廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS オオタコゾウムシを、 ヒメジョオンの花で見つけました。

<<   作成日時 : 2016/06/09 12:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/08     ゾウムシ科    体長 8mm位
久しぶりに、ミツバチを養蜂している友人の畑に行って見ました。
   ヒメジョオン や シロツメクサが咲き乱れており、  
   あちこちでも虫たちが、吸蜜したり飛び交っていました。

画像


最初に見つけたのは、ヒメジョオンの花で初めて見る小さなゾウムシです。
   近くには、ホソヘリカメムシ も来ていました。

画像


これと言った特徴がないので、いろんな角度から撮って見ました。
   5〜6mm位で、像のような長い鼻でもなく
   胸部背に白い筋、翅にはこげ茶の数本の筋模様

画像


足もとに咲いている、アカツメクサです。

画像


白い花は、鬼灯の花です。

画像


紫色の可愛い花は、キキョウソウと分かりました。

画像


良く見かける、オレンジ色はポピー、ナガミヒナゲシ です。

画像


昼間に咲いているのは、ヒルザキツキミソウ です。

画像


姿形、筋模様から、やっと オオタコゾウムシ と突き止めました。
   外来種で、シロツメクサ(マメ科)の害虫のようです。
   のツメクサ(クローバー)はミツバチの好きな花で
   沢山植えられています。

画像


ベニシジミも、、モンキチョウモンシロチョウも。

画像

画像

画像


この時期には良く似た、ヒメジョオン と ハルジオン
   混在していることもありますので、畑のいろんな茎を切って見ました。
   茎の髄が、みんな詰まっていましたので、ヒメジョオンです。
   茎の中が空洞になっているのが、 ハルジオン です。

   他の見分け方は、花びらが糸のように細いのが→ ハルジオン
   幅があって花びらのようなのが → ヒメジョオン です。

画像


近くには、栗の花が満開で、
   モンシロチョウも、アカハネムシ も、来ていました。

画像

画像


友人は、ミツバチの点検や、採蜜で忙しそうでした。
   私も 2年前まで10年間も、庭で養蜂をしていました。
   ハチミツが採れる 一番嬉しい時期です。

画像

画像

画像


巣箱の上に置いてあるのは、燻煙器と言ってミツバチを
   煙で燻して、大人しくして作業をします。

画像




 昆虫研究所 さんのサイトです。
http://www.mushiken.com/v2/zukan/mk_kochu2/ootakozomushi/ootakozomushi.html

 1978年 日本の帰化生物 シロツメグサを食害。
http://www.hrr.mlit.go.jp/takada/gakusyu/gairaisyu/k06.pdf

 虫ナビさんのサイトです。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-zou_tako_oo.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ナルホド!これが仰っていた<ヒメジョオン と ハルジオン>の見分け方なんですね!
花はよく似ていても、茎の構造が全く違うなんて・・・自然ってホントに不思議ですね!
宮星
2016/06/09 20:52
宮星さんへ
実際に自分の手で切って見ると覚えられます
が、すぐに忘れてしまいます。ぜひ試して
見てください。
ツユヒメ
2016/06/09 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオタコゾウムシを、 ヒメジョオンの花で見つけました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる