テーマ:チョウ目

ベニシジミのメス です。 12月に撮ったの初めてです。

●2019/12/16  シジミチョウ科  前翅長15mm位●ミツバチ を飼っている友人の畑です。 この時期に、初めてベニシジミを見つけました。 3月頃から出現し、11月頃までに 3~5化し、 遅くまで頑張っていました。 晩秋に孵化した幼虫が、越冬するようです。 ●季節型の蝶で、春型は鮮やかな紅色で、 夏型は紅色が少なく黒っぽ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトシジミのオスとメス、ヒメクダマキモドキ、エサキモンキツノカメムシも

●2019/11/30・12/04●今年もやっとオスとメスが揃いました。 11月30日には、森の原っぱでメスを撮っていましたが、 その後オスがなかなか見つかりませんでしたが! ●12月4日 昼過ぎです。 11月30日のウラナミシジミと同じように、 庭の畑にひらひらとシジミチョウが、飛来していました。 慌てて飛び出して捕えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメウラナミジャノメ が 森の原っぱで日光浴を。

●2019/11/30 タテハチョウ科 前翅長18mm。 ●陽の当たっている、阿品の森の原っぱを歩いていたら、 林縁の藪からチョウが、舞い降りて来ました。 ●追っていたら、ジャノメチョウの仲間です。 この時期に、まだ活動をしているんですね。 枯れ葉に隠れるように、陽を浴びて、翅を広げています。 みんな、枯れ葉や、草の陰になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラナミシジミのオスが、畑の黄色い瓜の花で吸蜜を!

●2019/11/23・11/30    シジミチョウ科 オスの前翅長20mm位●11月23日には、今夏、畑で育った、テーブルメロンの 種が自然に発芽していたので、黄色い花が咲くまで放置 していたら、突然屋根の上から舞い降りて来た蝶を目撃。  ヤマトシジミとは違う、早い飛翔をするので、 すぐに、黄色い花に近づくと、盛んに吸蜜をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロコノマチョウとキリギリスが大接近で119種目のツーショット。

●2019/11/01 タテハチョウ科 前翅長 35mm位●ナガサキアゲハの幼虫を見つけた友人の畑です。 丈の長い雑草の合間を飛んでいたところをゲットしました。  この時期では、秋型の成虫が越冬する準備をしています。 翅裏の模様は、少し明るく撮れていますが、翅先の尖りは やや控えめでオスと思われます。 ★比較するため、2013年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガサキアゲハの幼虫飼育 → 4日目に蛹化しました。

●2019/10/20→10/24 終齢幼虫 55mm位●友人の畑の柚子の木で、蛹は何度か見つけていますが、 幼虫 2匹を見つけたのは初めてです。  見つからないように、上手く柚子の葉に擬態していました。 頭部の背に、黒い斑点がある個体と、ない個体で識別でき、 A個体よりも、B個体の方大きくメスのようです。 ●10月22日●一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハの 2匹目の蛹も、11日目に羽化しました。メスのようです。

●2019/10/13  タテハチョウ科  前翅長30mm位●10月3日の朝7時43分に、2匹目の幼虫が、 蛹になってから、10月13日の6時35分には、 羽化していました。 11日目です。   ★10月20日頃に蛹になった場合は、  寒くなるので、羽化まで14日もかかっていました。  ※2017/10/20蛹化→11/3羽化、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハが  蛹になって 11日目で 羽化しました。

●2019/10/09→10/10●まさか まだ羽化すると思っていませんでした! 11時40分に見たら、蛹の傍で羽化していました。 ●11時50分に 初めて翅を開いてくれましたが、 後翅がまだ、縮れており、開き切っていません。 ※前回の記事の中で9月29日には、2匹はまだ幼虫でした、 9月29日に蛹化したとして、11日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハの幼虫が蛹化、キリギリスとツーショット88種目です。

●2019/09/29→10/04●庭のホトトギスの葉に今年も、ルリタテハの幼虫が 2匹が見つかりました。 終齢幼虫になって来たので花瓶に挿していたら、  ●お尻を葉に付けて、つの字の形に、ぶら下がったので、 もう1匹を探していたら、すでに蛹になっていました。 ●蛹になる瞬間を見逃さないように、 2匹をPCの近く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラギンシジミのオスです。 キリギリスとのツーショットです。

●2019/09/17 シジミチョウ科 オス前翅長 25mm位●今朝10時過ぎに、庭のイチゴツリーの周りを パアッパアッァと表翅の赤い模様を見せて、 飛び回っていました。 すぐに、ウラギンのオスだぁ・・と網でゲット。   キバナコスモスをバックに キリギリスの餌、ブドウに止まらせてみました。 ●陽の当たる方へお尻を向けると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガサキアゲハのメスを 我が家の庭で捕まえました。

●2019/09/10 アゲハチョウ科 前翅長80mm位●午後3時過ぎです。隣の庭の ゆずの葉に、 ナガサキアゲハのメスが飛び回っていました。 網を持って飛び出したら、こちらの庭に来たところを 捕まえました。 昨年も、9月10日に我が家の庭でゲット。 メスは今回で3回目となりました。 ●メスの表翅基部には、赤い模様があり、 後翅に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガサキアゲハのオス。キリギリスとツーショットです。

●2019/09/09  アゲハチョウ科 前翅長 75mm位●今朝は、公園の灯りに初めて 大きなナガサキアゲハが、来ていました。 後翅の突起がなく、前翅も真っ黒です。 ●裏翅を見ると、前翅の基部に1か所、 後翅には4か所オレンジの模様があります。 また、後翅の後縁にも三日月模様があります。 ●早速、キリギリスとの 5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイミョウセセリ(関西型)が見つかりました。

●2019/08/25  セセリチョウ科 前翅 17mm位●ダイミョウセセリ関西型が、8年ぶりに、 しかも、公園の灯りに来ていました。 後翅は少し擦れていましたが、至って元気です。 ●早速 キリギリスとツーショットです。 長い触覚がセリチョウに触ると、パァッと飛び立つので 離れたところから。 ●活けている菊の花にセセリチョウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオチャバネセセリ、 フクラスズメの幼虫、 トゲアリ、 タケカレハの繭か?

●2019/06/11 ●オオチャバネセセリです。  前翅長16mm位 薄曇りでしたが、山地へ行って見ました。 栗の花で、口吻を伸ばして、盛んに吸蜜をしていました。 前翅に、白く丸い斑紋が太いので、スマホで調べて見たら オオチャバネセセリと分かりました。  ●真上から、丸い模様が 目玉のように 上手く撮れました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウラギンシジミのメスと ヒナバッタのオスとメス です。

●2019/06/13 シジミチョウ科 メスの前翅長 25mm位 ●阿品の森で、白い表翅を見せたので、追っかけ捕えまでした。 ヒペリカム・アンドロサエマムです。赤い実が綺麗です。 ●紺色のアジサイにも銀色が良く映えます。 でも 日に当てても表翅の白い模様を見せてくれません。 ●ヒナバッタが、みんな成虫になったので、 放す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウラギンシジミのオス  と キンモンガ です。

●2019/06/01●昼前の阿品の森、池の周りの陽の当たっている場所です。 パッパッとオレンジ色の翅を見せて飛び回り、のオスが、足元に止まってくれました。 ●近寄ると直ぐに飛び立ち、また舞い戻って来ます・・が 陽の当たる場所に手のひらを置くと・・・ なんと 手乗りをしてくれるではありませんか? ●口吻を伸ばして舐めまわし、…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

クロヒカゲ です。 3年ぶりに山地で捕まえて帰りました。

●2019/05/24  タテハチョウ科         ジャノメチョウ亜科 前翅長 27mm位。●西日の入る部屋でアジサイの葉に止まらせて見ました。 ジャノメの丸い大小の眼状紋が綺麗に並んでいます。 褐色の筋が眼状紋を囲むように曲がり、 クロヒカゲ と判明しました。 ●スイトピーにも止まらせて見ました。 紺色をバックに薄暗い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガサキアゲハのメスも、 柚子の花にやって来ました

●2019/05/08 アゲハチョウ科 メスの前翅長67mm位●昨日は、柚子の花をレモンの花と間違ってしまいましたが、 今日は、お腹の大きなナガサキアゲハのメスが 花に口吻を伸ばして 盛んに吸蜜をしていました。 ●薄曇りで、やや不鮮明ですが動画で撮って 切り出して見ました。  僅か12秒間でした・・・・が、 ●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマキチョウ 大きさが少し違う オス2匹 です。

●2019/04/19  シロチョウ科 前翅長 20~30mm位●今年で5回目の記事になりますが、一番遅い発見です。 表翅の先端、褄が黄色い、ツマキチョウです。 同じ個体(小)でも、後翅の迷彩模様は、左右でも違い 一匹、一匹個性があるのが 面白いですね。 ●こちらは 別個体(大)です。  下の(小)との違いがハッキリと分かりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナミアゲハがダイコンの花で吸蜜を!

● 2019/04/16  アゲハチョウ科  ●昼過ぎに、庭のダイコンの花に、ナミアゲハが!! 翅を小刻みに震わせ、飛び回って吸蜜をしていました。 ●春型は、翅全体が白っぽく、夏型は大型で黒っぽくなる 季節型のある種です。 下記の 昨年の 夏型と見比べて見てください。 ●お腹の黒い筋から、オスのように見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テングチョウが 阿品の森で飛び交っていました。

●2019/03/20   タテハチョウ科  テングチョウ亜科●公園からの帰りに阿品の森へ立ち寄ると、 今日は一気に気温が上がったので、テングチョウ数匹が 出現し日の当たる落ち葉で、翅を広げて日光浴をして いました。 止まると直ぐに翅を太陽の方へ向けるので、 近づくと影になり、直ぐに飛び立っていきます。 ●今度は、頭部の方から…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒメアカタテハ が 庭のイチゴツリーの花にやって来ました。

● 2019/01/29  タテハチョウ科 前翅長 25mm位 ●午後12時過ぎです。昼食をしながら庭を見ていたら イチゴツリーへ 越冬中の ヒメアカタテハ ・・が 暖かくなり、お腹を空かしていたのでしょう、吸蜜に 来ていました。 ●驚くことに、メジャーを近づけても逃げません。 手を出したら、すんなり手乗りをしてくれました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキシジミ、ジョロウグモと卵、オオカマキリの卵のう です。

●2019/01/13  ●今日は、昨日の雨、曇りとは、打って変わり   10時半過ぎには20℃を超えて、暖かくてなったので、 阿品の森へ行くと落ち葉の上に、ムラサキシジミが 舞い降りて来ました。  翅先が千切れていましたが、この時期には初めてです。 上手くメジャーで、鮮やかな紫色を見せてくれました。  ★前回記事、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロコノマチョウ秋型メス と チャエダシャクのオス です。

●2018/12/05  ●今朝も暖かいので、8時過ぎに阿品公園へ、 アメリカフウの落ち葉の上を歩き始めて・・・・直ぐに クロコノマチョウが、飛び出して来ました。 そぉぉっと近づいて、メジャーが置けました。 ●翅頂の後側が鋭角に尖っており メスです。  ●翅の表面は白っぽい粉を吹いたように見え、 また 黒っぽくも見えます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハの2匹の蛹が いまだに羽化しません??

● 2018/10/28・10/30●3匹が育った蛹の中で、一番遅くに蛹になった個体が 10月27日に 一番早く羽化したので、 今朝は庭で育ったホトトギスの花の前で撮って見ました。 ●8時5分には、干し柿にも止まらせて、 そのまま 放してやりました。 ●10月30日には、残り2匹の蛹を確認すると 生きていたら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テングチョウ、ホソミオツネントンボ、コバネイナゴ と もう一匹です。

● 2018/10/25 ●セスジツユムシがいた、標高330mで見つけた、  テングチョウです。 陽だまりの林道で、少し萎れかけた、白い野菊の 花から花へと、数匹が飛び交っていました。 ●翅を広げての日光浴ではなく、越冬準備の腹ごしらえを、 残り少なくなった花を、惜しむようでした。 ●テングチョウの脚は、3対で6…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハが蛹化して17日目に羽化、それが? なぜ?

●2018/10/27  タテハチョウ亜科 前翅長35mm。●庭の小屋に置いている、3匹のルリタテハの蛹が気になり、 今朝も覗いていましたが、まだです。   午後3時過ぎに見たら1匹が、羽化をしていました。 ●濃い瑠璃色の帯模様をしており、オスのようにも   思われます。 ●翅を閉じると、焦褐色をしており、枯れ葉、枯れ枝の中…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クモガタヒョウモンのメスが見つかりました。

●2018/10/18 タテハチョウ科 メスの前翅長40mm。 ●今日は朝からいい天気になったので、9時から廿日市市に ある おおの自然観察の森、430mへ行って見ました。   大きな池の土手の、日の当たる草むらに、トンボやバッタの 仲間でもいないか、探して見ましたが、たいぶ寒くなり、 見つかりませんでしたが、山小屋に近い山道脇の木の枝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハの幼虫3匹が 蛹化しました。

●2018/10/10  ●今朝は 3匹揃って 蛹になってぶら下がっていました。 昨日は 踊りまくっていた蛹は、落ち着いて踊りません でした。  左の2匹はお腹側を見せています。 下の角の横から、点線のような模様が、触覚になる部分 です。 ●左右をひっくり返して撮って見ました。 青白く光る模様が対に見えます。こちらが背で翅に なる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルリタテハの蛹が、突然 踊り出しました。

● 2018/10/09  タテハチョウ亜科 蛹の大きさ30mm。●今朝 8時頃に見たら 2匹目も蛹になっていましたが、 3匹目は まだ幼虫のままで ホトトギスの茎にいました。 11時頃に やっと蓋の金網、2匹目の蛹の近くに ぶら下がっていました。  午後4時30分過ぎに、3匹を並べて撮るために、 ホトトギスの茎にぶら下がっていた最初…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more