テーマ:

ヒロオビトンボエダシャクの幼虫が見つかりました。

●2021/04/09 エダシャク亜科 幼虫の体長20mm。●ヒメクロオトシブミやマルカメムシがいた林縁です。 今朝は、ウバメガシの若葉でヒロオビトンボエダシャクの、 幼虫が見つかりました。 ●白い地に黒く長細い条のような模様をしています。 まだ20mm位で中齢幼虫です。 ●背中を丸めて、尺を測るように進んで行くので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アヤコバネナミシャク と ナカキエダシャク です。

●2021/04/05 ナミシャク亜科 前翅長13mm。●今朝は、良い天気になりましたが、気温は10℃、 風が強く寒い位です。  公園の薄暗い天井の隅に、小さな蛾が! 網で受けて、落ちていたツバキの花の上で 撮って見たら、見たことのない  翅が薄緑と白い斑紋、新顔ではありませんか! ●やはり 行って見るものですね!  全国的に分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キイロエダシャクのオスが、2年ぶりに、また見つかりました。

●2021/04/04 エダシャク亜科 前翅長24mm位 ●前夜から雨が降り続き、気温は10℃前後と寒いです。 午後2時前にやっと、止んで来たので公園へ! 2年ぶりに、キイロエダシャクが寒そうに 止まっていました。 ●2年前には、広島県では初見ではと書いていましたとおり、 その後もWebでは、見つからず局地的に生息している 希産種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブラヤガのオス、と ギンモンカギバ です。

●2021/04/03 ヨトウガ亜科 前翅長20mm位。●今朝、庭のツツジ、花壇へ水撒きをしていたら、 飛び出して来ました。 ●翅模様には、胸部から鬼のような牙が垂れ下がり、 環状紋は、小さく丸い目の様で、 腎状紋は、黒く見えますが、変異が多く人面のような 個体もいます。 ●畑の野菜や、多くの植物を加害する嫌な害虫として 嫌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカスジアオリンガのオスが、見つかりました。

●2021/04/02 リンガ亜科 前翅長15mm位。●今朝もコンビニのウインドウの隅っこに! 綺麗な可愛い蛾です。今回も 新顔ではと調べて見たら 3年前にも見つけていた、   季節型のアカスジアオリンガの オスでした。 ●春型と夏型、オスとメスでも翅模様が違うので 混乱します。 ●過去5回の記事は全て、アカスジアオリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオウンモンクチバのオスが 公園の灯りに!

●2021/04/01 シタバガ亜科 前翅長 27mm位。●陽が高くなって来ると、灯りにやって来た虫達は 自然に林や森へ帰って行くので、 最近は、7時過ぎには出かけています。  今朝も日替わりで、 オオウンモンクチバが来ていました。  アヤメ科の シャガの花をバックに! ●活けている牡丹の花は、暖かくなり今日で終わり、  最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスクモエダシャク も 1週間も早いです。

●2021/03/31 シャクガ科 前翅長21mm位。●今朝は、早く目が覚めたので、7時過ぎには公園に 着いた。昨日と比べ黄砂の飛来は少なく、 3K先の宮島の山々がハッキリ見え、日差しが強い。  変異のある、怖い顔をしたウスクモエダシャク の 翅模様が綺麗に撮れた。 ●スマホで撮っていたら、一瞬見失ってしまった。 なんと 持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アシブトチズモンアオシャク も 1週間も早い出現です。

●2021/03/30 アオシャク亜科 前翅長 17mm位●草原の上空からドローンで撮影した地図のような 翅模様をしている、アシブトチズモンアオシャクが 来ていました。春と秋に出現しますが、 やはり今年は、1週間以上も早い出現です。   活けている赤いボタンの花に止まらせて見ました。 鮮やかな翅模様が良く映えてます。 ●今朝は快…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヒゲドクガのオスと リンゴドクガのオス です。

●2021/03/29  ●アカヒゲドクガのオス です。前翅長24mm位。 大きな触覚が赤い色をしているところから、 アカヒゲと言われています。 ●翅の前縁に、3段重のお餅のような模様が特長です。 ●明るい所では、翅を小刻みに震わせて、 鱗粉を振り撒きますが、毒はありません。 ●放す前に、花壇のビオラと・・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクラスズメ の 越冬明けです。公園の灯りに!

●2021/03/28 シタバガ亜科 前翅長40mm位。●昨夜からの雨が、午後3時過ぎまで降り続き、 今日は もうお休み・・・と思っていましたが 午後5時過ぎに、公園に行ったら、 フクラスズメが来ていました。 夕食後、暗くなってから撮影です。 ●越冬中、空腹かと思って、ハチミツ水をやって見たが 口吻を伸ばして吸蜜してくれません? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンムラサキクチバ 木目のような条模様の春型です。

●2021/03/27 シタバガ亜科 前翅長22mm位●午後には20℃を超す暖かい日が続いており、 公園のサクラも今朝は満開になっていました。 ●今朝見つけた、モンムラサキクチバも蛹で越冬しますが 暖かさに誘われて、早く羽化していました。 過去の春型で3回は、全て4月に入ってです。 1~3週間も早いです。 ●11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオアオシャチホコのオスが 6年ぶりに見つかりました。

●2021/03/25 シャチホコガ亜科 前翅長22mm位。●いつもの公園です、壁と天井に3匹が来ていました。 最初の1匹をケースに入れていたら、珍しく 翅をパッと開いたので、足元の苔の上で撮影です。 ●2匹目のシャチホコガは、ツバキの葉に止まらせたら 羽ばたき始めて、大きな触覚でオスです。 翅の付根周りと前縁から、外縁辺りに緑色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フタホシシロエダシャク 過去に3回も記事にしていました。

●2021/03/24 エダシャク亜科 前翅長14mm位●今回で4回目ですが、やはり今年は桜も早く咲き始め、 虫たちも、公園の花の香りに誘われて、1週間以上も 早く出現しています。 ●サクラの花の前で手乗りをしていたら、 水分補給のため、口吻を伸ばしていたので、 ビオラに止まらせると、水滴の中に口吻を! ●黄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カギモンキリガ(新顔)が見つかりました。

●2021/03/22 ヨトウガ亜科 前翅長16mm位。●蛾の写真を撮り始めて11年目ですが、 公園の灯りに来たのは初めてです。 翅の左右に鉤のように見える模様から カギモンキリガ と名前が付いたようですね! ●サクラの花が咲くころに出現するようですから、 止まらせて見ました。 ●春らしく生けている菜の花と! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンキキナミシャク 2匹の翅模様が可愛いです!

●20218/03/21 ナミシャク亜科 前翅長16mm位●今日は昼前にやっと明るくなって雨が上がったので、 公園へ行って見ると、翅模様に変異の多い モンキキナミシャクが2匹来ていました。  3月8日には、ツチイナゴの5回目の交尾と 2ショットをしていますが、目玉模様が少し違い、 面白いですね。 ●こちらは、内横線と外横線の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロスジトモエ と ヒロバトガリエダシャク です。

●2021/03/20 ●午後から雨が降り出し、明日の朝まで続く  強い雨の予報でしたので、早めに公園へ行って見たら、 大きなトモエ(巴)の目玉の模様をした シロスジトモエとヒロバドガリエダシャクが来ていました。 ●予報通り、午後には雨が降り始めました。 真っ赤なツバキに止まらせて見ました。 ★シロスジトモエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクシマフトスジエダシャクのオス です。

●2021/03/19  エダシャク亜科 前翅長20mm位●昨年は出会えませんでしたが、今年も公園に 1週間も早く、来ていました。 ●今日は、畑に植えたハナダイコン蕾の上からです。 まだ紫色は見えませんが開花が楽しみです。 ●こちらは、春菊の蕾です。 もうすぐ黄色い花を咲かせます。 ●イチゴツリーの花が、12月頃と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マエキトガリアツバのオス です。

●2021/03/18 アツバ亜科  前翅長25mm位●5年ぶりに、コンビニで見つかりました。 いつ見ても、翅の格好がいいですね!   二等辺三角形の底辺の外横線がやや不鮮明なのが オスで、メスは白い線をしています。 ★2016年3月31日はメスでした。 ●1匹では寂しいので、賑やかなお猿さんのような ビオラと! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスバシロエダシャク とツチイナゴの2ショットです。   午後にはツチイナゴのペアーを放してやりました。

●2021/03/17 シャクガ亜科 前翅長20mm位。●今朝はコンビニの、軒下に設置の青白い光の出ている 誘蛾灯付近のウインドウの真ん中に、張り付いていました。  ●このウスバシロエダシャクの識別ポイントは、 胸部とお腹の背付近にある黒い翅模様の周りに、 淡い褐色模様があります。 ●早速 ツチイナゴのメスと2ショットです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイロキリガ と ツチイナゴの 2ショットです。    

●2021/03/16 ヨトウガ亜科 前翅長16mm位●今朝はコンビニヘ2匹のチャイロキリガが 来ていました。 ウインドーの枠の隅っこへ隠れるようにいました。 外横線に白い山型の模様が特徴です。 ●早速、2匹をリンゴに止まらせると、 1匹が翅を広げて震わせながら、天井の奥へ、 ついに隠れてにげられました。 ●ツチイナゴの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギタニキリガ と ツチイナゴの2ショットです。

●2021/03/15 ヨトウガ亜科 前翅長26mm位●今朝は、コンビニの灯りに! 昨年に続いて、3回目の早春のスギタニキリガですが、 ほぼ同じ月日、3月12日、14日、15日と 忘れずに出現するのには驚きです。 ●翅模様の特徴は、 目玉の周りに、墨で丸く、イタズラをしたような、 また「北」という文字のようにも見える模様を し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マツキリガ と ツチイナゴの2ショットです。

●2021/03/14 ヨトウガ亜科 前翅長 16mm位。●成虫の出現時期は4月とありますが、 今年の広島の桜の開花と同じように、3週間以上も 早く、公園に来ていました。  初めてマツキリガと知った時には、松の葉を食べて こんなに鮮やかな翅模様になるとは驚きました。 ●今日は真っ赤なボケの花に止まらせて、 ツチイナゴのメスと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キイロトゲエダシャク(新顔)のオスと分かりました。

●2021/03/10 エダシャク亜科 前翅長23mm位。●3月7日の記事で、オカモトトゲエダシャクとして、 ツチイナゴと2ショットをしていましたが、 ★記事の最後に、ついに翅を広げてくれませんでした?      と書いていました通り、      いつもの、オカモトトゲエダシャクとは  何となく違和感を持っており、調べていましたら、  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスギヌカギバのメス と 6回目の 交尾のツチイナゴの   2ショットです。

●2021/03/12 カギバガ科 メスの前翅長20mm位●昨日夕方5時28分、ソメイヨシノ開花のニュースです。 午後3時の観察で、5輪以上の開花が確認されたことで、 ことし「広島市が全国で最も早い開花」の発表が されました。 ●今日は 昨日と打って変わり雨が降りそうな天候で、 9時過ぎの気温は13度前後、寒いです。  雨が降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオシロテンクチバ と ツチイナゴの2ショットです。

●2021/03/11 シタバガ亜科 前翅長21mm位●昨日に続いて、今日も20℃を越し暑くなりました 成虫で越冬していた、オオシロテンクチバは、 今までで一番早く、コンビニへ来ていました。  帰りに知人の畑では桃の花も満開で、ツチイナゴの お土産に貰って帰りました。 ●クチバの仲間は、陽の当たる場所を嫌い、暗い場所へ 逃げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソバキリガ と ツチイナゴ の2ショットです。

●2021/03/10 ヨトウガ亜科 前翅長20mm位。●今日は 午後には20℃を超える予報です。 公園とコンビニの狭いフィールドですが 蛾の仲間が日替わりで、見られる様になりました、 今日は公園で、ホソバキリガです。  早速 ツチイナゴと2ショットです。 キリガ(ヨトウガ亜科の仲間)は、食いしん坊でリンゴに 止まらせると陽が当たって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンキキナミシャク と ツチイナゴの 2ショットとの後 5回目の交尾を!

●2021/03/08  ナミシャク亜科 前翅長16mm位●今朝から陽が射し込み暖かくなって来たので、 何時ものコース公園には、珍しくはありませんが、 モンキキナミシャクか来ていました。 名前がモンキッキ・・・面白い名で直ぐ思い出します。  ツバキが萎れずに、仲の良いツチイナゴの2ショットです。  ●生けているボケの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キイロトゲエダシャク と ツチイナゴの2ショット です。

★オカモトトゲエダシャクとしていましたが、 3月10日、翅を開いた写真が撮れましたので、 調べて見たら、キイロトゲエダシャクと判明 しましたので、訂正いたします。3月13日 ●2021/03/07  エダシャク亜科 前翅長25mm。●今朝は風が強く、薄曇りでぱっとしませんでしたが、 春らしい気候となって来たので、いろんなガの仲間が 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロフフユエダシャクとツチイナゴ の2ショットです。

●2021/03/05 エダシャク亜科 前翅長15mm位。●昨夜から雨でしたが、8時過ぎには一時止んだので、 公園に行ったら、小さなシロフフユエダシャクがいました。 2020年を除いて2015年から毎年見つけています。 ●翅模様に変異の多い種ですが、今回の個体は横線の 波模様がハッキリしています。 フユシャクの仲間では、4月の初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トビモンオオエダシャク と ツチイナゴ の2ショットです。

●2021/03/04  オスの前翅長35mm位●今日は夕方頃から雨の予報で、週末まで ぱっとしない日が続くので憂鬱です。 昼前に、陽が照って来たので、コンビニへ行くと 大きな、トビモンオオエダシャクのオスが来ていました。  花の真ん中に花弁化した雄蕊が密集した真っ赤のツバキ に止まらせて、ツチイナゴと2ショットで遊んで見ました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more