キモンカバナミシャク と ヒメクダマキモドキとツーショット。

タイトルを、アキカバナミシャクとしていましたが、
 正しくは、キモンカバナミシャク に訂正します。
 下記、コメント欄にて 虎ノ助様より、ご指導頂きました。

2019/12/23 ナミシャク亜科 前翅長13mm位
この種のナミシャクには、春に出現する酷似の種も多く、
 ましてや、波模様も無い擦れ擦れでは、同定が困難です

アキカバナミシャク 20191223(1).JPG

晩秋に出現するカバナミシャクの仲間で検索をして見ると
 前翅の前縁、翅頂近くの
 薄くなった、オレンジ色の風切り羽の模様
 ソックリの、アキカバナミシャクを見つけました。
 キモンカバナミシャク に訂正します。2020/01/13

アキカバナミシャク 20191223(2).JPG

早速、ヒメクダマキモドキツーショットです。
11~12月に出現、前翅長も13mm位です。

アキカバナミシャク 20191223(3).JPG

上の ツーショット写真から、トリミングして見ました。

アキカバナミシャク 20191223(4).JPG

ヒメクダマキモドキもだいぶ、足腰が悪く
 弱って来ました。あと1週間 頑張って

アキカバナミシャク 20191223(5).JPG

アキカバナミシャク 20191223(6).JPG



2018/03/09 ソトカバナミシャク 前翅長葉12mm位
 カバナミシャクの多くは3~4月に出現する種が多い。