来ていました。 晩秋になって来るとキリガの仲間も出て来ました。 ●202011/05 ●淡い緑の苔の生えた地に、白と黒の模様が 綺麗なケンモンミドリキリガです。 柿の葉に映えて綺麗です。 ●ソメイヨシの葉も一段と赤く色づき、何枚も 落ちていましたて。 ●赤いカマズミの実に止まらせて見ました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメノコメエダシャク(新顔)のオスが見つかりました。

●2020/11/03 エダシャク亜科 前翅長30mm位●過去4回、オオノコメコメエダシャクを記事にしているので 今回もオオノコメかと思っていましたが、 前翅の外横線に沿って、小さな黒い斑点が、点線の ように並んでおり、翅全体が淡い褐色をしているので、 ヒメノコメエダシャクと分かりました。 今年の新顔を10種目、通算で 640種目となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンバネチビトリバ(新顔)が、ミカンの葉で見つかりました。

●2020/10/31 トリバガ科  前翅長 5mm。●ナガサキアゲハの蛹がいないか、知人のミカン畑に 行って見ました。 残念ながら、幼虫も蛹も見つかりませんでしたが、 ミカンの葉っぱに、金色の小さな蛾を発見しました。 ●体全体が金色で、鳥の羽のような格好をしている キンバネチビトリバ(新顔)と分かりました 今年の新顔9種目、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシヒメホウジャク 翅が凸凹で枯れ葉のようです。

●2020/10/28 ホウジャク亜科 前翅長20mm位。●阿品公園の小屋の天井に、 なに! 変な格好で、何者かと思い、頭部の方へ 回り込んで見たら、ゴツゴツした前翅、 いつか 我が家の庭にも来ていた、ホウジャクです。 ●部屋で飛び回った後・・網戸に! 綺麗に紅葉した柿の葉を選んで止まらせて見ました。 凸凹しているのは後翅です…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒロバウスアオエダシャク です。

●2020/10/25  エダシャク亜科 前翅長20mm位●阿品公園の灯りです。 何度も見たことのあるエダシャクですが、 過去の記事を見たら、8年ぶりと分かりました。 ●朝日が眩しい位に差し込んでいたので  太陽に空かして見ました。 ●昆虫ゼリーに止まらせて見たら、長い口吻を 伸ばして舐めていました。 ●近くの道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスチャヤガ と クサシロキヨトウ(新顔) です。

●2020/10/23 モンヤガ亜科 前翅長20mm位。 ●過去4回、みんな10月下旬に見つけています。 この蛾を見ると、お茶の白い花が咲いている傍で 見つけたのが記憶に残っています。 名前も、茶褐色で、腎状紋が顔の頬っぺたのような模様で、 愛嬌のある蛾、赤く染まった柿の葉に止まらせて見ました。 ●今朝は、公園の灯りに、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウコンカギバ と ウスキツバメエダシャク そして ウスモモイロアツバ です。 

●2020/10/20 ●ウコンカギバのメス です。 前翅長22mm位 9月14日にも記事にしていますが、 綺麗なターメリックな翅模様つい撮ってしまいます。 ●お腹の先端に、丸い穴が見えるメスです。 ★ウコンカギバの記事 7件です。https://s2014no64.at.webry.info/theme/fbf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマグロシロノメイガ、ウストビモンナミシャク、ヒメツバメアオシャク と ウスカワマイマイと遊んで見ました。

●2020/10/16 ●ツマグロシロノメイガとヤマボウシ、セイタカアワダチソウと 撮っていたら、 なんと 大きなカタツムリのウスカワマイマイが 陽が当たって暑くなったのか、這い出して来ました。 アジサイの葉について、連れ帰ったものと思われます。 ●逃げるでもなく、カタツムリが 角を伸ばして近づいて来ました。  ●何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードハマキのメスが、我が家の窓ガラスの灯りに!

●2020/10/14・10/15 ハマキガ科 前翅長22mm。●夜19時過ぎに、シンジュキノカワガを撮影中に、 カーテンに隠れたので、探していたら、 なんと 偶然にも、窓ガラスの灯りに来ていました。 ビロードハマキ、9年ぶりの再会です。  シンジュキノカワガとツーショットです。 ●19時27分です、今日は、トビナナフシと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンジュキノカワガ(新顔)が阿品公園の灯りに!

●2020/10/14・10/15 コブガ科        シンジュガ亜科 前翅長35mm。●今朝は、10時予約で通院の帰り、遠回りして公園へ やはり、行って見るもんですね! 新顔のシンジュキノカワガが、今日は遅いね・・・と 灯りの近くで待っていました。 ●一度会って見たかった、新顔です。 今年7種目で、通算で637種目、嬉し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クヌギカレハのオス が コンビニの壁に!

●2020/10/13 カレハガ科 オスの前翅長34mm。●今朝8時過ぎ、コンビニの壁に、 先に撮影を! 一瞬躊躇しましたが、網でゲット  今までに撮影中に逃げられた、嫌な過去が何回も!  帰りに、いつものように、ドングリを探しに! クヌギのドングリではなく、アベマキのドングリです。 後ろへ曲がった大きな触覚をしたオスです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャハマキ と アカヒトリ です。

●2020/10/12  ハマキガ科  前翅長13mm位。●チャハマキのメスが、阿品公園の灯りに、 柿の葉も濃いオレンジ色に、秋らしくなって来ました。 ●ピンクの花は、狂い咲きのシモツケ、 そして コムラサキの実です。 ★2018/09/28 チャハマキのメスです。https://s2014no64.at.webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more