テーマ:コオニヤンマ

コオニヤンマ と オニヤンマ オスを 並べて見ました。

★久しぶりに、廿日市市にある、妹背の滝の上流へ 行って見ました。  川原の中州へ着くと、砂地に大きなコオニヤンマが 翅を伏せて止まったり、飛び上がったりして虫を 捕っていました。   近づけは逃げるので網で捕獲しました。帰りには、 山陽高速道の側道でオニヤンマをゲットしました。  バックの濃いピンクの花は、ムクゲの花です。  ★…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コオニヤンマのオスです。 捕まえたのは 4年ぶりです。

●2016/08/17  サナエトンボ科  体長 80mm位 ●阿品の森の池です。水際に、切り倒したツバキの木で、 土手を作っている場所です。 大きな緑色の目玉、コオニヤンマのオスがメスを 待っているようでした。 ★7月9日に見つけた羽化殻は、メスでしたが、 羽化した個体が、成熟して舞い戻ったのかも知れませんね。 ●こんな、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コオニヤンマの羽化殻を、初めて見つけました。

●2016/07/09  サナエトンボ科  抜け殻大きさ40mm位 ●昨夜は激しい雨でしたので、今日は昼から阿品の森へ 行って見ました。  必ず立ち寄る池の周りを、探していたら見たことのない 黒く平べったいトンボの羽化殻を見つけました。 ●メジャーを当てると 40mm位もあります。 ●この池では、クロスジギンヤンマ、ヤブヤン…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

コオニヤンマ(小鬼蜻蜒)オニヤンマとよく似ています。

●2013/07/10  サナエトンボ科  体長 85mm位●昨年は、廿日市市にある「妹背の滝」の上流で 渓流沿い草の葉や、盛り上がった小高い砂場などで 見つけましたが、「阿品の森」では、日の当たった ツバキの幹に止まっていました。  ●近づいても逃げません、緑の複眼を見ると 「オニヤンマ」のようです。 頭を左右に動かし、おかしな…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

コオニヤンマ(小鬼蜻蜒)

●2012/08/06  サナエトンボ科  体長85mm位●久しぶりに、廿日市市にある「妹背の滝」の 上流に行って見つけました。 昨日投稿のつづきです。 ●二匹目は「コオニヤンマ」です。 名前から小型のオニヤンマだと思っていましたが、 ヤンマ科でもオニヤンマ科でもない、 なんと サナエトンボ科と分類されていました。  そう言えば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more