テーマ:ヒメクダマキモドキ

ヒメクダマキモドキ と ヘーネアオハガタヨトウ の  2ショットです。

●2020/12/14 ●今朝もPCのてっぺんで、リンゴ、パイナップル、ブドウの 朝食です。ブドウも好物のようです。 ●暖かい部屋では、食後の散歩場所は、 いつも 高いカーテンレールです。 ●昼前に、阿品公園に行くと、ヘーネアオハガタヨトウが! 昨年は、12月7日の新顔で、名前にドイツ人の名前が ついていました。 早速、ヒメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキ と ツヤアオカメムシ と 2ショット!

●2020/12/13   ●今朝8時30分の気温、7℃で晴れのマークですが、 陽が照らずに寒いです。 PCのてっぺんに爪楊枝でイチゴ、リンゴを刺して 朝食です。 後ろから見ると、翅が大きく、サトクダマキモドキのように 見えますが。産卵管を見ると、ヒメとわかります。 ●イチゴよりも、リンゴの方を好んで食べます。 ●ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキとナカオビアキナミシャク、カバエダシャクの 3ショットです。

●2020/12/12 ●今日は、阿品公園の灯りに、2種3 匹の蛾が来ていました、 最初は、今年の12月1日にも見つけていた、 ナカオビアキナミシャクと 2ショットです。 ブドウに止まらせて見たら、翅を閉じて盛んに 果汁を舐めていました。 赤い実は、イチゴツリーの実、この時期が食べごろです。 ★2020/12/01 ナカオ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスが.生還し、昼前には、ムラサキシジミと2ショットまでに!

●2020/12/11 ●昨日見つけた時には、瀕死の状態でしたが、 PCの上で介抱をしていたら、18時前には微かに 脚を、触覚を、お腹も上下に動かし始めました。 触肢を動かしてハチミツ水も舐めるまで回復を!  今朝6時55分です。イチゴ、リンゴの果汁も 美味しそうに舐め、6時58分には、動き回っています。 ●PC横の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスが、瀕死の状態で見つかりました。

●2020/12/10 キリギリス科 メスの体長30mm位。●昨日の記事で、この時期ヒメクダマキモドキが全く 見られないと書いたばかりです。 今朝、阿品の森の小屋に立て掛けている青竹に、 1匹だけが、固まった状態で止まっていました。  昨夜は 0℃の予報でしたので、餌摂ったり、 産卵活動は、もう無理のようですね。 ●メジャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのオス が見つかりました。

●2020/08/28 キリギリス科 前翅長 23mm位●8月27日に、ヤマクダマキモドキを 記事にして、比較写真を掲載したばかりでした。  阿品公園の灯りに来ていました、 近くのアメリカフウの苔むした幹に止まらせ、 背の黄色い条、ヒメクダマキモドキを確認しました。 ●一緒に来ていた、緑が綺麗なコガネムシ2匹を ツバキの幹に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスが、森の竹柵に止まっていました。

●2019/12/01  キリギリス科 体長22mm位●阿品の森も夜間には、4℃位にもなると言うのに、 陽の当たらない竹柵に止まっていました。  過去で発見した一番遅い年を調べて見たら、 2017年には、産卵に集まっていたのか、12月8日に オス・メス数匹が梅の木に集まっていました。  ●陽の当たる 柿の木の近くで撮って見ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキ が マユミの葉に隠れていました。

●2017/12/05 → 12/08●12月5日に、阿品の森へ行く途中、朝から陽が当たる、 マユミの木に立ち寄って見たら、 なんと、丸まった葉に挟まるように隠れていました。 マユミは葉が落ちないので、寒さが凌げたのでしょうか?  部屋は、20℃近くもあり、リンゴを美味しそうに  食べていました。 後脚も揃っており、鎌のように曲がった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキが ウメの幹に2匹、足元に3匹も見つかりました。

★10月21日・23日頃には、クワの葉に集まって いましたが、今日は4~5m離れた、ウメの幹に集まって いました。 ●2017/11/27  キリギリス科 ●膝位の高さに、オスが片脚でぶら下がり、 胸位の高さには、メスが見つかりました。 ●上にいたのはメスで。 ●下にいたのはお腹が大きなオスでした。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスが まだイチョウの葉に止まっていました。

●2017/11/23 キリギリス科        ♀の体長30、翅先まで42mm位。●阿品公園で、オオキノメイガを見つけた帰りに、 阿品の森のイチョウの葉で、ヒメクダマキモドキのメスを 見つけました。 こんなに寒い日が続くのに産卵は 出来たのでしょうか?  部屋に入れると、赤いマンデビラの花びらを盛んに 食べ始めたので、暫く飼ってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスの終齢幼虫と、成虫はみんなオスでした。

●2017/10/09 終齢幼虫の体長15mm               産卵管まで 25mm。●阿品の森のアジサイの葉で、産卵管が伸びた  ヒメクダマキモドキ の終齢幼虫を見つけました。  この日は、直前に褐色型のクダマキモドキを見つけた ので、すっかり投稿を忘れていました。 ★昨年の7月24日にはヒメクダマキモドキの若…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキの♂ と キタテハ と キリギリスです。

●2017/08/29●昨日のヤマとサトを阿品の森へ放した後、 久しぶりに ミツバチを飼っている、知人の畑です。 広い畑には、ウメの木、クリの木、近くの川の土手には 桜の並木があります。 クリの葉で、ヒメクダマキモドキ を見つけました。  足元にあった、赤いホウズキを貰って帰りました。 ●頭胸部背から翅先まで、黄色い条が走ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのオスが、アカメガシワの幹に  止まって いました。

●2016/11/25  ♂の体長23・翅先まで40mm位●阿品の森の、アカメガシワ幹にオスが止まっていました。 9月頃から産卵を始めますが、もう交尾、産卵は 終わっているのでしょうか? ●右の後ろ脚が取れており、メスが近くにいないか、 幹の周りを探して見ましたが、日陰で寂しそうに、 1匹だけでした。 ●オスのお尻で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキのメスです。 鎌のような産卵管をしています。 

●2016/08/26 キリギリス科      メスの体長30mm位、翅先まで42mm位●公園の灯りに来ていた、ヒメクダマキモドキのメスです。 7月24日には、まだ 柿の種のような幼虫でした。 ●オスかメスか確認するために、ライトで透かして見たら、 薄らと翅の下に鎌のように曲がった産卵管が見えました。 ●その時です。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキの若齢幼虫、 柿の種のような緑のボディーをしています。

●2016/07/24 キリギリス科 若齢幼虫の体長 7mm位●アジサイの葉で、面白い格好をしたバッタの幼虫を  初めて見つけました。 翅はまだ無く、半円形の緑のボディーに長い脚が 目立ちました。 ●カメラのレンズが 近づくと緊張するんでしょうか いきなり ポトリ ・・・・ と ●キリギリス科の何かの若齢幼虫とは見当が付きま…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキ の メス を初めて見つけました。

●2015/09/26    キリギリス科 ●昨年の10月30日に、「阿品の森」で初めて ヒメクダマキモドキを発見していたので、今日は直ぐに、 ヒメと判りました。 ●しかも、初めて見る、産卵管の大きなメスです。 ヤマともサトとも、違う形で、緑色で細長い鎌状を しています。 ●ヒメには、触角の間から胸部背にある、 「頭胸部…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ヒメクダマキモドキ のオス が 柿の葉に止まっていました。

●2014/10/30 キリギリス科  体長翅先まで45mm位●「阿品の森」の原っぱに植えてある柿の葉が赤く 色づいていたので、綺麗な葉を探していた時です。 こんな所に まさかと思いましたが、 「ヒメクダマキモドキ」を見つけました。 ●朝夕 だいぶ寒くなって来たので、木から木へ 飛んで逃げる敏捷性はなくなり、すんなりと手乗りを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more