廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤママユガ(天蚕)    まだ繭の中の蛹は 生きていました。

<<   作成日時 : 2013/10/06 22:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

6月16日から ヤママユの飼育を始め7月7日には
    繭作りを始めて、丁度 3か月になりました。

2013/10/06 ヤママユガ科  開張120150mm
みなさん お待たせしました、ヤママユがやっと羽化しました?
   と・・ご報告をするのを 楽しみにしていましたが、
   6個の繭は、今もカメムシ飼育ケースの横にぶら下がっています。

   普通なら 8月下旬から 9月にかけて羽化をするはずですが
   もう10月 6日です。
   心配になり、広島の「ヤママユ同好会」世話人の小田さんに
   お聞きしたら、今年は夏に猛暑が続いたため、羽化が遅れている
   とのことです。
   
   の中の蛹が生きていれば、これからでも羽化すると
   教えて頂き少し安心しました。 まだ期待が持てます
画像


教えて頂いた通り、の表面をカッターで、傷つけないように
   切り開いて見ました。 開いても羽化するようです。
   最初の蛹は35mm位のメスです。
   少し小さい蛹は30mm位でオスです。
   を作った日付は、7月6日、丁度3か月前でした。
画像

画像

画像


手のひらに乗せて見ました、お腹を「クネックネッ」と
   動かしています。この感触嬉しかったです、まだ生きています。
画像

画像

画像


このようにしておくと繭の出口溶かす無駄なエネルギー
   使わずに、楽に羽化をするとのことです。
   世話人の方も、このようにして手助けをしているそうです。
   開張150mm位ヤママユ 早く会って見たいです。
画像

画像

             ★★ もう少しお待ちください。★★

2013/06/16→20 ヤママユの幼虫発見しました。
http://s2014no64.at.webry.info/201306/article_20.html

2013/07/03 ヤママユ やっと繭作りを始めました。
http://s2014no64.at.webry.info/201307/article_5.html

「山繭の里」広島市可部地区「ヤママユ同好会」のサイトです。
http://www.ubazakura.net/mayu.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
蛹が意外に小さいと思いました。この中にあの体と大きな翅がぎっしり詰まっているのですね。
エフ・エム
2013/10/07 09:19
エフ・エム さん
早速見て頂き有難うございます。
クスサンの蛹と比べようと調べましたが
大きさの載っているサイト意外にありません
でした。クスサンも開張150mm位にもなる
個体もいるようですね。ヤママユガの仲間は
口が退化して羽化後交尾・産卵、1週間もす
ると寿命のようですね。と思えば可愛そうな
気もします。今、ヒメヤママユ・エゾヨツメ
の蛹も眠っています。
ツユヒメ
2013/10/07 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤママユガ(天蚕)    まだ繭の中の蛹は 生きていました。  廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる