オオカマキリ  子カマキリ ついに死んでしまいました。

2013/03/28
2月23日の寒い時期に、20数匹子カマキリ
 誕生しました。
 自然では5月のGW頃に生まれ、小さなアブラムシ
 動く虫を食べて成長しますが、餌になる虫がいません。

 代用食をいろいろ試して見ましたが、10匹となり
 4匹、そして1か月目の3月23日には1匹となりました。
 この1週間は今まで食べていた、大好きだったクモの子
 食べなくなり、動きも悪く成長も止まったままです。

 残りの命を予感して、愛嬌ある姿をテレビの前で撮って
 置きました。

画像

画像
2013/03/29
今朝、見るとカランコエの葉っぱに横たわっていました。
 微かに細い脚を動かすだけです。
 餌を食べてくれれば、まだ望みもあったのですが
 どうすることも出来ません。
画像

暗くなった19時34分には、が縮まり硬直して
 しまいました。
 卵鞘から産まれてから35日目でした。
 1匹でも成長させようと思っていましたが残念です。

 みんな 良く頑張ってくれました。 ありがとう

画像

画像


5月のGW頃には、兄弟たちと会えるのが楽しみです。

昨年1225日 庭の小屋での産卵です。 

画像

画像
画像

オオカマキリのの飼育を25回投稿しています。
 右のカマキリ目 またはオオカマキリでご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい

この記事へのコメント

2013年04月02日 11:17
子カマキリの最後の1匹、ずいぶん頑張りましたね。卵嚢から出た子カマキリのうちどの位の数が生き残るのか、モデルケースとして注目していましたが、やはり成虫まで生き残るのは自然界でもやはり超ラッキーなことと推察せきました。次回の試みを楽しみにしています。
2013年04月02日 13:20
エフ・エムさん 朝から雨で寒いです。
子カマキリの寒い時期での飼育大変でした。
●飼育ケース内の温度・湿度管理。
●成長に沿った、生きた餌の確保。
●一匹ずつ隔離しての飼育。
●一匹ずつ動かしての餌やり。
自然に近い生活環境づくりが出来ず
代用食で35日もよく生きてくれました。
ミツバチの幼虫・ナガコガネグモの子が
いなければお手上げでした。
myjmgt
2013年04月05日 08:44
ツユヒメさん、お疲れ様でした。親カマキリとのお別れがついこの間のようでした。子カマキリたちも頑張りましたね^^わずかな期間でも共に過ごした生き物ですから寂しいですね^^私も空ちゃんと出会ってそろそろ一年を迎えます。さらに友情を築いていきたいと思う今日この頃です^^
2013年04月05日 21:11
myjmgtさん こんぱんは。
1年も過ぎてしまえばアッと言う間ですね。
いろんな虫を飼育しましたが、子供の頃の
エサやりが一番大変です。自然の力には
かないません。
空ちゃんは7~8年も生きるようですから
「2人3脚」で可愛がってあげてください。
日光浴・水浴び・野菜・塩土 忘れないで!!
忘れていました・・甲イカの舟か板切れ
齧るものを入れてあげると、喜びますよ。 

この記事へのトラックバック