デーニッツハエトリ のメスです。  蛾の幼虫を食べていました。

阿品の森の竹柵には、いろんながクモがやって来ます。
  メガネザルか、スローロリスのような大きな目玉です。
 でも 左の牙が 気になります。

画像

2016/05/05 ハエトリグモ科  体長 8mm位 
今日は、黄色い小さな蛾の幼虫を食べている
 デーニッツハエトリ を見つけました。

画像

8mm位で、お腹の背模様から、成体メスのようです。
 アブハエバッタの幼虫小さな蛾などを食べている
 画像は良く見かけますが、
 蛾の幼虫を食べているところは初めて見ました。

画像

画像

メジャーを近づけたり、手乗りにしていたら、
 エサの幼虫を離してしまい 悪いことをしました。

画像

画像

お腹がふっくらしており、産卵も近いのでは・・・と
 思い調べたら
  幼体成体越冬し、5~8月頃に産卵するようです。
  6~7月に孵化した幼体は 9月までに成熟し
   成体で越冬。
  8月下旬に孵化した個体は 幼体で越冬し、
   翌年7~9月に成熟。 

画像

頭胸部の前列に大小の4つの大きな目が並び、
 ろにも4つの目が配置されています。
 前後どこでも見ることが出来そうですね。   

画像

画像

画像

 名前のデーニッツは、明治時代にドイツから来日した
  医師、ウィルヘルム・デーニッツ氏から。
   日本クモ学会の 50年史にも詳しく書かれています。
   黎明期の日本のクモ学  外国人学者による研究。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2016年05月07日 07:06
ハエトリグモは動きが可愛くて大好きなんですけど、ドアップで見ると凄い顔をしているんですね、前後どこでも見えているとは素晴らしいです。
2016年05月07日 08:59
むっちゃんさん おはようございます。
ハエトリグモはみんな同じような格好をして
いますが、それぞれ特徴があります。
オスとメス、幼体から成体までに変化する種
も多く素人には同定が難しいので、色んな
角度から撮っておくようにしています。
日本には100種のハエトリグモが知られている
そうです。

★2014年の綺麗なアオオビハエトリです。
  身近で見つかるかも知れませんよ。
http://s2014no64.at.webry.info/201406/article_2.html

この記事へのトラックバック