クロオビフユナミシャク と ヒメクダマキモドキのツーショットです。

2019/12/13 ナミシャク亜科 前翅長 21mm位
阿品公園の灯りに・・。一番早いフユナミシャクだと
 思っていましたが、
 4年前には、12月06日に発見していました。
 羽化早々で、翅に擦れもなく綺麗で、
 今年は前翅長が21mm位もある、大きな個体です。

クロオビフユナミシャク 20191213(1).JPG

クロオビフユナミシャク 20191213(2).JPG

鮮やかな サンゴジュの葉、千両の赤い実
 こんなステージでヒメクダマキモドキとの
 ツーショット、思ってもいなかったのでは!

クロオビフユナミシャク 20191213(3).JPG

クロオビフユナミシャク 20191213(4).JPG

3年前の、クロオビフユナミシャク口吻を伸ばして、
 ハチミツを舐めたのは、新発見でした。
 今年は、舐めてくれませんでした。

クロオビフユナミシャク 20191213(5).JPG

クロオビフユナミシャク 20191213(6).JPG

昨日、頂いた枇杷の花です。

クロオビフユナミシャク 20191213(7).JPG


クロオビフユナミシャクの記事 4件です。 

クロオビフユナミシャク 20191213(1).PNG


★★フユシャクの仲間で 一番早い発見は
2015/11/12の クロスジフユエダシャク でした。