テーマ:

ウスモンフユシャク です。

●2020/01/08  フユシャク亜科 前翅長 14mm位●2014年から毎年12月に公園の灯りに来ていましたが、 忘れずに1月8日に来てくれました。 今シーズン5種目の ウスモンフユシャクです。 ●横線がハッキリしませんが、可愛いフユシャクです。 ●よく似た、ホソウスバフユシャクもいますが 2月、3月に出現しますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミスジフユナミシャク と シロオビフユシャクです。

●2020/01/02  ●今朝は、10時前に、暖かくなって来たので、 近所の「岩鏡神社」へ初詣に行って来ました。 境内に植えてある、観賞用で神社仏閣で人気のある、 赤い実、シロダモを貰いました。 ●帰りに公園へ行って見たら、 やはり 来ていました、ナミスジフユナミシャクと シロオビフユシャクです。 ●年末から年初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初見の蛾は チャバネフユエダシャク と ハガタクチバ です。

 あけまして おめでとう ございます   ネズミ年もよろしく     おねがいします。  ●2020/01/01●チャバネフユエダシャクは、フユシャクの中でも大型で、 翅模様に変異の多い種です。 昨年の12月21日 と12月29日です。 ●今年の翅模様は、やや淡い色で、目のような濃い斑点が あります。 コナラの葉で、真紅のサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャバネフユエダシャク、シロオビフユシャク、ウスバフユシャク です。

●2019/12/29●今年の年末に、阿品公園・コンビニで見つけた、 2度目の チャバネフユエダシャク。 翅模様に変異あり。 ●3種目の シロオビフユシャクです。 ●4種目の ウスバフユシャク です。 ●翅を広げた、シロオビ と ウスバ です。 ●2種は何とか1枚の葉に止まらせること出来ましたが、 3種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスが、昼前に死んでしまいました。

●2019/12/28  ●12月1日に、森で ヒメクダマキモドキを発見し 12月4日から、ヤマトシジミとツーショットを開始、  12月27日には、14種目のナワキリガとツーショットを 予定していましたが、行方不明で探していたところ、 今朝12月28日 早朝6時55分に発見しましたが、 微かに足を動かしてリンゴを齧っていましたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナワキリガ と キバラモクメキリガ です。

★今朝は、ヒメクダマキモドキに餌をやったのですが、 撮影時になって、行方不明となり、探しています。 ツーショットが出来ず、残念です。 ●2019/12/27 ヨトウガ亜科 前翅長19mm位●今朝は小雨が降ったり止んだり、思い切って公園に 行って見たら、晩秋に出現するキリガの仲間が2種、 3匹が来ていました。 ●茶褐色の蛾を見た時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キモンカバナミシャク と ヒメクダマキモドキとツーショット。

★タイトルを、アキカバナミシャクとしていましたが、 正しくは、キモンカバナミシャク に訂正します。 下記、コメント欄にて 虎ノ助様より、ご指導頂きました。 ●2019/12/23 ナミシャク亜科 前翅長13mm位。●この種のナミシャクには、春に出現する酷似の種も多く、 ましてや、波模様も無い擦れ擦れでは、同定が困難です。 ●晩秋…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ノコメトガリキリガ と ヒメクダマキモドキ とツーショットです。。

●2019/12/23 ヨトウガ亜科 前翅長18mm位●昨夜からの雨でしたが、今朝はノコメトガリキリガが 公園の灯りに、日替わりで来ていました。 ●11月20日には、まだ元気だったキリギリスと ツーショットをしていましたが、  リンゴに止まらせると、空腹なのか無心に舐めていました。 ●越冬出来ない運命の、ノコメトガリキリガは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシオビキリガ(新顔)とヒメクダマキモドキ、エグリヅマエダシャクの幼虫と3ショットです。

●2019/12/22  ヨトウガ亜科 前翅長20mm位●今日は、朝から曇り、午後からは雨の予報です。 10時前に阿品公園へ行って見ると、 壁の隅っこに褐色の小さな蛾を見つけました。 キリガの仲間だろうと・・ケースに入れましたが、 なんと 黄色の地にゴマをふったような 綺麗な新顔のようです!  ●見たことのない、新顔となると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャバネフユエダシャク 年末に見つけた2種目のフユシャクです。

●2019/12/22 エダシャク亜科 前翅長25mm位●2014年から連続で、12月に見つけていますが、 19日、20日、21日が今年で3回、22日、 中でも2015年には12月3日と、 異常に早い年で、サトキダマキモドキとツーショットを していました。 公園で 4回、コンビニで 2回、合計 6回。 ●今年は、12月21日コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロオビフユナミシャク と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/13 ナミシャク亜科 前翅長 21mm位●阿品公園の灯りに・・。一番早いフユナミシャクだと 思っていましたが、 4年前には、12月06日に発見していました。 羽化早々で、翅に擦れもなく綺麗で、 今年は前翅長が21mm位もある、大きな個体です。 ●鮮やかな サンゴジュの葉、千両の赤い実、 こんなステージでヒメク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバラモクメキリガ と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/11 ヨトウガ亜科 前翅長25mm位●昼前に公園の灯りの下で、脚をかすかに動かしていた、 瀕死の状態のキバラモクメキリガを見つけました。 1か月前の11月12日の記事では、キリギリスが 元気で、ツーショットをしています。 ●帰りに林縁に立ち寄ると、赤い実が弾けている、 ツルウメモドキを見つけました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメエグリバの幼虫と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/11/08・11/09・12/09●11月8日に、阿品の森で18mm位の幼虫を見つけ、 元気だったキリギリスとのツーショットをしたままで、 記事にはしていませんでした。 ●11月9日、 餌のアオツヅラフジも枯れ始め、上手く飼育できるか 心配をしていましたが・・。 2012年に見つけた場所には、まだ緑の葉をつけて い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバエダシャクと、ヒメクダマキモドキの3ショットです。

●2019/12/08 エダシャク亜科 前翅長27mm位。●2014年から、連続6年目です。 一番早い年は11月16日、遅い年は12月5日で 今年は12月8日で、遅い発見の記録です。 ●2匹のオスは、阿品公園のカエデを棲み処として 定着しています。 ●手乗りをお願いしても、体温を感じて天敵と思うのか、 拒否、カランコエの葉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘーネアオハガタヨトウ(新顔) と  ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/07  ヨトウガ亜科  前翅長15mm位●今朝は、コンビニの壁に、一見して新顔と分かる、 翅に白い腎状紋の目立つ蛾が見つかりました。   いつもお世話になっている四国産蛾類図鑑にも  これだと言う写真も見つからず、同定に苦労しましたが 「ヘーネアオハガタヨトウ」と判明しました。  今年32種目、通算で631種目となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナカオビアキナミシャクが公園の灯りに!

●2019/12/06 ナミシャク亜科 前翅長17mm位●今朝8時前には4℃、11時でも 6℃と 今までで一番寒い気温です。 ナカオビアキナミシャクには、アキがついていますが 12月上旬から1月上旬頃の寒い時期にも見つけています。 イチゴツリーの実にハチミツをつけて ご馳走してやりました。 ●口吻を伸ばして、美味しそうに舐めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンゴドクガの終齢幼虫が 山地のバラの枝に!!

●2019/11/29 ドクガ科 終齢幼虫30mm位 ●今日は、全国的に寒くなると言っていましたが、 10時前には良い天気になったので、山地200m、 海の見える杜の美術館の花壇へ行って見ました。 ホソバヒイラギナンテンの花は残り少なくなって いましたが、すぐ近くのバラの枝に、黄色い幼虫、 リンゴドクガの終齢幼虫を見つけました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャドクガ、チャエダシャク、そして アケビコノハです。

●2019/11/27 ●公園では、まだチャドクガのオスが見つかり驚きました。 10月頃から出現し多い時には10数匹が灯りに来て いましたが、まだ生き延びているんですね。  オスの翅は焦げ褐色、擦れるとメスのようにも見えますが、 触覚が櫛髭状をしています。6月と10月 年2化です。 出の文字と黒い点々 には要注意です。    ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニトベエダシャク2匹とキリギリスのツーショット142種目です。

●2019/11/26 エダシャク亜科 前翅長17mm位。●ニトベエダシャクさんとは、2014年から6年連続で 阿品公園の灯りで見つけて、記事にしています。 幼虫は2019年5月にタイワンフウの葉で初めて見つけ ました。マンサク科のアメリカフウ、タイワンフウが 沢山植えてあるから、ここに定着しています。  帰りに、阿品の森の、紅葉した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスヨトウとキリギリスのツーショット141種目です。

●2019/11/25  ヨトウガ亜科  前翅長21mm。●今朝は、コンビニ、擦れ擦れの蛾が来ていました。 翅は、薄褐色で模様がなく、環状紋、腎状紋の 痕跡すら見当たりません。 一体何者なのか?  姿形からヨトウガの仲間とは見当が、付いたのですが、 同定となるポイントが見つからず、 ●赤いイチゴツリーの実、アオツヅラフジ実にハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノコメトガリキリガとキリギリスのツーショット136種目です。

●2019/11/20 ヨトウガ亜科 前翅長17mm位。●昨日は、コンビニで、仲間のウスキトガリキリガの写真を 撮った後、夕方にはいつものように放していますが、 今朝は、公園でノコメトガリキリガ が見つかりました。 一緒に撮れなくて残念です。  内横線と外横線が赤く斜めに入っています。   良く見ると、環状紋、腎状紋も赤く縁どられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスキトガリキリガとキリギリスのツーショット135種目です。

●2019/11/19  ヨトウガ亜科 前翅長17mm位●5年ぶりに、今朝もコンビニにやって来ていました。 前翅の内横線と外横線が、斜めに入っており、 外縁がギザギザの形が特徴の、ウスキトガリキリガです。  早速 日光浴をしているキリギリスと135種目の ツーショットです。 ●赤く紅葉していた彼岸桜の葉に止まらせて近づけても 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャエダシャクとキリギリスのツーショット133種目です。

●2019/11/16 エダシャク亜科 前翅長22mm位●今回で8回目の記事になりますが、 晩秋頃に出現する年1化のエダシャクです。  7回は公園の灯りで、すべてオスでした。 1回は2014/11/23宮島SAの近くのコナラの幹に 張り付いていたのが、大きなお腹をしたメスでした。   ●今日のチャエダシャクは133種目のツー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キバラモクメキリガとキリギリスのツーショット129種目です。

●2019/11/12 ヨトウガ亜科 前翅長 25mm位。●今回を含めて、成虫は、公園の灯りで3回目、 他には、自宅のランタナの花と干し柿の2回、 計5回目です。  最初の縁は、庭に植えていたヤマホロシの葉を 食べていた幼虫を見つけ飼育したことです。 意外に身近にも生息しているようです。 ●5月~6月頃に幼虫が育ち、晩秋に成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モクメクチバとキリギリスのツーショット128種目です。

●2019/11/11  シタバガ亜科 前翅長 21mm位●公園の灯りに来ていました。 このモクメクチバは、5回目になりますが、 2014/11/28、2017/11/09、2019/01/04 2019/02/26 と越冬中に見つけています。  6月頃に羽化して、翌年の春まで活動せずに越冬する とありましたが、ナシやリンゴの果汁を与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオシマカラスヨトウとキリギリスのツーショット127種目です。

●2019/11/10 カラスヨトウ亜科 前翅長28mm位●10月5日には、ナンカイカラスヨトウを記事に しています。翅が可なり擦れていましたが、 この オオシマカラスヨトウには、 前翅の中央に白い斑紋、その真ん中に黒い斑点があります。 ●複眼の間に、上に反り上がった下唇髭が、その下に 丸まった口吻が収まっています。 横腹には、白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケンモンミドリキリガ、キリギリスと125種目のツーショットです。

●2019/11/07 モクメキリガ亜科 オス前翅長20mm位●今までの3回は公園の灯りに来ていましたが、 初めてコンビニの灯りに来ていました。 みんな櫛状の触覚をしたオスばかりです。 翅の表面は、緑色で苔のように擬態をしています。 ●カランコエの葉で日光浴をしている、キリギリスと 125種目のツーショットです。 どんな虫にも、興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンカイカラスヨトウとキリギリスのツーショット124種目です。

●2019/11/05  カラスヨトウ亜科 前翅長30mm位。 ●今までに 当地では4種のカラスヨトウを見つけて 記事にしていますが、陽の当たる場所では、すぐに隠れたり 果汁などで誘っても、応じてくれず大変でした。 太い枝に、やっと止まってくれました。 ●キリギリスの触覚が触れないように、枝に止まらせた まま、後ろからなんとか12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オウトウウスグロクチバとキリギリスとツーショット123種目です。

●2019/11/03・11/04 シタバガ科 前翅長 20mm位●初めて見つけたのは、8年前で庭のランタナで、 吸蜜をしていた時以来です。  今回は、コンビニに2日続けて、童話に出てような 可愛い顔をした蛾が来ていました。 手乗りすると翅を広げ、柿の果汁を無心に舐め始 めました。 ●リンゴの果汁からも離れませんので、キリギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメヤママユとキリギリスとのツーショット122種目です。

●2019/11/04  ヤママユガ科 オスの前翅長40mm位。●今朝はゴミ収集の日で、6時30分過ぎにステーションへ、 そのままコンビニへ行って見たら、入口近くの地面へ 降りて止まっていました。 もう少し遅ければ、踏まれていたかも知れません。 ●コンビニでは、2016/10/29に続いて2度目の出会い 前回は片方の後翅がなくなっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more