廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS カレハガの終齢幼虫です。  2匹目も繭作りを始めました。

<<   作成日時 : 2014/03/13 13:50   >>

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 ★★前回の記事は、2月28日3月1日
    1匹目が繭作りを始めたのは、2月28日でした。
    
2014/03/0703/13    
3月に入ってから、梅の花と、サクランボの花と寒緋桜の蕾を
   与えて見たら、寒緋桜が一番のお気に入りです。
   今日も測って見たら、90mmにもなっていました。
画像


2匹目の幼虫は、1匹目の幼虫と比べ大きいので
   やはりメスに間違いありません。(2011年と同じ大きさ)
   小さな、「ウシカメムシ」 2匹と見比べてください。
   象の鼻のような色をして、デッカイです。
画像


2014/03/09
90mmを超えると、終齢幼虫で繭作りを始めてもおかしくありません。
   手乗りをして見ると、大きな腹肢尾肢が吸いつくような感触です。
画像


お腹の方は、綺麗な豹柄の裏地模様がついていました。
   自然は、こんな所にも気を使って、いるんですね。
画像



2014/03/12
今朝8時54分です。 ついに、繭を作り始めました。
   挿している寒緋桜の枝と、瓶の金網に糸を張って、盛んに
   透けた繭の中で、幼虫が動いていました。
   もうここまで進んでいると、移してやることも出来ません。
画像

画像


上の方が頭で、顔の周りにあった長い毛が見えています。
画像

画像


2月28日の繭と、一緒に撮って見ました。
   繭を触ると、中の蛹がクネクネと動き、元気そうです。
   あれから12日も経過しています。 羽化の予想が外れました。
画像


2014/03/13
今朝8時13分に見たら、もう繭の中の幼虫は見えません。
   何回も糸を紡いで、布のように厚くなっています。
   気温や風雨天敵のヨコヅナサシガメ等からも身を守っています。
画像

画像



今回は部屋での飼育で暖かく、餌も豊富にあり、
   梅・杏子・サクランボ・啓翁桜・寒緋桜の蕾や花をたっぷりと
   食べて育ったので、栄養価が高く
   早く成長したのだと思います。
   それにしても、4か月も早いとは、信じられません。

   2匹の蛹が一緒に羽化すればオスメス
   良いのです!!


2011年夏の飼育では、7月5日終齢幼虫から飼育しましたが、
    ここまでには、若齢幼虫越冬し、春先になって葉っぱを食べて
    成長するので、繭作りは 7月6日、羽化は7月17日でした。
   
    2011年の最初の飼育プログをご覧ください。


2014/02/28  1匹目カレハガの繭作りです。
http://s2014no64.at.webry.info/201403/article_1.html


2011/07/06 カレハガの繭作りです。
http://s2014no64.at.webry.info/201107/article_12.html

2011/07/17 カレハガの羽化です。   
http://s2014no64.at.webry.info/201107/article_31.html


★★過去のカレハガの飼育 全ての記事です。★★
http://s2014no64.at.webry.info/theme/ec5fbf60b5.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カレハガの終齢幼虫です。  2匹目も繭作りを始めました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる