テーマ:昆虫

チョウセンカマキリは産卵後も元気ですよ。

●2020/01/15→01/21 まで ●1月15日です。 庭のイチゴツリーの花に、いつもハエがやって来るので、 陽が照って来ると網を持って、待ち構えています。 産卵後でもあり、何とか捕まえてやることが出来ました。 ●大きなクロバエを美味しそうに、一気に平らげます。 鏡に映して遊んで見ました。 ●1月17日です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウセンカマキリが 2回目の産卵を始めていました。

●2020/01/13 カマキリ科 メスの体長 70mm位●昨日は、午後3時過ぎに、大きなカマドウマを平らげ、 この調子なら 2回目の産卵があるかも・・・と 予想したとおりです。  午前中には、ミルワームを見せても見向きもしないので、 お腹が一杯な様子なのかなぁぁ・・と。  12時30分頃に、覗いたら 姿がありません? 部屋中探して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウセンカマキリが カマドウマの幼虫を平らげました。

●2020/01/11 → 01/12  カマキリ科●今朝は、寒くハエは飛んでないので、 昼前にミルワームをやって見たら、 直ぐに食べ始めました。 ●1匹目を食べている最中に、2匹目をやると、 なんと二刀流で、2匹も完食しました。 これで 何とか安心です。 自然では、天候によっては毎日餌には、あり付けません。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウセンカマキリの越冬飼育は、初めてです。

●2020/01/08~01/10●昨年の12月18日に見つけた時には、越冬飼育は、 餌の確保など大変で、飼育を止めて庭のイチゴツリーに 放していたら、1月6日に見つかり、翌日は大雨の予報で 可愛そうなので、家に入れて飼育することにしました。 ●1月8日です。 9時過ぎです。 天候が悪く、ハエやアブも見つからず、 鳥の ささ身を薄く削…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウスモンフユシャク です。

●2020/01/08  フユシャク亜科 前翅長 14mm位●2014年から毎年12月に公園の灯りに来ていましたが、 忘れずに1月8日に来てくれました。 今シーズン5種目の ウスモンフユシャクです。 ●横線がハッキリしませんが、可愛いフユシャクです。 ●よく似た、ホソウスバフユシャクもいますが 2月、3月に出現しますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウセンカマキリのメスが、年を越して元気です。

●2020/01/06●今朝は陽も照らず、一段と冷えて寒いです。 庭のイチゴツリーの花房を剪定していたら、 なんと チョウセンカマキリが 見つかりました。 ●12月20日には、ハエを食べており、 あれから17日目です。 気温が低い夜には、0℃にもなったこともありますが、 餌を食べたのでしょうか? 意外に元気です。 足元のネリネ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナミスジフユナミシャク と シロオビフユシャクです。

●2020/01/02  ●今朝は、10時前に、暖かくなって来たので、 近所の「岩鏡神社」へ初詣に行って来ました。 境内に植えてある、観賞用で神社仏閣で人気のある、 赤い実、シロダモを貰いました。 ●帰りに公園へ行って見たら、 やはり 来ていました、ナミスジフユナミシャクと シロオビフユシャクです。 ●年末から年初の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初見の蛾は チャバネフユエダシャク と ハガタクチバ です。

 あけまして おめでとう ございます   ネズミ年もよろしく     おねがいします。  ●2020/01/01●チャバネフユエダシャクは、フユシャクの中でも大型で、 翅模様に変異の多い種です。 昨年の12月21日 と12月29日です。 ●今年の翅模様は、やや淡い色で、目のような濃い斑点が あります。 コナラの葉で、真紅のサ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒドリガモのペアーが、イネ科の草を食べていました。

●2019/12/27  カモ科 マガモ属●12月25日には、マガモがいた御手洗川の上流です。  ほぼ同じ場所ですが、  今日は、ヒドリガモ数組のペアーが来ていました。  浅瀬で水浴びをしていたペアーです。  頭の黒いのがメスで、白いのがオスです。 ●草が生えている、盛り上がった場所では別のペアーが、 若い葉を嘴で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャバネフユエダシャク、シロオビフユシャク、ウスバフユシャク です。

●2019/12/29●今年の年末に、阿品公園・コンビニで見つけた、 2度目の チャバネフユエダシャク。 翅模様に変異あり。 ●3種目の シロオビフユシャクです。 ●4種目の ウスバフユシャク です。 ●翅を広げた、シロオビ と ウスバ です。 ●2種は何とか1枚の葉に止まらせること出来ましたが、 3種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスが、昼前に死んでしまいました。

●2019/12/28  ●12月1日に、森で ヒメクダマキモドキを発見し 12月4日から、ヤマトシジミとツーショットを開始、  12月27日には、14種目のナワキリガとツーショットを 予定していましたが、行方不明で探していたところ、 今朝12月28日 早朝6時55分に発見しましたが、 微かに足を動かしてリンゴを齧っていましたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナワキリガ と キバラモクメキリガ です。

★今朝は、ヒメクダマキモドキに餌をやったのですが、 撮影時になって、行方不明となり、探しています。 ツーショットが出来ず、残念です。 ●2019/12/27 ヨトウガ亜科 前翅長19mm位●今朝は小雨が降ったり止んだり、思い切って公園に 行って見たら、晩秋に出現するキリガの仲間が2種、 3匹が来ていました。 ●茶褐色の蛾を見た時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭の良いコサギが マガモを利用して餌を捕っていました。

●201912/25●友人の畑の傍を流れる御手洗川です。 10時前に、川の土手を歩いていたら、 マガモ数匹が、盛んに餌を捕っていたので、 ハンディカムで撮って見ました。  頭部が緑色のオスが6羽、メスが2羽、近くにコサギが。 ●マガモのメスがやっと顔を見せてくれました。 ●浅瀬でオスが、空色の翅を見せてくれまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キモンカバナミシャク と ヒメクダマキモドキとツーショット。

★タイトルを、アキカバナミシャクとしていましたが、 正しくは、キモンカバナミシャク に訂正します。 下記、コメント欄にて 虎ノ助様より、ご指導頂きました。 ●2019/12/23 ナミシャク亜科 前翅長13mm位。●この種のナミシャクには、春に出現する酷似の種も多く、 ましてや、波模様も無い擦れ擦れでは、同定が困難です。 ●晩秋…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

ノコメトガリキリガ と ヒメクダマキモドキ とツーショットです。。

●2019/12/23 ヨトウガ亜科 前翅長18mm位●昨夜からの雨でしたが、今朝はノコメトガリキリガが 公園の灯りに、日替わりで来ていました。 ●11月20日には、まだ元気だったキリギリスと ツーショットをしていましたが、  リンゴに止まらせると、空腹なのか無心に舐めていました。 ●越冬出来ない運命の、ノコメトガリキリガは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシオビキリガ(新顔)とヒメクダマキモドキ、エグリヅマエダシャクの幼虫と3ショットです。

●2019/12/22  ヨトウガ亜科 前翅長20mm位●今日は、朝から曇り、午後からは雨の予報です。 10時前に阿品公園へ行って見ると、 壁の隅っこに褐色の小さな蛾を見つけました。 キリガの仲間だろうと・・ケースに入れましたが、 なんと 黄色の地にゴマをふったような 綺麗な新顔のようです!  ●見たことのない、新顔となると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャバネフユエダシャク 年末に見つけた2種目のフユシャクです。

●2019/12/22 エダシャク亜科 前翅長25mm位●2014年から連続で、12月に見つけていますが、 19日、20日、21日が今年で3回、22日、 中でも2015年には12月3日と、 異常に早い年で、サトキダマキモドキとツーショットを していました。 公園で 4回、コンビニで 2回、合計 6回。 ●今年は、12月21日コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウセンカマキリがハエを捕まえていました。

●2019/12/20  カマキリ科 メスの体長 70mm位●12月18日に、産卵後のチョウセンカマキリを 見つけて記事にしていますが、  ヒメクダマキモドキと一緒には飼えないし、 生きたハエやアブなどの餌が大変だから、 花が咲いている、庭のイチゴツリーに放していました。  昼前です、陽が照って暖かくなって来たので どこにいるか、探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨモギハムシ と ナナホシテントウです。

●2019/12/19  ハムシ科 体長7~8mm位●6月にヒナバッタを放した、イネ科の草が生えている 近所の空地です。日当たりもよくヨモギが茂って いたので覗いて見たら、 この時期に、まだ数組のヨモギハムシのペアーが 見つかりました。 触るとポロッット転げ落ち.るので、網を受けて 数匹ゲット、ナナホシテントウも入っていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウセンカマキリと、ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/18 カマキリ科 メスの体長70mm位●この時期に、我が家の裏、空き家の庭石の上で カマキリを見つけました、写真に撮った後、 網で突いていたら下に落下、探していたら その石の苔むした場所に、卵鞘が!! 色形から、チョウセンカマキリの卵鞘です。 ここで、産卵をしていたようです。 ●庭の、ネリネの花の前です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミのメス です。 12月に撮ったの初めてです。

●2019/12/16  シジミチョウ科  前翅長15mm位●ミツバチ を飼っている友人の畑です。 この時期に、初めてベニシジミを見つけました。 3月頃から出現し、11月頃までに 3~5化し、 遅くまで頑張っていました。 晩秋に孵化した幼虫が、越冬するようです。 ●季節型の蝶で、春型は鮮やかな紅色で、 夏型は紅色が少なく黒っぽ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトクサカゲロウ と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/15 クサカゲロウ科 体長10mm位●毎年、阿品公園の灯りには数匹が来ていますが、 記事にするのは5年ぶりです。 日光浴をしている、ヒメクダマキモドキの目の前で ツーショットをして見ました。 ●陽が当たるのを嫌い、すぐに飛び立つので、 リンゴを舐めている僅かの時間です。 ●淡い緑色で背中に黄色い条がある、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハラクロコモリグモのオスが 玄関の中で見つかりました。

●2019/12/14 コモリグモ科 体長10mm位●12月11日の朝、出かける前に玄関で靴を履いて いた時です、ゴミくずの塊ではと、手で拾ったら なんと なんと 動き出したのです。 こんなところになぜ? ハエトリグモ ? その日は、キバラモクメキリガ が撮影後に、 死んでしまったので、餌になればと虫ケースに 入れていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロオビフユナミシャク と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/13 ナミシャク亜科 前翅長 21mm位●阿品公園の灯りに・・。一番早いフユナミシャクだと 思っていましたが、 4年前には、12月06日に発見していました。 羽化早々で、翅に擦れもなく綺麗で、 今年は前翅長が21mm位もある、大きな個体です。 ●鮮やかな サンゴジュの葉、千両の赤い実、 こんなステージでヒメク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカマキリのメスが、ミツバチの空の巣箱の上で!

●2019/12/12●西洋ミツバチの空の巣箱の上に、 オオカマキリのメスが、 この時期になると夜中には2~3℃にもなるのに まだ 頑張っていました。友人の畑です。  お腹はペッシャンコ、可なり空腹のようです。 近くのミカンの木で、まだ巣を張っていた ジョロウグモを近づけたら、すぐに鎌を振りあげて 食べ始めました。 ●今日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバラモクメキリガ と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/11 ヨトウガ亜科 前翅長25mm位●昼前に公園の灯りの下で、脚をかすかに動かしていた、 瀕死の状態のキバラモクメキリガを見つけました。 1か月前の11月12日の記事では、キリギリスが 元気で、ツーショットをしています。 ●帰りに林縁に立ち寄ると、赤い実が弾けている、 ツルウメモドキを見つけました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメエグリバの幼虫と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/11/08・11/09・12/09●11月8日に、阿品の森で18mm位の幼虫を見つけ、 元気だったキリギリスとのツーショットをしたままで、 記事にはしていませんでした。 ●11月9日、 餌のアオツヅラフジも枯れ始め、上手く飼育できるか 心配をしていましたが・・。 2012年に見つけた場所には、まだ緑の葉をつけて い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カバエダシャクと、ヒメクダマキモドキの3ショットです。

●2019/12/08 エダシャク亜科 前翅長27mm位。●2014年から、連続6年目です。 一番早い年は11月16日、遅い年は12月5日で 今年は12月8日で、遅い発見の記録です。 ●2匹のオスは、阿品公園のカエデを棲み処として 定着しています。 ●手乗りをお願いしても、体温を感じて天敵と思うのか、 拒否、カランコエの葉に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘーネアオハガタヨトウ(新顔) と  ヒメクダマキモドキのツーショットです。

●2019/12/07  ヨトウガ亜科  前翅長15mm位●今朝は、コンビニの壁に、一見して新顔と分かる、 翅に白い腎状紋の目立つ蛾が見つかりました。   いつもお世話になっている四国産蛾類図鑑にも  これだと言う写真も見つからず、同定に苦労しましたが 「ヘーネアオハガタヨトウ」と判明しました。  今年32種目、通算で631種目となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナカオビアキナミシャクが公園の灯りに!

●2019/12/06 ナミシャク亜科 前翅長17mm位●今朝8時前には4℃、11時でも 6℃と 今までで一番寒い気温です。 ナカオビアキナミシャクには、アキがついていますが 12月上旬から1月上旬頃の寒い時期にも見つけています。 イチゴツリーの実にハチミツをつけて ご馳走してやりました。 ●口吻を伸ばして、美味しそうに舐めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more