廿日市市の自然観察(昆虫)

アクセスカウンタ

zoom RSS フタモンアシナガバチです。 2つの不思議を 初めて知りました。

<<   作成日時 : 2016/08/15 13:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/08/12 ・ 08/13  スズメバチ科 オス蜂の体長15〜16mm
我が家の駐車場の傍の花壇に植えてある、
    「ショウジョウソウ=猩々草」の花に
    40℃を超す炎天下小さなハチが無心に
    花の中に口を突っ込んで吸蜜をしていました。

    流石に暑いのか、時々近くの葉裏に隠れては
    暫く休んで、またやって来ます。

画像

画像


アシナカバチの仲間で調べたら
   お腹にある2つの黒い紋があり、フタモンアシナカバチ と分りました。   
   更に、触角の先端がカールしており、オス蜂と確認で来ました。
   顔の色模様が撮れていなかったので、明日も撮ることにしました。

  生態を調べていたら、
    同じ科の、セグロアシナガバチ とは違った、
    2つの不思議なことを、知り驚きました。   

画像

画像



2016/08/13
今日は昼前に数回行って見ましたが、来ていません、
   昨日と同じ 2時50分に行って見たら、いましたいました
   花が蜜を出す時間帯を知っての、行動なのでしょうか?

画像

画像


不思議なことの 1つ目は ・・・・巣の作り方です。

   セグロアシナガバチの巣のように、巣穴育房)が下向きではなく
   軒下や壁、雨の降りかかる草木の枝などの幹に、横向きに作ります

画像

画像


2つ目は・・・働蜂は、花の蜜の他に、幼虫が出す分泌液も食べます。
   
   働蜂は、幼虫を育てるために、花の蜜のほかに、蛾の幼虫などを
   肉団子にして与えますが、
   働蜂自身は、肉団子消化できないので食べず、
   幼虫が出す分泌液も食べるようです。
画像

画像


この日は、ハチミツを指につけて近づけて見ました。
   やはり、すぐに手に止まって舐めてくれました。
   そのまま、部屋にお招きして、PCのTV前で撮影しました。

画像

画像

画像


この日、オスのがやっと、撮れました。
   顔が黄色で、触覚の先端がカールしています。

画像


 
 ★★子供の頃には、この蜂も沢山見かけた記憶がありますが、
    軒下などに作られた巣を、スズメバチが狙うので、少なくなりました。
  
    今回は、オス吸蜜シーンだけでしたので、
    来年は、5月頃からの巣作りを見つけて、観察して見たいですね。



 「 北摂の生物 」 さん の
        フタモンアシナガバチ の観察サイトを、お借りしました。
http://www.hokusetsu-ikimono.com/iki-h/futamonashinagabachi/index.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フタモンアシナガバチのオスが数匹、女王蜂もやって来ました・・・・が。
●2016/11/11→11/12   スズメバチ科  オス蜂15〜16mm位 ●今日は気温が4℃も高く、午後には20℃を超え暖かくなりました。    庭に張っているロープ伝いに、数匹の蜂が飛び交って    いるではありませんか? ...続きを見る
廿日市市の自然観察(昆虫)
2016/11/12 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フタモンアシナガバチです。 2つの不思議を 初めて知りました。 廿日市市の自然観察(昆虫)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる