テーマ:ハエ目

ミツモンハチモドキバエ と やっと名前がわかりました。

●2020/04/03・04/04 デガシラバエ科 体長12mm位●阿品公園の灯りに、珍しいハエの仲間が来ていました。 頭部の触覚や、モップのような口器、翅に黒い斑紋 などから、ハエの仲間を調べても、見つからず? ●2020/04/04●朝から、名前を探し始めて昼前にやっと ミツモンハチモドキバエと言う名前を探し当てました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨコジマオオハリバエとキリギリスのツーショット139種です。

●2019/11/23 ヤドリバエ科 メス体長15mm。●児の手ガシワの葉で日光浴をしていたところを発見 カメラを近づけたらすぐに逃げ去り、諦めていたら、 同じ場所に舞い戻ったので、網でゲットしました。 7年ぶりの、黒い縞々で大型のヤドリバエの仲間です。 ●前回の記事でも書いていますが、 卵胎生で、蛾や蝶の幼虫などに寄生するよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フタスジヒラタアブとキリギリスのツーショット137種目、そしてツマグロバッタです。

●2019/11/21  ハナアブ科 メスの体長 14mm位●今朝から,久しぶりの快晴で暖かくなって来たので 友人の畑に行って見ました。 実は11月16日に、新顔のツマグロバッタを見つけ、 写真を2枚撮った後逃げられたからです。 (最後に写真添付しています。)  今日も残念ながら、姿すらも見つかりませんでしたが、 大きな、フタスジヒラタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオクロバエもキリギリスとツーショット126種目です。

●2019/11/07  クロバエ科  体長10mm強●軒下に吊り下げている、干し柿の周りに、 10mmを超える、大きな黒いハエが気になり、 捕まえ見ました。 今年の1月14日にも捕獲して写真に撮っており、 オオクロバエに間違いありません。  少し弱らせて、竹串で挟んで、キリギリスの顔の前に 近づけて見たら、 なんと 直ぐに前脚で捕ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイシアブ と チャイロオオイシアブ のオス です。

●2019/05/10 ムシヒキアブ科 体長 20mm位。●阿品の森です。 古いシイタケのホダ木で、オオイシアブのオスを 見つけました。 近づくと 飛び立ち、なかなか撮らせてくれません。 ●ほだ木のテッペンで、こちらを見ています。 鬼ごっこのように、少しづつ逃げて行きます。 ●今度は イタドリの葉です。真上からそぉぉっと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マガリケムシヒキ のメスです。

●2019/05/05  ムシヒキアブ科  体長 20mm位●網戸を開けていたら、いつの間にか部屋に入っていました。 ピンクのシランをバックに撮って拡大して見たら、 頭部後ろの毛が、前方へ90度位カーブしているのが かりました。 「 曲がり毛ムシヒキ 」と名前がついています。 ●左右の複眼は離れており、お尻の先端が尖っているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビロードツリアブ  ダイコンの花での吸蜜シーンです。

●2019/03/28  ツリアブ科  メスです。 ●阿品の森で、3年ぶりにビロードツリアブを捕獲しました。 庭のダイコンの花を花瓶に挿して 部屋に放していたら なんと頭を突っ込んで、盛んに吸蜜をしていました。 ●頭部の複眼が離れているのでメスです。 オスの複眼は接しており、一回り大きな体を   しています。 ツツジの花に止ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フタスジヒラタアブも 数日前に羽化をしていました。

●2019/03/18 ハナアブ科オスの成虫の体長 13mm位●今日も暖かくなってきました。 3月8日のフタスジヒラタアブの蛹が気になり、 探していたら なんと既に、羽化して抜け殻が転がっていました。   成虫はどこに!! 枯葉を全て取り出したら、 干乾びた状態で 死んでいました。   ケースの上から1日置きにスプレーをしていたので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フタスジヒラタアブの幼虫が ついに蛹化していました。

 ★★ 横から見たら 丸々としています。 ●2019/02/17→03/08         ハナアブ科  蛹の大きさ 10mm位●前回の記事は、1月17日で枯葉に張り付いており、 日に当たると動き回っていました。 その後、2月17日に見たら、枯れ葉に糸を吐いて いたので、いよいよ蛹になるのかな・思っていましたが …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロヒラタアブのオスとメスが 庭のイチゴツリーの花に!

●2019/01/24 ハナアブ科 体長10~12mm位●暖かくなった昼過ぎに、庭のイチゴツリーの 花の匂いに誘われて、クロヒラタアブが飛び交って いたので、2匹捕まえました。 ●陽が入った部屋に放していたら、花瓶に挿した イチゴツリーの花や、万両の実にもボバリングしたり、 止まったりするので、ハチミツをつけてやると、 いいモデル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソヒラタアブが ヒメリュウキンカの黄色い花に!

● 2019/01/23  ハナアブ科 体長 9~11mm位●今日は、昼前には、12~13℃になる予報なので 廿日市市の山地にある 「 海の見える杜美術館」の 遊歩道の花壇へ行って見ました。  咲き始めた ヒメリュウキンカの黄色い花の前で、 ホバリングしたり、花粉を食べたりしていました。 ●複眼が離れているので、ホソヒラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フタスジヒラタアブ の幼虫越冬 です。

★★前回 12月17日の記事から丁度1か月です。  餌を食べずに枯葉に隠れたままでしたので  幼虫の様子を覗いて見ました。 ●2019/01/04・01/17 ハナアブ科             前蛹の幼虫 12mm位    ●1月4日には、小さな枯葉に張り付いていました・・・が、 まだ蛹にはなっていませんでした。 ●1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フタスジヒラタアブの幼虫とクリオオアブラムシとダチュラの種です。

●2018/12/17 ハナアブ科 前蛹の幼虫 12mm位へ。●前回12月7日の記事では、15mm位  もあり、 元気に クリオオアブラムシを食べていましたが、 3日前には、葉の上に真っ黒い体液を吐いていたので 今日は 蛹になっているかなぁぁ・・・と 探して 見ましたが、念ながら、まだ幼虫でしたが、12mm位に 縮ま丸まった栗の葉に隠れ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フタスジヒラタアブの幼虫です。お尻にはY型の呼吸突起があります。

● 2018/12/05→12/06→12/07●栗の木に寄生するクリオオアブラムシがいないか、 知人の畑に行って見たら、いました、いました。  ヘリヒラタアブの幼虫も数匹いましたが、 初めて見る、お尻の先端に、Y型の呼吸突起が付いている フタスジヒラタアブの幼虫がいたので、暫く飼育して 見ようと思います。 ●11月6日、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトアブ と しましたが。

●2018/08/28●今日も阿品公園でヤマトアブと思われるのメスを 見つけましたが、 ウシアブとの違いを調べていたら、 日本産アブ科 雌成虫の分類(1)サイトが 見つかりました。   ★ウシアブ群の種とは、「額三角区が白色」であることで  区別される・・と 解説されていました。  他にも、両者の識別ポイント が詳しく解説があり。  記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトアブ?のメス と ヒメギスの 2ショット 64種目です。

●2018/08/20   アブ科  体長20mm位●久しぶりにコンビニ立ち寄ると、ヤマトアブ?の メスがいました。 今回は、翅を拡大して見ると、R4の翅脈の先には、 小さな小枝がありました。 ★ ウシアブにも「R4の先端に短い小枝」があることが 分かりました。 ヤマトアブと同定することが出来ないので?つけました。 ★ウシアブ群の種…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コウヤツリアブ が 腕や手のひらにまとわりついて汗を舐めていました。

●2018/06/25  ツリアブ科 体長12mm ・ 前翅長15mm位 ●7年前の8月に、初めて山地で、求愛飛行と交尾飛行を撮影した    同じ畑です。 払い除けてもすぐに皮膚に止まって逃げません。 ●頭部の複眼が離れているので、メスだと思われます。   ミネラル補給で汗の塩分を求めて来たようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイシアブ のオスです。 美女と野獣 ??

●2018/06/19 ムシヒキアブ科 体長20mm位●霧雨の中、阿品の森で、クリの葉を網で揺すっていたら、 偶然にも入っていました。数回記事にしていますが 連れて帰り、美女と一緒に撮って見ました。 ピンクの花は、ノコギリソウとリクニスです。 ●オレンジ色の花は、ルドベキアです。 オオイシアブ のお尻の先と同じ色合いをして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アリノスアブの仲間、新顔のハナアブを捕まえました。

●2018/05/11  ハナアブ科  アリノスアブ亜科 体長 13mm位  ●阿品の森の竹柵の近くの草むらです。    黄色いハチが、地面すれすれに飛び回っていたので    網で捕まえて帰り、部屋で撮影しました。 ● 金色の毛が密集しており、翅の下に白い平均根が見えたので、    ハエ・アブの仲間と分かりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッコウハナアブ です。 胸部背が黒い斑模様の個体は初めてです。

●2018/04/30→05/01 ハナアブ科 体長20mm位●阿品の森の竹柵に、日が当たり始める9時半頃です。 昨日も今日も、僅か 30分間に偶然に見つかりました。  過去には 胸部背がベッコウ色でしたが、 今回は黒い斑模様がありましたが、腹部の黄色い模様から ベッコウハナアブ としました。 ●木の杭のてっぺんから、竹の杭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギフダイミョウガガンボ が 2匹見つかりました。

●2018/03/20 ヒメガガンボ亜科 前翅長 24mm位●昨日から2日連続雨でしたが、昼過ぎに 一時止んだので、 阿品公園へ出かけると、ギフダイミョウガガンボ が 2匹、灯りに来ていました。 今年で 4回目です。 雄蕊が花びらのように変形した 改良園芸種のツバキです。 ●黄色い花は、ラッパ水仙 です。 ●馬酔木の花に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソヒラタアブが数匹、ヤツデの花で吸蜜をしていました。

●2017/12/18  ハナアブ科 体長 11~12mm位●朝から、陽が照ったり曇ったり、時々風もあり寒いです。 11時過ぎに阿品の森へ行って見たら、ヤツデの花が 満開だったので近寄って見たら、数匹のアブが吸蜜したり、 ホバリングして、飛び交っていました。 ●メジャーを近づけたり、葉を引き寄せて数枚撮って 帰ったら、吸蜜していた…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

セスジハリバエのメスです。 5年ぶりに発見・・でも カマキリの餌に・・。

●2017/11/13 ヤドリバエ科 体長18mm位  ●阿品の森の、ヨモギやスミレなどが生えている草むらです。 一回り大きなハエが止まったところを発見。 ヤドリバエと直ぐに分かりましたので 一瞬で捕獲し部屋で撮影しました。 ●濃いオレンジ色のお腹に、縦に黒い条があったので セスジハリバエと分かりました。 蛾やチョウの幼虫に寄生す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズキナガハナアブのメスが 我が家の庭で見つかりました。

●2017/09/22-09/23   ハナアブ科  体長 17mm位●どこから見ても スズメバチのようですね。   初回は阿品の森でメスを、2回目も阿品の森でオスを 今回は、庭のランタナを剪定して、ごみ袋に入れて 置いていたら、 袋の上に止まっていたのを捕まえました。 ●庭で育った ニチニチソウの花に止まらせて撮りましたが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サツマモンナガレアブ です。 青い目が とても愛嬌があります。

●2017/06/29 1973年にナガレアブ科に 体長12mm位 ●阿品の森のアジサイの葉で見つけました。 綺麗な アシナガバエの仲間かと思っていましたが、 サツマ モン ナガレアブと分かりました。 ●丸い複眼に脚が長く、翅には黒い帯模様があり、 お尻の先端に白い2本の 条があります。 ●体長は12mm位で、まさか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベッコウガガンボの交尾を 発見しました。

●2017/05/15 ガガンボ科     クシヒゲガガンボ亜科 体長 13~17mm位●知人の池で若鯉を撮っていた時です。 足元でガサガサと横切り、草の葉裏に止まった 交尾している ガガンボが目に留まりました。 ●ガガンボとは知っていましたが、 名前が思い出せない時は、いつものように 検索の枠の中に   ツユヒメ ガガンボ科…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッコウハナアブです。 櫛髭状の触覚が! 新発見です。

●2017/05/08  ハナアブ科  体長 20mm位●5年ぶりに胸部背がベッコウ色の、ベッコウハナアブを 捕まえました。 ●薄紫色のツツジの前で撮っていたら、 鼻から口先までが、意外に太くて長いことが分かりまた。 ●いつものように、手乗りや、ガラスに止まらせていたら、 触角が櫛髭状であることが分かりました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オオイシアブのオスです。 今回も手乗りに成功です。

●2017/05/07  イシアブ亜科 体長 20mm位●11時過ぎの阿品の森です。 陽の当たるブルーシートに止まって、 小さな虫を咥えている オオイシアブ のオスを 見つけました。 ●近づき過ぎて、逃げられましたが、 今度は近くの丸太の先端にとまって、複眼を上に下に、 右に左にキョロキョロと獲物を狙っていました。  発見しやす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オオハナアブのオスが、 真冬に日光浴を!! 

●2017/01/28   ハナアブ科  体長 15mm位●オオハナアブは、何回か記事にしており、 単独で越冬することは知っていましたが、真冬に  庭で見つけたのは初めてです。 縞縞の複眼が綺麗ですね。 ●朝から快晴で、暖かくなった、13時過ぎです。 庭のイチゴツリーの花で日光浴をしていました。 そぉぉっとメジャーを近づけると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトアブのオス それとも  ウシアブのオス ?

●2016/08/08 ・ 08/09 アブ科  オスの体長 20mm位●昨年は同じ8月8日に、ヤマトアブのメスを見つけ 記事にしています。 部屋でフラッシュ撮影をしていたら、複眼が接しており、 ヤマトアブのオスだと思っていましたが・・・・。 ●下記のサイトで、ヤマトアブを調べていたら、 触覚の先端だけが黒く尖っているのは、ウ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more